あさば池

最終更新日: 2024 年 6 月 21 日

 

「あさば(伊豆・修善寺)に泊まってみたいけど、どのお部屋に泊まろうかな」

「夕食の料理の評価が高かったら泊まってみたい!」

「ホテル派だけど、満足できるかな?」

 

あさば(伊豆・修善寺)に泊まりたいけど、具体的に宿泊するイメージができないですよね。

100%満喫したいアナタために、旅ソムライターのMomijimanzyuがあさば(伊豆・修善寺)を大解剖しちゃいます♪

 

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

日本を代表する温泉王国である伊豆と箱根。

伊豆と箱根は首都圏から手軽に行ける距離で、大勢の観光客が訪れます。

箱根には箱根湯本、強羅、仙石原をはじめ、箱根二十湯とまでいわれる多数の箱根温泉が湧き、箱根関所や石畳などの旧東海道の遺構や芦ノ湖など見どころも多いです。

一方、伊豆にも熱海をはじめ、伊東、熱川、修善寺などの温泉が湧くき、幕末に開港した下田、修善寺などの歴史スポットもあります。

その一つが、あさば(伊豆・修善寺)です。

箱根に並ぶ観光温泉地、あさば(伊豆・修善寺)についてご紹介します。

 

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)は、あふれる緑の山々と美しい川が流れる伊豆修善寺に、500年以上前、浅羽弥九郎幸忠が開いた宿坊からはじまりました。

日本の美しい四季と、遙か昔よりこんこんと沸き出づる源泉掛け流しの温泉が旅人の心を癒してくれます。

旬の食材と鮮度を大切にした料理や、能舞台「月桂殿」で、能楽、狂言、琵琶楽など季節に応じて楽しめます。

お部屋は、ライトアップされた能舞台が見えるお部屋源泉かけ流しの露天風呂付きのお部屋があります。

お部屋以外にも池のほとりにある「サロン」で寛いだりと、大切な人とゆったり過ごすのにピッタリな高級旅館です。

普段はホテル派なあなたも満足できること間違いなしですよ!

 

しかもあの「ルレ・エ・シャトーにも認められた旅館なんです!

「ルレ・エ・シャトー」とは、厳格な審査をクリアしたホテル・レストランのみが加盟できる、世界的権威をもつ会員組織です。

日本には5万軒ものホテル・旅館があるといわれていますが、その中で「ルレ・エ・シャトー」に加盟されているホテル・旅館は、わずか11軒。

そのうちの一軒が、あさば(伊豆・修善寺)。

「上質な料理とホスピタリティ」が約束された旅館の証なんです。

 

目次

あさば(伊豆・修善寺)の藤のブログがない!実際に泊まった方の口コミ評判レビューもご紹介!

あさば廊下

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

藤や天鼓・宿泊記などのブログまとめ

あさば(伊豆・修善寺)での滞在をより具体的にイメージしたいなら、実際に泊まった方が書いた宿泊記ブログを読むのがおすすめ!

宿泊記ブログを参考にするとイメージしやすいですよ♪

ここでは、旅ソムライターのMomijimanzyuが注目する宿泊記ブログ3つを紹介します。

アナタも実際に泊まった気分で、宿泊記ブログを読んでみてくださいね♪

 

あさば 伊豆・修繕時温泉 の感想  SEの徒然旅ブログ 

こちらの宿泊記ブログは、あさば(伊豆・修善寺)の良いところと悪いところをきちんと紹介されています。

良いところは「日本最高峰の温泉!露天風呂が最高!」「料理が非常においしい」悪いところは「料金がお高いところ…」だそうです。

また、一番リーズナブルなお部屋に宿泊されているので値段を最小限で抑えたい方はとても参考になりますよ♪

 

『伊豆修善寺温泉 「あさば」 宿泊記 1泊目』ブログ by yundyさん

こちらの宿泊記ブログは、妊娠中に、あさば(伊豆・修善寺)に宿泊されました。

子供ができたらしばらく行けないであろう大人な旅館にゆっくり泊まりたいということで選んだそうです。

あさば(伊豆・修善寺)は、7歳以下の子供の宿泊ができないので、産前の思い出作りにもおすすめですよ。

 

【修善寺】あさば① 施設編 – おいしいもんが好き!

こちらの宿泊記ブログは、あさば(伊豆・修善寺)の旅行記を3部作で紹介されています。

3つ読んでおけば、あさば(伊豆・修善寺)のこと隅々まで分かりますよ!

 

あさば(伊豆・修善寺)の極上離れ「あさば はなれ 天鼓」について

 

あさば(伊豆・修善寺)の、宿泊記ブログで再々出てくるキーワード「あさば はなれ 天鼓 についてご紹介します。

「あさば はなれ 天鼓」は、1日1組限定の極上離れ宿です。

建て替えを経て、2019年5月にオープンした「天鼓」は、家族や仲間で泊まれる海外のヴィラのような部屋を作りたいという主人と女将の想いが込められています。

建築からリネンなどの細部にまで徹底的にこだわったがゆえ、「天鼓」の完成は1年ほど遅れてしまったそう!

「天鼓」は2〜6名で滞在できる平屋の日本家屋で、220㎡の贅沢な広さの空間となっています。

また、「天鼓」の内風呂と露天風呂では、竹林から池へ水が流れていく優美な風景を眺められます。

憧れの極上離れ宿「天鼓」、人生で一度は味わってみたいですね♪

 

あさば(伊豆・修善寺)の客室「藤」について

 

あさば(伊豆・修善寺)の「藤」のお部屋は、シダレザクラを眺められるお部屋です。

あさば(伊豆・修善寺)の「藤」のお部屋の宿泊ブログを紹介したかったのですが、残念ながら「藤」の宿泊ブログはありませんでした。

趣がある庭とシダレザクラが楽しめるお部屋「藤」は、春の季節に一度は泊まってみたいお部屋ですね。

 

以上宿泊記ブログと「天鼓」「藤」のまとめでした。

 

実際に泊まった方の口コミ評判レビュー

あさばベッド

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

それでは実際に当サイト旅ソムが独自に集めた口コミ・評判レビューをご紹介します♪

実際にあさば(伊豆・修善寺)に宿泊した方の口コミ・評判をまとめたので参考にしてくださいね。

 

  • 「食事は素材を活かした料理で大変美味しく、季節を感じられ満足!」
  • 「ふかふかの寝具もとても素晴らしい!」
  • 「掃除も徹底されており、塵ひとつ落ちていない!」
  • 「館内でスタッフの方のサービスがとてもスマート!」
  • 「お風呂は露天、内風呂ともに素晴らしい!」 

