レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプール

最終更新日: 2024 年 7 月 7 日

「レクー沖縄北谷スパ&リゾートに泊まってみたいけれど、絶対に失敗したくない!」

「朝食バイキングの評判がいいみたいだけど、みんなの口コミが気になる」

「沖縄といえばプールも楽しみだけど、満足できるかな?」

レクー沖縄北谷スパ&リゾートに泊まりたいけど詳しい情報が無くて、具体的に宿泊するイメージができないですよね。

そんなレクー沖縄北谷スパ&リゾートに泊まって100%満喫したいアナタのために、旅ソムライターがレクー沖縄北谷スパ&リゾートを大解剖しちゃいます♪

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプール
画像出典:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

 

実際にレクー沖縄北谷スパ&リゾートは、メニュー豊富な朝食バイキングが高評価なホテルです。

沖縄料理も楽しめるとの口コミや、朝食の満足度を宿泊記として残しているブログも多く見られました。

朝食重視の人には大変嬉しいホテルと言えます。

プールは、まるで海へとつながっているようなインフィニティプールが人気!

沖縄でいちばん夕日がきれいに見られる、自慢のプールです。

子供プールや水中ベッド、ジャグジーなどもあり、家族みんなで一日楽しめます。

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、赤ちゃんや小さな子供がいる家族も安心して選べるホテルです!

朝食やプールはもちろん、客室、沖縄では珍しい天然温泉「北谷温泉」についても、実際に利用した人の口コミやブログをまじえて紹介します。

 

 

目次

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食・レストランの口コミ・料金まとめ|ルームサービスのメニューは残念!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食会場

 

「朝食が美味しいってきいてるけど、どんなメニューなの?」

「ホテルにカフェはあるのかな?」

「夜開いてるレストランがないみたいだけど、周辺でランチやデイナーはできるのかな?」

 

食事は旅行の楽しみのひとつですよね!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートを運営するベッセルホテルズは、特に朝食に力をいれている会社です。

そのなかでも群を抜いて評価が高いのが、レクー沖縄北谷スパ&リゾート!

朝食が美味しい!メニューが豊富!との口コミがたくさんみられます。

ホテル内には夜オープンしている食事メインのレストランがなく、夕食の提供はありません。

ランチや夕食はどうしたらいいの?

そんな疑問にもお応えしていきますね!

 

レストラン一覧と口コミ・料金|朝食・ランチ・夕食別

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのレストランは、2Fにある「朝食会場」のみ!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、『みんなで楽しく作って食べる朝ごはん』をコンセプトに朝食に力を入れています。

メニューの豊富さと美味しさは、数あるホテルの口コミのなかでもずば抜けて高評価のレストランです!

 

8Fには、プールに併設された「カフェ&バー」があり、ドリンクや簡単な食事も楽しめます。

夕食を摂るためのレストランはホテルにはありません。

隣接しているアメリカンビレッジには、たくさんのレストランが並び、食事に困ることはないので安心してください。

アメリカンビレッジに関しても紹介していきますね!

 

  • 朝食会場 メイン棟2F/7:00~10:30(朝食のみ)
  • カフェ&バー メイン棟8F/16:00~24:00(ラストオーダー23:30)

 

朝食会場

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食会場

 

種類の豊富さと美味しさに、自分で作れる体験型メニューの楽しさが加わって、口コミで高評価のレストランです。

パン、サラダ、デザートなど種類が豊富で、料理は和洋中のほか、沖縄料理もたくさん並びます。

 

■朝食メニューの一部
アグー豚のバーガー
沖縄そば
マグロ丼
刺身
ゴーヤチャンプルー
ゆし豆腐
ラフテー
ジューシー
中華がゆ
肉まん
小籠包
油条
パン
サラダ
スクランブルエッグ
沖縄黒毛和牛とアグー豚のハンバーグ
サーターアンダギー
ソフトクリーム
塩プリン※メニューは一部です。日によって変わります。

 

イチオシはアグー豚のバーガー!

自分で具材をバーガーに挟んで作る楽しさもあります。

好きなお刺身を使ったネギトロ丼・海鮮丼や、沖縄そばなども自分で作って食べることができますよ。

沖縄の食文化をしっかり体験できるメニューが揃っているところも、通常のホテルブッフェと違う大きな特徴と喜ばれています。

なんと、朝から泡盛が飲めますよ!

 

226席ある「朝食会場」はまるで大きなキッチンのよう。

みんなで楽しく作って食べる朝食は、一日の始まりをワクワクさせてくれますね!

レストランだけの利用も可、宿泊者もオプションで付け加えることができますよ!

 

■朝食料金■
宿泊者 2,200円/6~12歳 1,100円/5歳以下無料
外来料金 2,700円/4~12歳 1,400円/3歳以下無料※朝食付き宿泊プランの人は追加料金はありません。

 

朝食会場を利用した口コミ評価
  • メニューが豊富
  • 特に沖縄料理のバラエティが豊富
  • どれもこれも美味しい
  • 日によって若干メニューが違うので飽きない
  • スタッフの対応が好印象
  • 好きな盛り付けで海鮮が食べられる

 

このように、レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食に関して「メニューが豊富」「味が美味しい」「飽きがこない」といったコメントが目立ちます!
特に、沖縄料理に対する評価の高さは見逃せません。
グーグルマップに、実際に以下のような口コミが並んでいるので紹介します。

★★★★★

朝食のバイキングも、種類が多くて、スタッフの方々の清掃も行き届いており、とても快適に食事することができました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

朝食ビュッフェを頂きましたが満足でした!日によって少しずつメニューが違ってもいたので2日とも行きましたが良かったです。私的に刺身が好きなのでその食べ放題は嬉しかった

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

特に、お風呂と朝食が抜群で、また沖縄に来たらぜひぜひ泊まりたいホテルです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

食バイキング朝から泡盛!頂きました🎶
沖縄らしいお食事メニューでフルーツもデザートもドリンクも豊富で美味しかった♡

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

宿泊客では無いですが、ここの朝食がお勧めです。
じゃらんから予約。1階のロビーで決済してから2階まで案内してくださる。
海鮮丼が自分でトッピング、イカ、海老、ねぎとろ、明太子、オクラ、海ぶどう、刻み海苔、わさびを添えて出来上がり。これだけでも充分満足できる。
ミネラル不足だから、沖縄蕎麦にアサイをたっぷり乗せていただく。
2色粥、ゆし豆腐、ゴーヤーチャンプルーと食後トロピカルフルーツも満載。
最後はスタッフさんが揚げたてのサーターアンダギーを配る。
一遍に沖縄グルメを満喫できた感じがいいですね。何回来ても飽きることはありません。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