 

実際にあさば(伊豆・修善寺)に宿泊した方の口コミ・評判は、「料理が見た目も味も楽しめる」「館内の掃除が行き届いている」「温泉から見える風景が素晴らしい」と、評判の口コミが多いです。

ただ、「お値段が高い」という口コミもありました。

あさば(伊豆・修善寺)は高級旅館なので、お値段もやはり高級旅館クラスになっていますね。

では、実際の口コミ・評判レビューはこちらです。

評価: 
星4つの顔

母親と2人で部屋付き源泉温泉付きの部屋に宿泊しました。予約時に指定した部屋と案内された部屋が違い、尋ねたところ宿側の手違いですでに指定した部屋には別のお客様が入ってしまっているとのことでしたが、指定した部屋に宿泊したく予約をしていたためお願いをし、変更していただきました。あさばのような高級な宿でそのような初歩的なミスがあり、とても残念でした。予約日の前日などにきちんと電話確認で予約内容を確認すべきと思います。宿泊時のサービスはとてもスマートで館内でスタッフの方に会えば名前を呼んで挨拶してくださり、気持ちよく滞在できました。食事は素材を活かした料理で大変美味しく、季節を感じられて目でも綺麗で満足できました。

[2018年3月]

評価: 
星2つの顔

お料理の1つ1つがとても美味しい。またお部屋出しなのに、熱いものはしっかりと熱々で、冷たいものはしっかりと冷えているのも素晴らしい。
カフェの本のセレクトも素敵。欲を言えば、2シーズン同じお料理だったのでリピーターへは少し配慮があると更に嬉しいです。今年は泣く泣くキャンセルしたけれど、あゆの季節にまたぜひ訪れたい。
ふかふかの寝具もとても素晴らしい!
再訪:
お食事が少し変わられて、量も増え、残念に思う部分もありましたが、サービスや隅々まで行き届いたお掃除、お花や掛け軸に至るまで、とても心地よく過ごすことが出来ました。また素晴らしい見事なお部屋で、どなたが設計していらっしゃるのだろうと思ったら、新館以外はオーナーと地元の職人さんたちと作り上げているとのこと。その思いに改めて心打たれました。高いと仰る方もおられますが、これだけの見事なお庭を管理し、しみじみとした味わい深いお料理を出し、隅々までお掃除をし、花をいけ、大変かびやすいお風呂も、あそこまで綺麗に管理し、多くの従業員の方を抱え、一部屋一部屋をおもてなしすると考えると、決して高くはないと思います。
長い旅館の歴史に中で、100%である時も、そうでない時も様々なことがあると思いますが、泊まる側としてもこの美しい旅館が末永く続くよう、これからも宿泊をさせて頂きたいと思います。

[2022年7月]

評価: 
星5つの顔

2021年6月に知人と二人で宿泊。門構えからして立派だが、涼やかな暖簾がかけられている。サービスは、もちろん悪くないけど、わりとシンプルで、いくら最高級の旅館だからといって大名気分で行くと肩透かしを喰らう。館内はかなり清潔。歴史を売りにしている宿は、薄暗くてジメっとしたところが多いけど、ここは明るい印象。しつらいも日本最高級の宿にふさわしく、シンプルだが上質なもので、洗練されている。掃除も徹底されており、塵ひとつ落ちていない。客室からは池と能舞台が臨める。夜間のライトアップも美しい。
料理は、わかりやすい豪華食材が出てくるわけではない。よく吟味された、新鮮な土地の食材を中心に、きちんと下ごしらえをして、丁寧に出汁を取って、さり気なくいい器にそっと出すのがこの宿の流儀。
お風呂は露天、内風呂ともに素晴らしい。泉質はさして特徴はないので、温泉目当てで来る人向けではない。
会計のお釣りがピカピカの硬貨、文字通り手が切れそうな札で返されるのもいい。
欠点を挙げるとしたら、やはり宿泊費が高いことに尽きるだろう。豪華な食材や、至れり尽くせりのサービス、特徴のある泉質があるわけでもないので、価格以上に貧乏人には向かない宿である。

[2021年6月]

評価: 
星5つの顔

男5人で雨月 UGETSUと言う部屋に宿泊しました。
部屋はとても広くて窓も大きく、部屋から見える能舞台と大きな池を含めた景色も非常に素晴らしかったです。露天風呂も景観が良く、温泉の温度も適温でだいぶ長い時間入ってしまいました。寝具はやわらかく全身が包まれている感じが心地よく今まで味わった事の無いくらいの感覚でした。ずっと寝ていたいと思えるほどで、あさばの布団と枕を調べて購入しようと思ったくらい今でも忘れられないくらい寝具で癒やされました。後は朝食、夕食共に季節のもの、旬のものがたくさん味わえて味も素晴らしく最高でした。ダメな所は強いていうならば金額と場所でしょうか。。もう少し行きやすい場所にあればいいなと思いました。

[2021年2月]

※一部、口コミを集めた年月になります。
※当サイトが独自に集めた口コミです。
コピーする際は、引用リンクをお願いします。

 

実際にあさば(伊豆・修善寺)に宿泊された方の口コミ・評判はいかがでしたか?

お部屋、料理、温泉など満足度が高い口コミ・評判でしたね!

以上口コミ・評判レビューのまとめでした!

 

あさば(伊豆・修善寺)の部屋のおすすめは「藤」!パジャマ類が充実!

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

客室タイプ一覧|部屋のおすすめは「藤」

 

ここからは、あさば(伊豆・修善寺)の客室とおすすめのお部屋をご紹介します♪

まず、あさば(伊豆・修善寺)には、全部で12種類の客室タイプがあります。

 

  • はなれ天鼓
  • 雨月
  • 撫子
  • 満天星
  • 松風
  • 山吹
  • 羽衣
  • 萌葱
  • 浅葱
  • 胡蝶

 

あさば(伊豆・修善寺)の客室は、折々の自然を愛でることができ、日本の美しい伝統が感じられるお部屋です。

窓を開ければ美しい風景が広がっていて、ゆったりと贅沢な時間が過ごせます。

また、全客室に源泉掛け流し風呂があるのも嬉しいですよね。

「羽衣」「萌葱」「浅葱」「胡蝶」は、2023年春に改装されたばかりです。

 

どの客室も魅力的ですが、Momijimanzyuのおすすめは「藤」になります。

「藤」のお部屋は、春の訪れを感じさせる満開のシダレザクラを望む1階のお部屋です。

趣がある庭と風に揺れるシダレザクラのコントラストは「藤」でしか見れません!