こちらの朝食はとても美味しくて、はじめて沖縄料理が美味しい!と感じました。パイナップルの皮の佃煮や薄味で出汁が効いたチャンプルーなどどれを食べても美味しくて、朝からテンションあがりました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

朝食会場も広く、提供時間の長さもあってかこちらも混雑なく快適。
沖縄そばのラフテー、ソーキ、蕎麦汁がとても美味でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

朝食が、今まで行ったどのホテルよりずば抜けてよかったです。
海ぶどうやマグロのお刺身等、海の幸も新鮮で和洋どれをとっても最高でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★☆☆

朝食付きプランだったのですが、少し遅めに行ったのもあるのか、無くなっているメニューもありました。
頼んだら持ってきて貰えたのですが、少し時間のロスになりました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

最も良かったのは朝食ビュッフェ。ほとんどの沖縄料理を美味しくいただけます。食べ過ぎました。

—— GoogleMapの口コミ

 

朝食に関しては、悪いコメントをみつけることができないほど高評価でした。
外国人観光客や日帰りで訪れた人のコメントも含め、総じて高評価。
レクー沖縄北谷スパ&リゾートに行った際には、朝食付きプランが必須ですね!

 

「朝食会場」は混雑時、オープン30分前から列ができているとのコメントもみられました。
料理の最終提供は10時、計画的に行きましょう。
「朝食会場」は、15:00~20:00の間コワーキングスペースとして利用できます。
3時間500円、3時間以上1,000円/ドリンクバーあり、Wi-Fi完備

 

カフェ&バー

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのカフェ&バー

 

朝食会場とは別に、メイン棟の最上階8Fには「カフェ&バー」があります。

沖縄でいちばんきれいな夕日が見られると話題のプールに併設されています。

プールで遊んで、水着でそのまま入店できるから便利!

プールには水中バーがあり、「カフェ&バー」で注文したドリンクをプールで楽しむことができますよ!

泡盛を使ったカクテルや、自分でシェイクできるカクテルが人気。

ノンアルコールやソフトドリンクもあるので、お酒が苦手な人も楽しめますよ。

夕日に照らされて徐々色を変えていく街並みを眺めながら、贅沢な一杯で一日の終わりを迎えてみては?

サンドイッチ、プレートメニュー、ケーキなども並びます。

気になる人は公式サイトのメニューをチェックしてみてくださいね。

遅いランチや軽めの夕食で済ませたい人はおすすめです!

※2022年7月~当面の間16:00~24:00(ラストオーダー23:30)営業となっているので、時間にご注意ください。

 

カフェ&バーを利用した口コミ評価
  • 景色がきれい
  • リゾート気分が味わえる
  • 夜お酒を飲みながら優雅に過ごせる
  • プールを利用しなくても景色を楽しめる
  • スタッフの対応が良い

 

このように、レクー沖縄北谷スパ&リゾートの「カフェ&バー」に対しては「景色がきれい」「リゾート気分が味わえる」といったコメントが多くみられました。
特に、なかでも夜にバーとして利用された人のコメントが多く、夜景への評価の高さは圧倒的でした。
グーグルマップに、実際に以下のような口コミが並んでいるので紹介します。 

★★★★★

ホテルのバーは非常に雰囲気が良く、夏のプール利用の出来る時期にまた来たいと思いました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

プールバーからの夕陽最高過ぎる( *´艸`)

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

そしてなんと言っても屋上のプール!景色が最高です。軽食やドリンクもあり長い時間でも楽しめます。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

湯上がりにカフェバーを利用しました。那覇では強風のためインフィニティプールエリアに立ち入ることができず残念だったので、こちらで入らせてもらえてよかったです。お昼間も夜も素晴らしい眺めでした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

土曜日に宿泊したので8階のbarから花火もきれいに見えました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

屋上のバーは眺めが良くリゾート気分を味わえます

—— GoogleMapの口コミ

 

朝食やプールへのコメントに比べると、口コミ数こそ少なめですが、「カフェ&バー」に対するマイナスの口コミはひとつも見られませんでした。

時期と曜日によっては「花火が見られる」といった口コミもあったので、見たい人は開催について事前に調べてみてくださいね。

「お部屋からは海が見えないけど、バーから絶景が見えた」という口コミも見られたので、オーシャンビューを楽しみたい人もぜひ利用したい「カフェ&バー」ですね!

 

ルームサービスのメニューとおすすめ度は不明!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの公式サイトには、ルームサービスに関する記載が見られません。

小さなお子さんがいたり、疲れて部屋から出たくない時など、ルームサービスがあったらいいな…と思うかもしれませんね。

ルームサービスについて調べてみました。

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの主なレストランは、「朝食会場」「カフェ&バー」しかありません。

ルームサービスを依頼することはできるのか、ホテルに問い合わせたところ、「朝食会場」ではルームサービスは行っていないそうで、朝食時間帯にルームサービスを受けることはできません。

夕食時間帯にルームサービスを利用したい場合は、「カフェ&バー」で取り扱いがあるそうです。

「カフェ&バー」のメニューは、主にドリンク類とアペタイザー、プレートメニューになります。

気になる人は、公式サイトのメニューをチェックしてみてくださいね!

営業時間が限られているので、希望する人はその都度ホテルで確認すると良いでしょう。

 

ランチや夕食は、隣接しているアメリカンビレッジ内に様々な飲食店が揃っているので、外に出て食事を楽しむのがおすすめです!

 

ちなみに、中頭郡北谷町周辺でルームサービスがあるホテルを紹介しておきますね♪

【関連記事】
ヒルトン沖縄北谷リゾートの大浴場にガッカリ!アフタヌーンティーがヤバい!

 

ランチや夕食にはアメリカンビレッジがおすすめ!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートで食事ができる所は「朝食会場」「カフェ&バー」のみです。

「カフェ&バー」には、沖縄メニューを楽しめるプレートメニューやアペタイザーなどがありますが、それだけでは夕食に足りない、と心配されている人には隣接のアメリカンビレッジがおすすめです!

アメリカンビレッジには、たくさんのグルメが揃っているので、ちょっとしたランチやがっつり夕食を食べたい!など様々な要望に応えられること間違いなし!