「藤」のお部屋の目の前に広がる絵画のような美しい景色に息をのむことでしょう。

では、さっそく写真付きで客室を見てみましょう!

 

はなれ天鼓

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「はなれ天鼓」は、庭に囲まれた一階離れの客室です。

木々を眺めながら入浴ができ、はなれにあるのでプライベートな時間が過ごしたい方におすすめですよ。

階数:1階 離れ
風呂:露天源泉かけ流し風呂+内風呂付
間取り:12.5畳(京間)+4畳(京間)+12.5畳寝室(京間)+広縁+テラス(220m2)
お眺め:お庭側お眺め

 

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「萩」の客室は、新緑と紅葉を愛でることができ、心地よい川のせせらぎに癒されるお部屋です。

庭に面しているので景色も美しいですよ。

階数:1階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:8畳+6畳+ベッドルーム(80m2)
お眺め:お庭側お眺め

 

雨月

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「雨月」の客室は、能舞台を真正面に望むことができる、純和風の客室です。

能舞台を楽しみたい方におすすめです。

階数:1階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:13.5畳+11畳(89m2)
お眺め:お池と能舞台お眺め

 

撫子

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「撫子」の客室は、広々としたベッドルームと、竹林を望める和室となっています。

盛夏は新緑、秋は紅葉が楽しめますよ。

階数:2階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:8畳+ベッドルーム18畳(97m2)
お眺め:お庭側お眺め

満天星

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「満点星」の客室は、竹林を望みながら、自然を満喫できるお部屋です。

18畳の広々としたベッドルームと和室でゆったりくつろげますよ。

階数:2階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:12畳+ベッドルーム18畳(80m2)
お眺め:お庭側お眺め

 

松風

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「松風」の客室は、2階から能舞台を真正面に望むことができる、純和風の客室です。

2階から眺める能舞台とお池もまた絶景ですよ。

階数:2階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:10畳+9畳(71m2)
お眺め:お池と能舞台お眺め

 

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「藤」の客室は、春は枝垂れ桜が愛でられ、池と庭に面した陰影の美しい客室です。

「藤」の客室は、春の桜シーズンにおすすめのお部屋ですね。

階数:1階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:8畳+6畳(61m2)
お眺め:お庭側お眺め

 

山吹

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「山吹」の客室は、夏には清々しい竹林、秋は紅葉の庭が望める客室です。

2階から眺めるお庭は絶景ですよ。

階数:2階
風呂:源泉かけ流し風呂付
間取り:8畳+4.5畳(49m2)
お眺め:お庭側お眺め

羽衣

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「羽衣」の客室は、1階にあり、お部屋からお池と能舞台を楽しむことができます。

このお部屋は、2023年に改装したばかり!

また、テラスがついているのでテラスで日向ぼっこやお茶もできますよ。

階数:1階
風呂:半露天源泉掛け流し風呂
間取り:10畳+6畳+16畳(ベットルーム)テラス付き(126㎡)
お眺め:お池と能舞台お眺め

 

萌葱

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「萌葱」の客室は、池と能舞台に面した3間の広々とした客室です。

このお部屋は、2023年に改装したばかり!

源泉掛け流し風呂からは、池や滝を眺めながら入浴ができ癒しの入浴タイムが過ごせますよ。

階数:2階
風呂:源泉掛け流し風呂
間取り:10畳+10畳(ベットルーム)+16畳(リビング)(152㎡)
お眺め:お池と能舞台お眺め

 

浅葱

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「浅葱」の客室は、池と能舞台に面した板間のリビングと和室のある客室です。

このお部屋は、2023年に改装したばかり!

こちらはベッドルームなので、敷布団よりベッドで寝たい方におすすめです。

階数:2階
風呂:源泉掛け流し風呂
間取り:12畳+16畳(ベットルーム)+12畳(リビング)(111㎡)

 

胡蝶

あさば部屋

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

「胡蝶」の客室は、1階にありテラスがついているお部屋です。

このお部屋は、2023年に改装したばかり!

テラスでのんびり景色を楽しみたい方におすすめですよ。

階数:1階
風呂:源泉掛け流し風呂
間取り:10畳+6畳(広縁)テラス付き(52㎡)

 

あさば(伊豆・修善寺)の客室はいかがでしたか?

どのお部屋もゆったりとしていて贅沢な時間を過ごしたい方におすすめなお部屋ばかりでしたね!

以上客室タイプ一覧とおすすめのお部屋のまとめでした!

 

パジャマやバスローブ、浴衣まで充実に品揃え!

 

「ナイトウェアはパジャマ?浴衣?」「バスローブはあるのかな?」

そんなことも気になりますよね。

あさば(伊豆・修善寺)のは、浴衣、パジャマ、バスローブの3点が揃っています!

旅館はパジャマがないことがありますが、あさば(伊豆・修善寺)は、ちゃんとパジャマまで揃えてくれているんです!

浴衣は男女ともに同じ落ち着いたデザインで、パジャマはガーゼタッチで肌触りがよいものとなっています。

お部屋でくつろぐときは浴衣、ぐっすり眠るときはパジャマがいいかもしれませんね。

パジャマなら着崩れる心配がないので、寝相を気にせずに眠れますし、お部屋のお風呂上りにサッとバスローブが着れるのも嬉しいですよね。

以上パジャマやバスローブのまとめでした。

 

アメニティが面白い!持ち帰りは一部OK!

 

「アメニティは何があるかな?」

「化粧品アメニティがなかったら持っていかなくちゃ!」

アメニティは何が揃っているか気になりますよね!

あさば(伊豆・修善寺)のアメニティは、こちらです。

 

アメニティ一覧

  • シャンプー・リンス  ボディソープ・石鹸 タオル・バスタオル
  •  ボディタオル・スポンジ ハミガキセット くし・ブラシ
  • シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り
  • シェービングジェル・フォーム 浴衣 ナイトウェア  バスローブ
  • 綿棒  コットン  冷蔵庫 ミニバー お茶セット(無料)
  • テレビ  金庫 朝刊無料

 

あさば(伊豆・修善寺)のアメニティは、消耗品のみ持ち帰り可能です。

基本的に必要なアメニティは揃っていますが、洗顔料、メイク落とし、化粧水、乳液のアメニティは、希望すればお部屋まで持って来てくれます。

基礎化粧品のアメニティを忘れても安心ですね!

以上アメニティについてのまとめでした。

 

あさば(伊豆・修善寺)の女将や若女将・支配人やグループ社長について

 

「あさば(伊豆・修善寺)の女将・若女将はどんな人?」

「あさば(伊豆・修善寺)の女将が若女将に変わったみたいだけど、接客が気になる…」

 

あさば(伊豆・修善寺)のような老舗の温泉旅館の女将はどんな方なのか気になりますよね。

ちょっとした豆知識として、あさば(伊豆・修善寺)の、支配人や社長や女将についてご紹介しちゃいます♪

支配人や社長の詳しい情報は分かりませんでしたが、女将・若女将について口コミがありました。

 

2011年の口コミには、以下のような若女将に対して厳しい意見もあったようです。

「女将から若女将へと変わったというので、楽しみにしておりましたが…料理・サービスともに、質がガタ落ちしました。昔のあさばを知っている人なら、今のあさばには泊まりたいとは全く思わないでしょう。」

 

しかし、2015年以降の口コミでは・・・。

「ようやく若女将の色も出て来て喜ばしい限り。板場も若い料理長に代替わりしたが、この一年での成長ぶりは嬉しいものだ。老舗旅館のもてなしに、一流ホテルのサービスを取り入れようと努力している事が感じられ、十年後に大女将の時代の様に評価される事を期待している。」

「到着時も出発時も、玄関に若女将含め、たくさんのスタッフがいらっしゃって、テキパキと対応をしてくださいました。」

「卵焼きを運んでこられた方がお部屋に入る前に、女将が呼びとめ、作り直させていました。満足いかないものを出さない判断は素晴らしいなと思いました。」

 

このような若女将に感心する声が多くありました。

あさば(伊豆・修善寺)に宿泊された際には、是非若女将とお話してみてくださいね。

 

あさば(伊豆・修善寺)の食事・料理の口コミ・料金まとめ|周辺の食事3選を紹介!

あさば料理

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

食事・料理の口コミ・料金|朝食・ランチ・夕食別

 

朝食は美味しい?ランチ・夕食はあるの?」「食事・料理の実際の口コミが気になる…」

こんなことが気になるアナタのために、あさば(伊豆・修善寺)の食事・料理の口コミ・料金と朝食・ランチ・夕食についてご紹介します。

あさば(伊豆・修善寺)は、お部屋でお食事をとるスタイルで、食事料金は宿泊代に含まれています。

残念ながら、あさば(伊豆・修善寺)はランチはありません

後ほど、ランチの代わりにあさば(伊豆・修善寺)周辺のランチ情報をお伝えするので、ランチの参考にしてくださいね♪

あさば(伊豆・修善寺)周辺のランチ情報はこちら♪

 

あさば(伊豆・修善寺)の食事・料理の口コミ

あさば料理

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)の食事は、食べログ評価4.12」TOP500入り!料理の評価が高く、美食家の舌を納得させる趣向を凝らした料理の数々です。

ここからは、あさば(伊豆・修善寺)の食事や料理について詳しく書かれたリアルな口コミを10個紹介します!

★★★★★

お料理の1つ1つがとても美味しい。またお部屋出しなのに、熱いものはしっかりと熱々で、冷たいものはしっかりと冷えているのも素晴らしい。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

2年連続訪れました。雰囲気も、接客も、お食事も最高のお宿です。ありがとうございます(^^)ゆっくりさせていただけました。これからも四季それぞれに訪れてみたいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

旅館では今までで一番。最高の宿でした。食事は素材の味を美味しくいただきました。宿はとにかく清潔感が段違いでした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

今までいろんなところで美味しい食事をしてきましたが、料理で不満を感じるところはありませんでした。特にお造りで出てきた烏賊の刺身は口の中でとろける食感で初めての体験でした。食事全体で残念な点を挙げると料理に合わせたワインが提供されなかった点です。ドリンクメニューにはしっかり赤・白あるのですが、食事内容に合わせたグラスワインを用意してもらえるとよかったかなと思いました。ただ、お勧めで出してもらった日本酒がとても飲みやすく食事との相性も良かったです。食事中はBGMもなく、ただ、中庭の池に落ちる滝の音とヒグラシの鳴く声が程よく響く贅沢な空間で過ごすことができました。

—— GoogleMapの口コミ

★☆☆☆

施設は素晴らしいが、接客や備品、食事内容は価格に見合っていないと思う。 食事は味は美味しいが、素材が、、、まさかこの価格帯で芋をメインで出されると思わないし、お肉はご飯に鷄の炙りがちんまりのっているだけ。1万以下のお宿なら仕方ないですが。 1人5万以上の他の宿が何をしているか、経営者は他社に学んだ方がいいと思う。 もうここにしか来ない、比較する対象がない老人リピーター向けの宿屋

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

食事の時間も選べて、音楽も良かったです。料理はとても美味しく、建物全体の雰囲気は良き古い日本で情緒ありました。ところどころ花がモダンに生けてあったり、飲み物が置いてあるなど、気配りが良かったです。母が花道の師範であることもあり、幼少より生花を見て来たので、素敵な生け方をされている旅館やレストランには個人的に高評価をつけたいです。 

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

おもてなしの精神が随所に現れている素晴らしい宿でした。 源泉掛け流しの温泉も部屋の室礼も季節を感じる食事も接客も、全てが心地よく、季節を変えて再訪したいと思います。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

私が訪ねたときは新内流しの時でした。能舞台を眺めながら幻想的な演目、そして日がくれてからは食に舌鼓。加藤きよのぶさんの器や金重家の備前まで、食材はもちろん器の美しさもさすがです。食事の後は温泉に。露天風呂のタオルは温度管理がなされ、隙なし。域内の水をコントロールしながら山全体で空間を創っているお宿。日本一だと思います。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

本当に素晴らしかったです。 接客から始まり食事、温泉、ベッド、細かい気遣い全てが一流でした。 ここに来て、相手を気遣うとはどういうことなのか学ばせて頂きました。 いつの時代も謙虚さを忘れない素敵な大人でいたいものです。 あさばのこれからの発展を願っています。 また、ぜひお伺いさせて下さい。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ソーシャルディスタンスも十分でこんなに時代には安心なお宿でした。食事も一品一品心遣いの行き届いたものでした。

—— GoogleMapの口コミ

 

一部、食事内容が口に合わなかったという口コミもありましたが、食事や料理、ホスピタリティに満足されている方が多くみられましたね。

朝食も夕食も楽しめること間違いなしですよ!