いくつかのお店をピックアップして紹介しますね。

 

デッカーズキッチン(Decker’s kitchen)

地元グルメの選手権❝C1グランプリ❞で優勝した「ビーフシチューオムライス」や「チキンクリームオムライス」が人気!

アルコールも揃っているので、ランチにも夕食にもおすすめできる洋食レストランです。

 

ジェッタバーガーマーケット(JETTA BURGER MARKET)

アメリカンなムードが漂う、沖縄生まれのハンバーガーショップ。

100%ビーフの自家製パティが自慢のバーガー類の他に、タコスやベーグルサンドもあります。

軽めのものからボリューミーなものまであり、ランチはもちろん、夕食として訪れる人も多いようです。

 

タコスカフェ タコロコ(TACOS CAFE Taco Loco)

本場から取り寄せた材料で作る、カジュアルメキシコ料理店。

沖縄で本格的なタコスが食べられるお店として人気があり、行くたびにリピートするという口コミも!

どちらかというとランチ、もしくは軽めの夕食に向いているようです。

 

この他にも、アメリカンビレッジには和・洋・中、甘味、カフェ、様々なグルメが揃っています。

きっとお気に入りのランチ、夕食が見つかるはず。

アメリカンビレッジについて詳しくはこちらをチェック!

 

ビュッフェのメニューまとめ|服装に決まりはない

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食会場

 

服装には特記がないので、規定はなさそうですね。

どちらのもカジュアルなスタイルで入店でき、リラックスして食事を楽しめます。

8Fプールに併設されている「カフェ&バー」は、水着でもOKですよ!

 

朝食においては、種類の豊富さがとにかく高評価!

季節のメニューや沖縄ならではのご当地グルメなど並び、とれも美味しい!との声が多くみられます。

自分で作る体験メニューが多いのも、食事を楽しめる人気要素になっているようですね!

混雑時はオープン前から並ぶようなので、特に子連れの場合などは早めの行動がおすすめです。

▶ビュッフェメニューの詳細はコチラから

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプールのブログは読み応えあり!実際に泊まった方の口コミ評判レビューもご紹介!

「プールから絶景が見られるそうだけど、実際行った人はどんな感想なんだろう?」

「子連れだけど、プールは楽しめるかな?」

「実際に泊まったことのある人の宿泊記を参考にしたい」

 

プールについて、事前に知っておきたいことがいろいろありますよね。

特に小さな子供がいると心配ごとも増えますね。

子連れ家族で宿泊した人ほど満足のコメントが多く寄せられているので、安心して楽しめそうですよ!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプールについて、さまざまな宿泊記のブログや口コミがあったので紹介していきます。

 

プールや子連れなどの宿泊記ブログまとめ

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプールは、大人も子供も楽しめる宿泊者限定の有料プールです。

プールについて、さまざまな宿泊記のブログがありました。

特に子連れで宿泊した人の滞在記が多く、家族旅行におすすめのホテルであることがわかります。

ブログ全部に、「プール最高!」と満足度の高い内容が目立つのも特徴です。

宿泊体験と合わせて書いている4本のブログを紹介しますね!

 

小学生のお子さんを連れての子連れ宿泊について書かれた旅行記ブログです。

写真がたくさん掲載されているので、イメージがつきやすいかもしれませんね。

プールは有料でも入るべし!とイチオシしています。

ウェルカムドリンク(アイス)についても書かれていますよ。

 

小学生未満の子連れ宿泊記ブログです。

プール体験だけをピックアップしたブログ記事があります。

プールの記事とは別に、レクー沖縄北谷スパ&リゾートの朝食や宿泊、アメリカンビレッジについての宿泊記もそれぞれにあり、子連れ旅行の参考になりそうです。

写真もたくさん掲載されていて、楽しい雰囲気が伝わってくるブログになっていますよ!

 

1歳未満の赤ちゃん連れ宿泊記です。

子連れ目線で参考になることが多く書かれているブログになっています。

チェックインのハプニングについてや、ウェルカムドリンク、エレベーターセキュリティについても細かく丁寧に書かれています。

インフィニティプールの感動が伝わってくるので、ぜひご覧ください!

 

沖縄で暮らす女性の宿泊記です。

プールや北谷温泉、ホテルの朝食、隣接のアメリカンビレッジについても書かれています。

大人のカップルや女友達との旅行で、プールも食事も満喫したい人は参考になるブログです!

 

このように、どのブログでもプールは総評して高評価です。

最初は有料に驚いたという声もみられますが、結果として大満足という意見が多いですね!

子連れで気兼ねなく楽しめるのも、高評価のポイントかもしれませんね。

この他にもたくさんの宿泊記があり、マイナス点で一致しているのは、プールの水温が常温という声が挙げられます。

外気温によっては寒く感じられることもありそうです、ご注意ください。

 

実際に泊まった方の口コミ評判レビュー

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのエレベーターホール

 

  • ホテルが新しくて清潔
  • 景色がきれい
  • 朝食が美味しい
  • スタッフが親切
  • 温泉の大浴場がゆっくりできて良い
  • アメリカンビレッジが近くて便利
  • 駐車場がわかりにくい

 

このように、レクー沖縄北谷スパ&リゾートに泊まったことのある人の口コミには、「朝食が美味しい」「景色がきれい」「アメリカンビレッジが近くて便利」といった良い評価がたくさんあります!

ここから、当サイト「旅ソム」が独自に集めた実際の口コミ評価レビューを4つ紹介しています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートに泊まったことのある人のリアルな口コミを見て、宿泊予約の参考にしましょう!