 

 

あさば(伊豆・修善寺)の朝食・ランチ・夕食

あさば料理

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)の食事は、駿河湾の魚介類や天城の軍鶏・黒豚、地元の伝統野菜、桂流コシヒカリ、など、地元伊豆の旬の食材をふんだんに使用されています。

初夏には、狩野川の支流で育った瑞々しい鮎の炭火焼きを堪能でき、柔らかな身と旨味をぎゅっと閉じ込めた鮎ごはんは絶品です。

朝食は、こだわりが詰まった自家製の干物と出来立てのだし巻き卵がメインの和食です。

愛らしい小鉢や小皿が並ぶ爽やかな朝食の和食膳は、卵焼き野菜香の物など、これぞ日本の朝ごはん!といった感じの食事ですよ。

 

季節に合わせて夕食メニューは変わりますが、夕食メニューの一例はこちらです。

  • 黒鮑(塩蒸し・お造り)
  •  天然鯛塩釜
  •  伊勢海老(唐揚げ・お造り)
  •  間人蟹づくし
  • のどぐろ(炭火焼・煮付け)
  • 松茸づくし

 

上記メニュー以外にも、特別な日には鯛塩釜・お花束・ケーキ・シャンパンなどをお願いすることも出来ます。

記念日の食事の時は前もってお願いしとくといいですよ。

以上朝食・ランチ・夕食別の食事・料理の口コミ・料金のまとめでした。

 

【関連記事】料理が充実している修善寺のホテル
嵯峨沢館の料理の口コミにビックリ!向月亭のブログからわかる宿の経歴!

 

【関連記事】ルームサービスが充実の修善寺のホテル
伊豆マリオットホテル修善寺のルームサービスがヤバい!ペットと泊まれる部屋は要注意!

 

周辺の食事・レストランの口コミ・料金

 

「あさば(伊豆・修善寺)の周辺で食事をとりたいけどどこに行ったらいいの…?」

そんなあなたのために、ここからは、あさば(伊豆・修善寺)周辺の食事・レストラン情報をご紹介します。

あさば(伊豆・修善寺)ではランチの提供がないので、周辺で食事をとることになります。

これを読んでおけば、周辺の食事を満喫できますよ!

周辺で美味しい食事おすすめ3選を紹介しますね。

 

あさば(伊豆・修善寺)周辺の食事おすすめ3選

 

独鈷そば大戸 

修善寺温泉街の中心地にあり、ざるそばか、かけそばのお店です。

席は全部で34席で、 テーブル席の他に座敷席もあります。

ランチタイムには、行列ができることもしばしば!人気店ですよ♪

料金目安:1,000~2,000円ほど

★★★★☆

修善寺まで観光行った際のお昼に利用しました。頂いたのは『独鈷ざるそば』(1350円)。 メニューあんまりちゃんと見てなくて、蕎麦だけだと思っていたらちょっとした料理が3品、それに香の物もついていて、さらにとろろまでついていて。あとわさびは本物で、自分で鮫皮のおろしですって食べるタイプで。この内容でこのお値段はお得だな。 もちろん蕎麦自体の味も美味。それに量も十分で。 メニューはざるとかけそばぐらいしかないけど、これだけで十分、ですね。 満足しました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

2022年1月 日曜日 行こうとしたお蕎麦屋さんがまさかの 廃業されてて。チーんでなってたら 近くにあったおもろいTシャツ屋のお兄さんに 進められるままに、ここに来てみた。 行列に並んでみたw 独歩蕎麦とな?? お腹すいて動けんくなりそうやから、大盛りにしたったわい🤣🤣🤣 1540えーん わさびの茎炊いたやつが、美味しかった😋 ワサビは自分ですりおろします。 余れば持ち帰りください、と袋を渡されます。 この辺りはお蕎麦屋さんがいっぱいありました。 他も行ってみたいな☺️

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

美味しかったです。 4人席が6つ、2人席が1つ、座敷6人席が1つありました。 地下にトイレがあるようです。 駐車場は手前のTの字交差点右折すぐ右側ポスト手前と、第二駐車場はポスト通り過ぎてすぐ左側の細い通路を入った所にあります。 どちらも4台位停められるようです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

一泊旅行の際のランチに利用しました。日曜の昼前くらいでしたが待ちなしで入店。後から並んでいたのでタイミング良かったようです。 メニューは冷たい蕎麦のセットと温かい蕎麦のセット2種類のみ。いずれも1,320円。ざる蕎麦には本ワサビが付きます。 蕎麦自体は特筆無しで普通に美味しくいただきました。つけ汁と煮物は美味しかったです。汁が少ないのでもう少しあると嬉しい。子供連れで一人前は厳しいので、550円のザル追加しましたが汁や取り皿も用意頂き助かりました。 観光地にしては頑張っている価格だと思います。ご馳走様でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

〘独鈷そば大戸〙屋さん@修善寺 お店の方々の心意気とコスパに感動! 独鈷ざるそば、独鈷かけそばと地酒を注文。お料理が出てきてすぐに凄いと感じた。品数たくさん、盛り付けきれい、大きめに切った素材と丁寧な面取り。ひとつひとつの料理とこれを提供してくれるお店の方々に心が動かされました。 これでざるそば、かけそばがどちらも1,320円(税込)でした。 代金支払前に調理場の方々へ気持ちを伝えたけど、100%は伝え切れなかった。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

修善寺まで観光行った際のお昼に利用しました。頂いたのは『独鈷ざるそば』(1350円)。 メニューあんまりちゃんと見てなくて、蕎麦だけだと思っていたらちょっとした料理が3品、それに香の物もついていて、さらにとろろまでついていて。あとわさびは本物で、自分で鮫皮のおろしですって食べるタイプで。この内容でこのお値段はお得だな。 もちろん蕎麦自体の味も美味。それに量も十分で。 メニューはざるとかけそばぐらいしかないけど、これだけで十分、ですね。 満足しました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

美味しかったです。 4人席が6つ、2人席が1つ、座敷6人席が1つありました。 地下にトイレがあるようです。 駐車場は手前のTの字交差点右折すぐ右側ポスト手前と、第二駐車場はポスト通り過ぎてすぐ左側の細い通路を入った所にあります。 どちらも4台位停められるようです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

一泊旅行の際のランチに利用しました。日曜の昼前くらいでしたが待ちなしで入店。後から並んでいたのでタイミング良かったようです。 メニューは冷たい蕎麦のセットと温かい蕎麦のセット2種類のみ。いずれも1,320円。ざる蕎麦には本ワサビが付きます。 蕎麦自体は特筆無しで普通に美味しくいただきました。つけ汁と煮物は美味しかったです。汁が少ないのでもう少しあると嬉しい。子供連れで一人前は厳しいので、550円のザル追加しましたが汁や取り皿も用意頂き助かりました。 観光地にしては頑張っている価格だと思います。ご馳走様でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