 

評価: 
星5つの顔

ビジネスでの出張の為単身での宿泊でした。
宿泊した部屋はスーペリアルームです。
良かった点は、新しく出来たホテルなので、とにかく綺麗で清潔でとても快適です。
沖縄の新しいタイプのリゾートホテルと言う感じで、ギラギラせずシンプルかつモダンな設計となっています。
アメリカンヴィレッジの直ぐ近くに立地しているため、買い物も観光もとても便利です。
夜になるとアメリカンヴィレッジの夜景を楽しむ事も出来ます。
食事も沖縄ならではの郷土料理もあれば、その他のメニューも豊富に用意されていて、楽しい食事の時間を過ごす事が出来ます。
ホテル内にはプールと温泉があり、どちらもゆったりと優雅な時間を過ごす事が出来ます。
小さいお子様などがや年配の方がいらっしゃるご家族にも最適だと思います。
ホテルの職員の方も感じは良いですが、少々元気がなく、反応が遅く若干ストレスを感じることがあります・・・
ダメな点は、ホテルの駐車場が遠いし立体駐車場と言う事です。荷物が多かったりフライトまでの時間があまりない時などはチェックアウトの時間を注意されることをおすすめします。
沖縄中部及び北部の、ビジネスでも観光でも利用できるおすすめのホテルです。

[2020年3月]

評価: 
星5つの顔

彼氏と沖縄旅行の際に宿泊をしました。ツインルームで、大きめのお風呂がついている部屋でしたが、かなり広く快適に過ごすことができました。
部屋は南国風の家具や装飾がされていてとても雰囲気が良かったです。
また、お部屋自体もとても綺麗にされていました。
部屋のお風呂は二人で入るにも十分な広さで良かったです。ただ、少し浅いお風呂だったので肩まで浸かることはできませんでした。その点が少し残念なポイントだったかなと思います。
アメリカ村が近いこともあり、すぐに買い物やご飯に行ける点や、アクセスが良いという点も素敵だと思いました。ホテル周辺は夜も綺麗で楽しめましたし、ホテルのご飯もおしゃれなパンケーキやオムレツが食べられるなどかなり充実していました。

[2021年12月]

評価: 
星4つの顔

家族が京都から沖縄に旅行に来るということで6名で2部屋とって泊まりました。
ウェルカムアイスがロビーにあり、暑かったのでとても嬉しかったです。
お部屋は普通の3人部屋に泊まりました。北谷の街並みが窓から見下ろせてとても良かったです。
大浴場もコロナ期間中で人が少なくゆっくりと楽しめました。
また、車でホテルまで行きましたが駐車場への入り口が分かりずらく30分ほどかかってしまいました。
レンタカーを借りて旅行する人も多いので駐車場の案内看板をもう少しわかりやすくしてくれたらいいのになと思います。
朝食付きのプランにしたのですが、ご飯も沖縄特産のマグロのお刺身やもずくなどがあり県外に住んでる家族からとても喜ばれました。

[2020年7月]

評価: 
星5つの顔

このホテルは、見た目も綺麗で絶景がとてもよくてこのホテルを選びました。野外プールもあって、眺めのいい景色を楽しみながら泳ぐことが出来てとてもいい思い出になりました。部屋の空間もとてもよく、泊まっていてとても楽しく、過ごしやすい空間で良かったです。スタッフさんもとても優しく、道を聞くと優しく教えてくれて、ここに泊まって良かったと思います。レストランのご飯も美味しくて、何もかも完璧だったのでまた機会があったら泊まりたいです。近場にアメリカンビレッジもあるので、移動しやすいし、ご飯も近場にあるのでいい思い出になるし、過ごしやすい場所にあるのでこのホテルはとてもオススメです。ファミリー向けでもあったので、ファミリーの方でも泊まりやすいと思います。

[2022年2月]

※一部、口コミを集めた年月になります。
※当サイトが独自に集めた口コミです。
※コピーをする場合は、引用リンクをお願いします。

 

星の評価が4~5個ばかりなので、レクー沖縄北谷スパ&リゾートに満足した人ばかりのようですね!

一部では「駐車場がわかりにくい」とのコメントもありました。

公式サイトにも「ホテルの周りは一方通行が多くわかりづらい」と記載があります。

車を利用する場合は、公式サイトのアクセスを事前にチェックしておきましょう。

 

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプール利用は宿泊者がお得!サウナや大浴場・ビーチでアクティビティを満喫!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのガーデン

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、まるで海へとつながっているような自慢のインフィニティプールがあります。

ビーチへ足を運ばない人も、プールからの絶景に大満足すること間違いないでしょう!

その他にも、沖縄では珍しい天然温泉「北谷温泉」の大浴場やサウナがあります。

ビーチや大型ショッピング施設への近く、さまざまな楽しみ方ができそうです。

ホテルでマリンアクティビティの予約は行っていないので、あらかじめ自分で計画して行くことをおすすめします。

 

プール

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプール

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのプールは、ホテルメイン棟の最上階8Fにあります。

沖縄でいちばんきれいな夕日が見えると言われていて、宿泊者からも高評価を得ているプールです。

人気のインフィニティプールは、ビーチで過ごすよりも海と一体感を得られるプールになっています。

 

日中は子連れで楽しめ、夕方以降はきれいな景色を堪能できると口コミも多数!

宿泊記のブログにも必ずといって良いほどプールの感動が書かれています。

有料プールという点に口コミ評価の分かれるところですが、大半が「迷った結果、有料でも利用してよかった」と高評価しています。

 

  • インフィニティプール / 空と海とつながっているような開放感を体験できます
  • 展望ジャグジー / 少し高いところにあり、より開放的な展望が望めます
  • 水中ベッド / ゆっくり横になって景色を堪能できます
  • 水中バー / バーカウンターのように「カフェ&バー」で注文したドリンクが楽しめます
  • 子供用プール / 子供が安心して楽しめる浅いプールです
  • 岩風呂(北谷温泉) / プール内にある水着で入る温泉です

 

チェックアウトの日も8時から10時まで、以下の料金で利用できます。

宿泊当日:大人2,000円、子供6〜12歳 1,000円、5歳以下無料
チェックアウト日:大人1,500円、子供6~12歳 700円、5歳以下無料


※プール(3月下旬〜6月下旬まで)は、レクー沖縄北谷スパ&リゾート宿泊不要の日帰り利用も可能です。

料金:大人2,200円 / 小人(6~12歳)1,200円 / 5歳以下無料
※ご予約不要

 

天然温泉「北谷温泉」の大浴場

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの大浴場

 

「北谷温泉」は地下1400mから汲み上げた天然温泉、宿泊者は無料で利用できるサウナ付き大浴場があります。

沖縄で天然温泉があるホテルは多くなく、さらに大浴場で体を伸ばしてゆっくり入れるとなると、疲れを癒したい人やシニア層も嬉しいですね!