待ち時間も長くなく入ることが出来たお店です!店内は穏やかで落ち着いた雰囲気でした.。゚+.(*”*)゚+.゚ お蕎麦もとっても美味しくて、トロロのつゆがとってもお気に入りでした!( •̤ᴗ•̤ ) わさびも残ったらお持ち帰りできて、おなかいっぱいになってとても満足ですご馳走様でしたΨ( ‘ч’ ☆)

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ざる蕎麦を食べました。生ワサビで美味しくいただきました。駐車場はお店の周囲にあります。お昼少し前に行くのをおすすめします。

—— GoogleMapの口コミ

 

安兵衛 (やすべえ)

修善寺で海鮮が美味しいと評判のお店です。

カウンター、小上がり席があり、鮎を水槽の中から網ですくう、活きの良いパフォーマンスが見られることもあるそうです。

ランチタイムは、11時〜13時半まで♪

料金目安:1,000円~3,000円ほど

★★★★★

予約しておいたズガニの塩茹でで、ランチに一杯!ズガニは見た目以上の食べごたえで、蟹味噌も美味しく大満足でした。 11月で、鮎は食べられなかったけど、代わりに初めて食べたあまごの塩焼き。ふっくらとした身の美味しさにびっくり! お腹が一杯になってしまい、かき揚げ丼は1人前を二人用に別盛りに、というわがままな注文にも快く応えていただきました。 ざっくり揚がったかき揚げは見た目も味も秀逸でした! 次回はぜひ、岩魚の骨酒と一緒にまた美味しいお料理をいただきたいです!

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

紅葉の時期の11:20に訪問したら、1番乗りだった。カウンター席に座り、この季節が旬の川蟹をすり潰して出汁をとった、ずがにうどん(1,100円)を注文した。 5分ほどで着丼。 汁を一口すするとカニの出汁を感じて美味い。初めて、モクズガニ(ずがに)が食べられて満足です。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

登山ついでに修善寺に宿泊した際に、宿のオーナーにすすめられて伺いました。唐揚げ、串物、スペアリブ、刺し身とどれも美味しく、特に自慢のずがにうどんがとても美味しかったです。お話してたら勤めている会社と昔かなり濃い辛味があり、20年前に自身が来たことがあったことに驚いた。ご夫婦も感じよく、とても良いお店なのでがんばってほしいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★☆☆

川魚はもっと焼いて欲しい。うなぎは国産が破格で食べられる。タレは醤油が強め。ズガニのうどんは個人的には好きだが、すごい美味しいと言うわけでもない。夜ご飯でも今度は利用したい。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

お酒も料理も都会のリーズナブルなお店と比べるとやや高いが、料理の質は良かった。 特にズガニうどんは他にはない美味しさ!ぜひ食べることをオススメします。 道の駅にもズガニラーメンがあったので食べてみたがあちらは全く良さを引き出せてなかった。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

修善寺温泉街の御幸橋付近にあります。狩野川ズガニうどんが食べたくてランチで訪問しました。川の蟹は濃厚で気分が出ます。温泉街だから夜の方が雰囲気出るかもしれません。食事の後先は周辺を散歩するのも一興です。

—— GoogleMapの口コミ

★★☆☆☆

ずがにうどん¥1,000也。狩野川で捕れたもくずがにを使い、器には甲羅と爪が添えられます。それ以外は身と殻ごとミキサーで砕いてる様です。見た目より濃厚さに欠け意外と優しい味わいです。蟹の味噌汁にやや細めの平打ち麺といった感じで提供されますが、砕かれた殻がザラザラとするので舌触りが悪いです(・д・`;)。駐車場有りで番犬も居ます。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

ここの名物はずがにうどん。モクズガニという、日本全国に生息しているけれどあまり知名度はないカニがどーんとのっかったうどんです。実はこのモクズガニはあの高級食材上海ガニと近縁で、見た目も味もとても似ています。上海ガニなんか有難がらずに皆さんもっとモクズガニを食べていきましょう!という事でまずはここのずがにうどんをご賞味あれ。うどん以外にもアマゴの刺身等珍しいメニューがありますよ。

—— GoogleMapの口コミ

★★★☆☆

20190104昼前訪問。「ズガニうどん」美味しい❗駐車場は店同敷地(軽自動車が丁度かも)と店裏手にあり(普通車までかも)。カウンター席と奥に座敷あり。再訪もしたいし他も食べたいと思えるお店。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ランチメニューの、鮎の塩焼き(3月~10月)と、ずかにうどんを頂きました。 『鮎の塩焼き』は天然だけあって、頭からほお張ったとき、苔の匂いがぷ~んとして、尻尾まで丸ごと食べた位です。 『ずかにうどん』は、丁寧にズガニをすりつぶして、味噌仕立てのうどんで、素朴なのですが、いい出汁が出てました。 また、季節を変えていってみたいと思います。

—— GoogleMapの口コミ

 

 

修善寺 no 洋食屋

修善寺温泉街入り口にある人気の洋食のお店です。

古民家風のオシャレな作りで、ちゃぶ台や掘りごたつがある店内は、ぬくもりを感じる和の空間。

ランチメニューは9種類あり、フレンチシェフが作る、昔ながらの洋食を楽しめると人気です♪

料金目安:1,000円~2,000円ほど

★★★★★

グーグルマップでここを知りました😄お料理とても美味しかったです。私はだ~いすきなオムライスを注文🥰わ、わ、わー。見た目も味も言うことなし💕👍👍👍それに付いているOnionsupもデリシャス💕生姜焼きも美味しそうでしたよ。それに可愛い小物もディスプレイされて。星の飾り物可愛くて買ってしまいました

—— GoogleMapの口コミ

★★★☆☆

普通に美味しく頂きました。千切りキャベツのサラダが多めで良かった。ただ、大人数の学生さんが大声で話をしていても、店側は注意もせず、まだまだコロナ禍なので注意してほしかった。お支払いは現金のみです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

大人数でも入れる掘りごたつの席もあり、とにかくメニューがどれも美味しそうで迷った。 生姜焼きを頼んだけど、ガッツリ行きたい人には生姜焼きとからあげのセットがおすすめ。 どちらもお肉がふわふわで美味しい。 メニューに悩んだときにハーフセットみたいなのがあるのもいい。 ヒレカツモッツァレラは美味しそうだが、かなりボリューミーなので、シェアしながら食べるのも良いかも!