大浴場にタオルが用意されている点、備え付けドライヤーがダイソンという点も人気ポイントです。

 

北谷温泉/単純温泉(低張性、弱アルカリ性温泉)

大浴場
90℃ドライサウナ(男性)/45℃ミストサウナ(女性)
水風呂

 

大浴場はメイン棟8Fにあります。

サウナは、男性用がドライサウナ、女性用はミストサウナになっています。

男性用ドライサウナのほうはしっかり高めで、水風呂の冷たさが際立つようです。

女性用ミストサウナは、公式サイトでは45℃とされていますが、低く感じるコメントが見られました。

 

また、サウナ内にBGMが流れていて心地よく整う!と好評の口コミもありました。

プレミア棟に宿泊している場合は、一度棟を出て外を歩くことになります。

館内着で行き来しても違和感ないとの口コミも見られますが、気になる人はご注意くださいね。

また、「混雑時は賑やかで気になる」というコメントもみられました。

騒がしさが心配な人は、プレミア棟に宿泊する手もありますね。

プレミア棟は、全室に大浴場と同じ「北谷温泉」を引き入れていて、お部屋で温泉を味わえます。

 

リラクゼーションスパ「celeste spa(セレステスパ)」で至福のマッサージ

プールや大浴場と同じメイン棟8Fには、2023年3月から新しい店舗になってオープンしたリラクゼーションサロン「celeste spa(セレステスパ)」があります。

イタリア語で、天空・青空を意味する言葉だそうです。

 

メニューはフェイシャルエステ、ボディエステ、その両方盛り込んだコースメニューも揃っています。

宿泊者にはお得な早期予約なる特典がありますよ。

ミネラル豊富な海水の成分が配合されたフィトメール製品を使用し、至福のリラクゼーションを提供しています。

詳細はこちら

 

フィットネスルーム

プレミア棟6Fには、宿泊客が無料で利用できるフィットネスルームがあります。

9:00~20:00の間、自由に利用できます。

シューズ(24.5~28サイズ)の無料レンタルがあり、フィットネスルームにはタオルが用意されています。

ジム内の冷蔵庫にミネラルウォーターの用意があるのは嬉しいサービスですね!

運動しやすい服装はご自身で準備していきましょう。

 

マリンアクティビティについて

レクー沖縄北谷スパ&リゾートには、宿泊者専用ビーチはありませんが、近くにビーチがあるので心配いりません。

海で遊ぶなら、ホテルから徒歩5分のサンセットビーチが近くて便利です!

サンセットビーチは、その名の通り夕日が沈むサンセットタイムがとてもきれいと好評のビーチです。

海水浴はもちろん、BBQが楽しめる施設もありますよ。

BBQの受付はサンセットビーチのビーチハウスで行っています。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートでマリンアクティビティの予約は行っていません。

ホテル周辺の海でマリンアクティビィを予定している人は、自身で探して予約しておくことをおすすめします。

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの部屋のおすすめは「メイン棟:ジュニアスイート」!アメニティは充実!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのアメニティ

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは8階建て、メイン棟とプレミア棟のふたつの宿泊棟があります。

客室に用意されているアメニティが豊富!と高評価の口コミも多くみられます。

なかでも、子供用の貸し出しアメニティの充実度合いに満足度が高く、子連れ家族におすすめのホテルと言えます。

子供向けのアメニティ充実は、レクー沖縄北谷スパ&リゾートを運営するベッセルホテルズ系列全体の取り組みだそうです。

それぞれ紹介していきますね!

 

客室タイプ一覧|部屋のおすすめは「メイン棟:ジュニアスイート」!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの客室ソファ

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの洗面台

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは8階建て、全客室バルコニー付き、229室9タイプの客室があります。

メイン棟は、客室のほかにフロント、レストラン、プールなどが揃っていて便利。

全室に北谷温泉を引き込んだプレミア棟は、客室メインで6Fにフィットネスルームが併設されています。

プレミア棟は、全室にドラム洗濯機が設置されている点も重宝されています。

 

■メイン棟■

  • 「スタンダードツイン」 2~7F 最大2名
  • 「ガーデンツイン」 2F 最大2名
  • 「スーペリアルーム」 2~7F 最大4名
  • 「オーシャンビュールーム」 6・7F 最大4名
  • 「スーペリアガーデン」 2F 最大4名
  • 「デラックスルーム」 3~7F 最大4名
  • 「プレミアコーナー」 3~7F 最大4名
  • 「ジュニアスイート」 6~7F 最大5名
  • 「オーシャンビューダブル」 6~7F 最大2名

■プレミア棟■

  • 「ダイヤモンドスイート」 537 7F(最上階) 最大9名
  • 「ゴールドスイート」 173 6F 最大5名
  • 「デラックスプレミムアルーム」 3~5F 最大4名
  • 「プレミアムルーム」 3~5F 最大3名
  • 「モデレートルーム」 4~5F 最大3名
  • 「プレミアムルームイージーアクセス(バリアフリー)」 5F 最大3名

※最大人数はデイベッド・ソファベッドを利用した場合の人数です。

※18歳以下の添い寝の宿泊者は人数には含まれていません。

 

プレミア棟の特徴は、なんといっても北谷温泉の湯を各部屋に引いている点です!

プレミア棟にある「ダイヤモンドスイート」と「ゴールドスイート」は、独立した湯舟とプライベートプールも完備!

お風呂もプールも、周りを気にせず自分たちだけの時間を満喫したい人には断然おすすめです。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの最上級ルーム「プレミア棟:ダイヤモンドスイート」は、北谷の街を見渡せる夜景がきれいです。

大人数なら、5名以上宿泊できる「プレミア棟:ダイヤモンドスイート」「プレミア棟:ゴールドスイート」「メイン棟:ジュニアスイート」がおすすめです。

 

私のいちばんのおすすめは「メイン棟:ジュニアスイート」です。

家族でステイできる広めの客室、そのうえフロントや朝食会場への移動が少なくて済のもおすすめな点です。

小さな子供がいる家族や、移動に手間をかけたくない人におすすめできます。

メイン棟にあるオーシャンビュールームは、公式サイトの注意書きに『一部海が見える』と記載されています。

見渡す限りの海をイメージしたステイを目的とすると、満足度は得難いかもしれませんね。

 

メイン棟:スタンダードツイン

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのスタンダードツイン

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのスタンダードツイン

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのトイレ

 

リーズナブルで標準的な「スタンダードツインルーム」は、カップルや大人ふたりの宿泊におすすめです。

バスルームはユニットタイプですが、同じメイン棟にある大浴場の利用を考えるとお部屋のお風呂はユニットバスでもさほど気になりません。

外で存分に遊びお部屋の滞在が少なめの、シンプルなステイに向いています。

 

メイン棟:ジュニアスイート

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのジュニアスイート
画像出典:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

 

「ジュニアスイート」は、メイン棟でいちばん広いお部屋です。

トイレとバスルームはそれぞれ独立していて、長期滞在にもおすすめできます。

シャワーとバスタブもそれぞれ分かれていて洗い場がしっかり確保されている点も嬉しいですね!

バスタブはゆとりある大きさで、ゆっくりお湯に浸かって疲れをとることができますよ。

 

ただし、メイン棟にある「ジュニアスイート」は北谷温泉を引いていないので、温泉に浸かりたい人は同じ棟の8Fにある大浴場に行くと良いでしょう。

「ジュニアスイート」のお部屋からは海が望めます。

フロントや朝食会場と同じメイン棟にあり、便利さと開放感の両方が得られる満足度が高い客室です。

 

プレミア棟:ゴールドスイート

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのゴールドスイート
画像出典:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

 

「ゴールドスイート」は、テラスとプライベートプールが付いたスイートルームです。

ソファベッドを利用すれば、最大5名宿泊することが可能なゆったりした客室です。

ドラム洗濯機やミニキッチンが付いていて、家族で長期ステイにおすすめ!

なお、「ゴールドスイート」のプライベートプールは常温です。

 

プレミア棟:ダイヤモンドスイート

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのダイヤモンドスイート
画像出典:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの最高峰!

デイベッド利用で最大9名泊まれる、メゾネットタイプの客室です。

お部屋の広さはもちろんながら、海が見えるテラス&プライベートプールが付いたゴージャスなつくりにも注目です!

「ダイヤモンドスイート」のプライベートプールは常温です。

ドラム洗濯機やミニキッチンが設置されているので、長期ステイにも適したお部屋です。

「ダイヤモンドスイート」は数人で入れるぐらい大きさのあるバスタブなので、一日の疲れもしっかりとリセットできそうですね!

テラスはかなり広く、グループみんなで夜風にあたりながら旅の余韻に浸るにもおすすめです。

 

アメニティは充実!持ち帰りはNG!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのアメニティ

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、アメニティが豊富に揃っていて助かると満足度の高い口コミが多く見られます。

気持ちよく宿泊する場合、アメニティの充実度も気になるところですよね!

 

■客室アメニティ■

  • ハブラシ、ヘアブラシ
  • コットン、ヘアゴム、綿棒
  • ルームウェア、スリッパ
  • バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、ボディウォッシュタオル
  • ハンドソープ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ
  • カミソリ

 

履物は、部屋履きスリッパと館内履きがそれぞれ用意されている点も嬉しいサービスです。

タオル類や、シャンプー、コンディショナーは備え付けなので持ち帰ることができません。

シャンプー、コンディショナーについては、持ち帰り可能なブランドアメニティではない点が残念との声も見られました。

 

■環境に配慮した取り組み■

連泊の場合の2日目からは、必要なものをロビーのアメニティコーナーから自分で持っていくかたちになります。

6泊以下の場合、毎日ドア前にタオルとミネラルウォーターが用意されるかたちがスタンダードです。

清掃の入室を希望する場合は、当日10時までにフロントへ申し付けましょう。

 

■子供用貸出品■

  • 紙おむつ(S/M/L/LL)、お尻ふき
  • ベビーベッド、ベビーガード、ベビーカー
  • 子供用スリッパ、子供用便座、子供用踏み台、子供用ハブラシ
  • おむつゴミ箱、おねしょマット
  • 体温計、哺乳瓶消毒セット
  • おもちゃ、絵本

 

子供用の貸出品が数多く取り揃えてある点は、家族連れから好評の口コミが多く寄せられています。

紙おむつとおしり拭きが無料で提供される点も嬉しいですね!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートを運営するベッセルホテルズは、❝自分と家族ご褒美を❞をモットーとしているため、家族旅行に嬉しい貸し出しサービスの充実に力を入れているようです。

18歳以下の添い寝無料というも取り組みも、ベッセルホテルズの大きな特徴のひとつになります。

 

パジャマは館内着風!バスローブはなし

「パジャマがあると、そのぶん手荷物が少なくて済む」

「子供用のパジャマも用意があるのかしら」

 

お部屋では、ゆったりした服装でリラックスして過ごしたいですよね!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートは客室にパジャマが用意されています。

フリーサイズの上下セパレートタイプのパジャマなので、動いても着崩れせず快適に過ごせますよ!

パジャマというよりは、そのまま大浴場にも着ていけるような館内着風になっています。

プレミア棟に宿泊の場合、大浴場に行くとき一度外を歩くため、パジャマで出るのが気になる場合は私服の持参がおすすめです。

 

宿泊無料で添い寝する子供用パジャマも、フロントに申し出ると貸し出しを受けられますよ。

連泊で新しいパジャマが必要な場合も、フロントに申し出でサービスを受けましょう。

大浴場を利用することが前提だからなのか、客室にバスローブの用意はありません。

 

クラブラウンジや専用フロアはないが嬉しいサービス発見!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのラウンジ

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートには、クラブラウンジはありません。

朝食会場を別名「ラウンジ」と記載していますが、こちらは特別なものではなく、朝食利用者なら全員利用できる「朝食会場」を指しています。

 

クラブラウンジはありませんが、「ダイヤモンドスイート」や「ゴールドスイート」に宿泊した場合はワンランク上のサービスを受けることができます。

  • 専用チェックイン
  • プライベートプール
  • 客室ミニバー
  • ミニキッチンの設置
  • ドラム式洗濯機、空気清浄機完備

また、「ダイヤモンドスイート」「ゴールドスイート」に宿泊した場合は、1F『ZHYVAGO COFFEE(ジバゴコーヒー)』より、コーヒーとワンプレートのお菓子のサービスを受けられるそうです。

 

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの予約はじゃらんより楽天トラベルがいい!ツアーで最安値で宿泊ができるのはじゃらん!

「レクー沖縄北谷スパ&リゾートは、どのくらいの料金で宿泊できる?」

「なるべく最安値で予約したい…」

「飛行機を含んだツアーはどのくらいの値段?」

という方のために、宿泊&ツアー予約サイトを徹底比較してみました。

同じ旅行に行くなら、なるべく最安値で探して宿泊予約したいですよね!

 

■結論■

航空券付きの最安値ツアーは楽天トラベル!

宿泊のみ予約ならレクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトが最安値保証!