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ここのイチオシ、生姜焼きと唐揚げを一気に食べられるハーフ&ハーフの定食が美味しい。 座敷で食べたのですが、掘ってあるので脚が楽です。高齢の方だと安心かも。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

ランチの時間帯に、ひれカツモッツァレラチーズカレー税込1,580円とふじのくにポークのしょうが焼き税込1,200円をいただきました。和食メニューにはライス•みそ汁•お新香が付き、洋食メニューにはサラダとスープが付きます。ふじのくにポークはやや脂身多めです。ひれカツモッツァレラチーズカレーはカツがサクサクでカレーのスパイスも効いていて美味しかったです。私はカレーの方が好みでした。これにコーヒーか紅茶が付いたら最高でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ランチでお伺いしました❤︎ 靴を脱いで堀テーブルになってました。 ふじのくにポークジンジャー+唐揚げのハーフアンドハーフを頂きました。 しっかり味で美味しかったです 提供される時間も早くてよかったです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

おしゃれなお店です。 生姜焼きと唐揚げのランチを食べましたが、特に唐揚げがおいしい!生姜焼きはきのこなどが乗っていますので、苦手な方はびっくりするかもしれません。

—— GoogleMapの口コミ

★★★☆☆

駐車場も前の所に停められて、提供も早かったです。アルコール消毒やトイレも綺麗でした。パスタやオムライスを頂きましたが、塩っぱかったです。年寄りは食べられないとおもいます。若い人向けの味付けですかね…。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

生姜焼きと唐揚げのハーフを頂きました。生姜焼きは味が染みてて、唐揚げはジューシー。 とてもリーズナブルなのでホテル飯より良いと思います。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

雰囲気の良いお店です。 食事の提供も私にとっては丁度いい感じでした。今回3回目でしたが、次回はカレー食べたいと思います。

—— GoogleMapの口コミ

 

あさば(伊豆・修善寺)の周辺で食事ができるところは、修善寺温泉街の中心地に多くあります。

修善寺温泉街の中心地は、徒歩で10~15分程度。

お散歩がてら、あさば(伊豆・修善寺)の周辺の食事を楽しんでくださいね♪

以上周辺の食事・レストランの口コミまとめでした。

 

あさば(伊豆・修善寺)の温泉や貸切風呂・エステでアクティビティを満喫!

あさば風呂

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

旅行で温泉や貸切風呂、エステがあったら嬉しいですよね♪

あさば(伊豆・修善寺)では、最高の温泉、貸切風呂、エステがあるんです!

では、さっそく、あさば(伊豆・修善寺)の温泉、貸切風呂、エステをご紹介しちゃいます。

 

 

温泉

あさば(伊豆・修善寺)の温泉は、外にある野天風呂と、中にある檜風呂があります。

野天風呂は、竹林と池を望みながら四季の変化を楽しむことができますよ。

温泉に入りながら絶景を眺められるなんて最高ですよね。

なお、野天風呂は時間により男女入れ替えになります。

また、中にある、檜風呂は木のぬくもりを感じながら、源泉掛け流しの修善寺の湯を楽しめますよ♪

 

あさば温泉

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

貸切風呂

貸切風呂は、プライベートな空間で心安らぐ内風呂になっています。

貸切風呂は、いつでも自由に利用でき、要約は不要です。

家族水入らずや、カップル、友人で特別な貸切風呂を楽しんでくださいね♪

 

エステ

あさばスパ

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)のエステ「ひととき Spa」は、東と西の医学にヨガの思想を取り入れた疲労回復のマッサージやヨーロッパ由来のさまざまなエステティックコースが用意されています。

庭園と池に浮かぶ能舞台、自然を眺めながらうけるエステは格別ですよ♪

エステのお申し込みはこちらです↓
あさば旅館エステ「ひととき Spa」 

 

あさば(伊豆・修善寺)の温泉、貸切風呂、エステいかがでしたか?

いつも頑張っている自分を温泉、貸切風呂、エステで癒してあげてくださいね。

以上温泉、貸切風呂、エステのまとめでした。

 

あさば(伊豆・修善寺)の予約は一休と公式のみ!ツアーで格安料金で宿泊ができるのは一休!

 

「あさば(伊豆・修善寺)に宿泊してみたいけど、どこで予約したらいいの!?」

「公式?楽天トラベル?じゃらん?一休?JTB?それともツアーがお得?格安料金が宿泊できるサイトが知りたい!」

 

何で宿泊の予約していいかわからない!!そんなアナタのために、格安料金な宿泊方法をご紹介します!

ここからは、あさば(伊豆・修善寺)の宿泊予約について、公式ホームページ・楽天トラベル・じゃらん・JTB・一休のうち、どのサイトで予約するのが良いのか料金比較などを含めてお伝えしていきますね!

 

まず最初にツアーについてです。

ツアーで予約すると格安になる場合がありますが、残念ながら、あさば(伊豆・修善寺)は格安ツアーがありませんでした

通常予約では、公式、一休のみで予約が可能で、格安だったのは一休です!(※2024年6月調べ)

公式と一休の料金比較をしていきます!

 

料金比較の条件はこちらです↓

  • [日曜→月曜] 【胡蝶】のお部屋に2人で宿泊(2人分の夕朝食付き)
サイト 料金 URL
公式 187,300円 あさば旅館 | 公式
一休 185,430円~ 【あさば】[一休.com] 

 

あさば(伊豆・修善寺)は、公式の予約料金が格安ということが分かりました!

一休と比べて、公式の方が2,000円弱の格安です!

ただし、日付や他の条件によって変わってきます。

 

公式サイトって高いイメージがあるのでつい、確認せずに他のサイトで予約しちゃうことってよくあります。

一休のサイトもクーポンの配布やキャンペーン、早割のプランがあることもあるので、あさば(伊豆・修善寺)に宿泊される方は、念のため、公式と一休、両方確認してみてくださいね。

以上宿泊予約、格安料金の比較まとめでした♪

 

 

あさば(伊豆・修善寺)の駐車場・アクセス・電話番号・送迎情報|チェックインは14時30分からで、チェックアウトは11時30分までOK!

 

ここからはあさば(伊豆・修善寺)の駐車場・アクセス・電話番号・送迎情報・チェックイン・チェックアウトをお伝えします!

ここをチェックしとけば、「道に迷ったけど電話番号が分からない!」「駐車場はどこ?」「チェックイン・チェックアウトは何時だっけ?」と迷うことがありませんよ!

 

あさば(伊豆・修善寺) 住所と電話番号

まず、あさば(伊豆・修善寺)の、住所と電話番号はこちら!

〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1
電話番号:0558-72-7000(代)
FAX:0558-72-7077
MAIL:info@asaba-ryokan.com

 

もし、向かっている最中に道に迷った!?なんてことがあれば、迷わず上の電話番号に電話しましょう。

また、お困りごとがあったときも、上の電話番号に電話してくださいね!

あさば(伊豆・修善寺)のアクセスを紹介していますので、事前にチェックしておけば安心ですよ♪

こちらの地図の住所をアクセスの参考にしてくださいね!

 

 

 

あさば(伊豆・修善寺)へのアクセス

あさば(伊豆・修善寺)へのアクセスは、車か、電車でのアクセスになります。

あさば(伊豆・修善寺)へのアクセス情報はこちらです♪

 

【車でのアクセス】

東名高速沼津ICより、伊豆縦貫道から伊豆中央道の修善寺まで約40分。(東京-沼津IC 約60分)

こちらの交通案内を確認しておくとアクセスしやすいですよ → 交通案内(PDF)

 

【電車でのアクセス】

■JR東京駅-特急踊り子号で約120分終点修善寺駅下車-修善寺駅よりタクシーで約7分

■JR東京駅-新幹線で約45分三島駅下車-私鉄伊豆箱根鉄道で約35分終点修善寺駅下車-タクシーで約7分

 

あさば(伊豆・修善寺)の送迎について

「あさば(伊豆・修善寺)までの送迎はあるのかな?楽ちんだから送迎してほしいな~」

駅から旅館への送迎バスがあると便利ですよね!

残念ながら、あさば(伊豆・修善寺)は送迎バスの運行をしていません。

送迎の代わりにタクシーで送迎してもらった時の料金と時間をご紹介します。

 

修善寺駅からタクシーで送迎してもらった場合
料金:約1,240円
時間:約7分

三島駅からタクシーで送迎してもらった場合
料金:約7,300円
時間:約40分

 

あさば(伊豆・修善寺)の駐車場について

車やレンタカーでを旅行される方も多いのではないでしょうか。

しかし、困ってしまうのが駐車場問題だと思います。

「着いたけど駐車場どこ!?」

と、焦って駐車場を探すのではなく、事前に駐車場チェックしておけば駐車場問題に困ることはありませんよ!

あさば(伊豆・修善寺)は専用駐車場が用意されています。

駐車場情報はこちら♪

 

料金
宿泊者無料
駐車時間
宿泊期間中
駐車スペース
制限なし
駐車場台数
12 台 屋外
バレーサービス
なし

宿泊中は駐車場が無料なのはありがたいですよね♪

また、駐車場が満車の場合は、近隣の駐車場を案内してくれるので心配いりませんよ。

 

チェックアウト・チェックインについて

「チェックイン・チェックアウトって何時だっけ?」あるあるだと思いますのでご案内しますね!

 

チェックイン14:30 チェックアウト11:30

 

チェックインは14:30で少し早く、チェックアウトは11:30と少し遅い時間ですね。

ランチして一休みしたい頃にチェックインして、朝はゆったり過ごしてチェックアウトできますね。

事前にプラン詳細のチェックイン・チェックアウト時間を確認しておきましょう!

チェックイン・チェックアウトも覚えておくとスムーズですよ♪

 

以上駐車場・住所・アクセス・電話番号・送迎情報、チェックイン・チェックアウトについてのまとめでした。

 

 

あさば(伊豆・修善寺)の能舞台やサロンなど、その他施設をご紹介!

あさばサロン

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)は、ゆったり落ち着けるサロン幻想的な能舞台があります。

では、さっそくあさば(伊豆・修善寺)のサロンと能舞台をご紹介します。

 

サロン

 

あさば(伊豆・修善寺)のサロンでは、池のほとりで、アートブックを読んだり、挽きたてのコーヒー、紅茶、各種ドリンクを楽しむことが出来ます。

まるで高級ホテルのラウンジのように過ごせる空間となっています。

サロンには、スタッフは常駐していませんが、電話をすればすぐに対応してもらえ、アルコール等も注文できます。(アルコールは有料)

是非サロンに立ち寄ってみてくださいね♪

 

あさば(伊豆・修善寺) サロン

サロン場所:1階
サロン利用時間:AM6:00〜AM11:30 PM2:30〜PM11:00

 

能舞台

 

旧大聖寺藩主、前田利鬯子爵より寄進された能舞台「月桂殿」は、あふれる緑の山々に抱かれ、600坪の池へと橋懸かりをのばす幻想的な姿を見せてくれます。

美しい能舞台は時間を忘れて見入ってしまうほどですよ。

名だたる芸術家による能、狂言などの公演が催される「修善寺藝術紀行」も開催されます。

能舞台の詳しい公演情報はこちらです↓
伊豆・修善寺 あさば旅館|能舞台 

 

サロンと能舞台で充実した旅が楽しめますよ。

以上サロンと能舞台のまとめでした。

 

あさば(伊豆・修善寺)お土産やグッズについて

あさばお土産

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)では、旅の思い出になるお土産屋さんがあります。

大切な方への贈り物にしたいこだわりのお土産が揃っていますよ♪

 

あさば(伊豆・修善寺)に宿泊して結婚式で利用したくなったら…。【ウエディング情報】

あさば結婚式

画像出典:あさば(伊豆・修善寺)

 

あさば(伊豆・修善寺)で結婚式がしたい!」「あさば(伊豆・修善寺)の結婚式ってあこがれる!」

そんなあなたのために、あさば(伊豆・修善寺)の結婚式についてご紹介します。

あさば(伊豆・修善寺)の結婚式は、加賀前田家ゆかりの水に浮かぶ能舞台「月桂殿」にて執り行います。

神前式だけでなく人前式も可能。

あさば(伊豆・修善寺)の結婚式は、祝いの鼓、笛の音が響く中、花嫁を乗せた舟がゆっくりと石舞台で待つ花婿のもとへ向かいます。

「和」の神髄を極めた結婚式は最高の思い出になることでしょう。

こんな素敵な結婚式、あこがれちゃいますね♪

また、結納のみ、挙式のみ、披露宴のみ、貸切(1泊2日付き)もあります。

結婚式の申し込みはこちら↓
伊豆・修善寺 あさば旅館|結婚式

以上結婚式についてのまとめでした。

 

あさば(伊豆・修善寺)の記事をお読みいただきありがとうございました。

いかがでしたか?ホテルとは違う魅力がありましたよね。

高級ホテルに泊まるのも素敵ですが、あさば(伊豆・修善寺)のような高級老舗旅館にも一度は宿泊してみたいですよね♪

 

評価
0 コメント
インラインフィードバック
レビューをすべて表示
0
レビューする!x
()
x