 

航空券付ツアー

以下の条件で比較してみました。

航空券付きツアー最安値(スタンダード朝食付きプラン)
2024年9月平日〜1泊2日 羽田空港⇔那覇空港
大人2名
ANA便
往路:14時チェックインに間に合う時間帯で一番安い便
復路:当日中に羽田空港に到着する便で一番安い便
<予約サイト> 最安値料金
レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイト 46,300円
楽天トラベル 43,600円
じゃらん 44,700円
一休 取り扱いなし
JTB 54,400円

※金額は1名分

 

人気の朝食付きプランで調べてみたところ、楽天トラベルが圧倒的に最安値です!

今回の条件ではポイントやクーポン使用を加味していません。

ポイントを貯めていたり、特別なクーポンを持っている場合は、割引が入って最終価格は変わるかもしれませんね。

じゃらんは、旅行に行けば行くほどランクアップする「じゃらんステージプログラム」に無料登録することで、よりお得な特典が得られますよ!

楽天トラベルは、日ごろ楽天カードで買い物などしてポイントを貯めていると楽天トラベルでそのポイントを利用して割引することもできます。

一休JTBトラベルも、利用すればするほどポイントが貯まったり、メンバー限定キャンペーンを実施しています。

旅行に行く時期、予約の時期によっても値段は変動します。

特に航空券を含むツアー料金は変わりやすいので、自分に合った方法で、お得な宿泊プランを探してみてくださいね!

 

宿泊プランのみ

以下の条件で検索してみました。

2024年9月平日~1泊2日
2名一室の最安値
<予約サイト> スタンダードプラン素泊まり スタンダードプラン朝食付き
レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイト 17,325円~ 18,975円~
楽天トラベル 18,191円~ 19,924円~
じゃらん 18,191円~ 19,924円~
一休 18,191円~ 19,924円~
JTB 18,191円~ 19,924円~
※「沖縄県民限定 県民割」と「レクー沖縄北谷スパ&リゾートホテル会員限定」は除く
※金額は1名分
宿泊のみ予約する場合は、レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトからの予約が断然最安値です。
運営会社のベッセルホテルズでは、ベストレート保証を取り入れています。
ベストレート保証は、同一の条件であれば公式サイトからの宿泊予約の最安値が保証されます。
航空券付きツアー料金と同じで、各社ポイントの利用や期間限定タイムセールなどで価格が変わっている場合もありました。
ベッセルホテルズのふるさと納税は、宿泊券を返礼品としているので活用するのも手ですね!
ふるさと納税については、ベッセルホテルズ公式サイトに詳しい情報があるので、ぜひチェックしてみてください。
■ベッセルクラブについて■
ベッセルホテルズでは、入会費・年会費無料の「ベッセルクラブ」という会員制度を設けています。
  • 会員向けメルマガ限定、割引クーポンの発行
  • ポイントプログラム
  • ランクアップ制度

全国のベッセルホテルズで利用できるうえ、無料なのでぜひ登録しておきたいですね!

 

デイユース

レクー沖縄北谷スパ&リゾートでは、日帰りでお部屋でステイを楽しめるデイユースプランがあります。
時間は、8:00~24:00内で最大6時間滞在と9時間滞在の2パターンです。
レクー沖縄北谷スパ&リゾート公式サイトからの予約は、デイユースの場合は最安値とは限らないので特別におすすめできません。
JTBは、デイユースプランの取り扱いがありませんでした。
一休は、朝食プランのみ記載があり、デイユースプランはありませんでした。
じゃらん楽天トラベルは、ツアー、宿泊のほか、デイユースプランがあり、デイユースプランは2社とも値段に差はみられませんでした。
サイトからの予約もしやすいので、じゃらん楽天トラベルの利用をおすすめします。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの電話番号・アクセス・駐車場・送迎バス情報|チェックインは14時からで、チェックアウトは11時までOK!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのエントランス

 

「送迎サービスはあるのかな」

「いざという時に、電話番号がわかっていたら安心」

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートに初めて行くときなど、アクセスや送迎のことなど心配もあると思います。

いざという時、ホテルの電話番号さえわかっていたら安心できますね。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの住所や電話番号、チェックインやチェックアウトの時間など紹介します。

アクセス、駐車場、送迎バスについてもまとめて紹介するので、スムーズに計画できますよ!

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの住所と電話番号

 レクー沖縄北谷スパ&リゾートの住所と電話番号はこちらです。

別途予約専用の電話番号などないので、こちらの電話番号に連絡すれば大丈夫です!

住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町字美浜34番2号
電話番号:098-936-2288
チェックインは14:00、チェックアウト11:00です。
メイン棟・プレミア棟どちらに宿泊される場合も、メイン棟1Fでチェックイン手続きになるのでお間違いなく!
チェックインが大幅に遅れる場合などは連絡が必要です。
念のため、電話番号はあらかじめ控えておきましょう。
フロントは24時間対応なので安心です。
■アーリーチェックインとレイトチェックアウトについて■
チェックイン時間前に部屋に入る・チェックアウトの延長、どちらの場合も基本的には可能です。
ただし、混雑状況に応じては対応できない場合もあるのでご注意ください。
■アーリーチェックイン■
チェックイン時間(14:00)より
1時間前13:00から一室あたり1,000円追加
2時間前12:00から一室あたり2,000円追加
3時間前11:00から一室あたり3,000円追加
4時間前10:00から一室あたり4,000円追加プレミア棟ダイヤモンドスイート・ゴールドスイートに宿泊の場合
チェックイン時間(14:00)より
1時間前13:00から一室あたり5,000円追加
2時間前12:00から一室あたり10,000円追加
3時間前11:00から一室あたり15,000円追加
4時間前10:00から一室あたり20,000円追加
■レイトチェックアウト■
チェックアウト時間(11:00)から
1時間延長一室あたり1,000円
2時間延長一室あたり2,000円
3時間延長一室あたり3,000円プレミア棟ダイヤモンドスイート・ゴールドスイートに宿泊の場合
チェックアウト時間(11:00)から
1時間延長一室あたり5,000円
2時間延長一室あたり10,000円
3時間延長一室あたり15,000円※税込み価格
いずれの場合も、人数に関わらず同額です。
上記の時間より、さらに前にチェックイン・後にチェックアウトを希望する場合は、1泊分の追加料金になります。
荷物を預けるだけならフロントで対応してくれますよ。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートへのアクセス

「レクー沖縄北谷スパ&リゾートへ、レンタカーで行く場合どのくらい時間がかかる?」

「駐車場はどのくらいあるんだろう」

「那覇空港から遠そうだけど、送迎バスはあるのかな?」

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートでは、送迎サービスを行っていません。

送りも迎えも送迎はないので、ほとんどの人が車かバスを利用することになると思います。

那覇空港からの、車でアクセス・バスでアクセス、それぞれのアクセス方法を紹介しますね!

 

那覇空港から車を使ったアクセス

那覇空港から、レンタカー・タクシーを使った場合のアクセスは2パターンあります。

  • 一般道/那覇空港から国道58号を使って北へ約40分
  • 沖縄自動車道/那覇IC~沖縄南IC約20分、沖縄南IC~県道23号約10分

 

ホテル周辺は一方通行が多く、駐車場がわかりづらいため、地図を確認のうえ向かった方が良さそうです。
レクー沖縄北谷スパ&リゾートの駐車場
画像出典:レクー沖縄北谷スパ&リゾート

 

■レンタカーについて■

提携している「オリックスレンタカー北谷フィッシャリーナ店」は、宿泊者限定に特別料金で利用可能。

詳しくは店舗へ直接お問い合わせください。

オリックスレンタカー北谷フィッシャリーナ店
電話番号:098-936-0543  8:00~18:00営業
■駐車場について■
レクー沖縄北谷スパ&リゾートの駐車場は、ホテルメイン棟・プレミア棟の間にあります。
高さ制限2.1mまで、250台が停めらる無料の立体駐車場です。
チェックイン前・チェックアウト後も、それぞれ当日は無料で停められるので、必要な場合はフロントで手続きをしてください。
駐車場は予約制ではないので、万が一満車になってしまった場合は近くのコインパーキングを利用します。
コインパーキングを利用した際、駐車場の料金は自己負担になるのであらかじめ注意しましょう。

那覇空港からバスを使ったアクセス3つ

那覇空港から公共バスでアクセスが可能です。

ホテルの送迎バスはありませんが、空港シャトルバスか空港リムジンは乗り換えも、送迎バスのように便利ですよ。

駐車場の心配も必要ないので、ホテル周辺だけで過ごすならバスを選択するのも良いかもしれませんね。

 

■空港シャトルバス(北谷ライナー)によるアクセス■

那覇空港~レクー沖縄北谷スパ&リゾート 片道約80分

片道料金:大人810円/子供410円

乗り場:国内線1番バス乗り場カリー観光バス、国際線2番バス乗り場カリー観光バス

 

■空港リムジンによるアクセス■

那覇空港Aエリア~レクー沖縄北谷スパ&リゾート 片道約80分

片道料金:大人810円/子供410円

乗り場:バスターミナル11番乗り場

※現金で乗車できないので、事前に乗車券を購入が必要です。

・那覇空港国内線ロビー内のリムジンバス案内センター

・レクー沖縄北谷スパ&リゾートフロント

・各社Webサイト(発車オーライネット高速バスドットコムなど)

 

■路線バスによるアクセス■

那覇空港120番 名護西空港線~「桑江」下車 約65分、片道800円

「桑江」から徒歩約10分

バスは定刻通りに運行していないこともあるので、時間に余裕を持っての行動がおすすめです。

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのその他施設について|周辺の食事情報もご紹介!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートからの景色

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾート周辺情報で圧倒的に高評価な口コミは、なんと言ってもアメリカンビレッジに隣接していること!

ホテル周辺には数々のショップやレストランが揃っていて、一年じゅう楽しめるスポットです。

海で遊ぶなら、いちばん近いサンセットビーチへ徒歩5分。

レクー沖縄北谷スパ&リゾート周辺には、グルメやショッピング、マリンアクティビティも揃って、一日では遊び足りない充実度です!

ちょっとしたお買い物なら、メイン棟の1Fのコンビニが便利です。

 

ランチやディナーはアメリカンビレッジで!レストラン選び放題!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの前にあるアメリカンビレッジ

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの特徴は、アメリカンビレッジが目の前に立地している点です。

ホテル内には、ディナー向けのレストランはありませんが、アメリカンビレッジにくり出せば食事に困ることはありません。

23時までなど、比較的遅くまでオープンしているレストランも多いので食事するのに時間の心配もしなくて済みそうです。

洋食、和食、中華、イタリアン、沖縄料理など、お目当ての食事を逃さないためには、行きたいレストランの事前予約は必須です!

アメリカンビレッジには、お馴染みのイオンや、映画館、結婚式場も揃っています。

スイートルームのミニキッチンで料理しよう!なんて考えているなら、イオンで食材を購入するのも良いですね!

アメリカンビレッジの詳細はこちら

 

夕日の美しさはイチオシ!サンセットビーチ

レクー沖縄北谷スパ&リゾートから徒歩5分のところに、北谷公園内に位置するサンセットビーチがあります。

名前のとおり、サンセットが美しいビーチとして人気!

人工湾で波が穏やかなので、子供のいる家族にも嬉しいビーチです。

 

  • 管理棟
  • トイレ
  • シャワールーム 水シャワー3分100円
  • ロッカールーム 1回200円
  • BBQテントエリア 有料プラン管理棟で受付

ビーチの他に、50mプールや幼児用プールのある有料プールもあります。

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのお土産やグッズについて

レクー沖縄北谷スパ&リゾートのロビー

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートには、お土産ショップはありません。

お土産は、隣接するアメリカンビレッジならではのアイテム探しも楽しいかもしれませんね!

レクー沖縄北谷スパ&リゾートで使用している枕を、インターネットで購入することができます。

枕メーカーのロフテーと共同開発した、ベネッセホテルズオリジナル快眠枕は、公式サイトから購入できます。

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの宿泊して結婚式で利用したくなったら…。【ウエディング情報】

「レクー沖縄北谷スパ&リゾートで結婚式はできるの?」

と思う人もいるかもしれません。

ホテル内に式場はありませんが、アメリカンビレッジに「ヴォヤージュ ドゥ ルミエール北谷リゾート」という式場があります。

ホテル1Fにはウエディングフォトの専門店があるので、式を挙げてハネムーンで利用される人も多いそうですよ。

 

【関連記事】
ザビーチタワー沖縄のプールに仰天!部屋のおすすめはビーチタワースタンダード!

 

評価
0 コメント
インラインフィードバック
レビューをすべて表示
0
レビューする!x
()
x