リバーリトリート雅楽倶のロビーの画像

リバーリトリート雅樂倶の宿泊記ブログが必見!ランチ・レストランの口コミは評判上々!

「リバーリトリート雅樂倶に泊まってみたいけど、絶対に失敗したくない!」

「フレンチが有名って聞いたんだけど、どんなお料理が提供されるんだろう?」

「ラグジュアリーホテルだと子連れで利用は難しいかな?」

 

リバーリトリート雅樂倶に泊まりたいけど詳しい情報がなくて、具体的に宿泊するイメージが出来ないですよね。

そんなリバーリトリート雅樂倶に泊まって100%満喫したいアナタのために、旅ソムライターyacchinがリバーリトリート雅樂倶を大解剖しちゃいます♪

 

リバーリトリート雅楽倶のロビーの画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

リバーリトリート雅樂倶のフレンチレストランと言えば、谷口シェフの「レヴォ」が有名だったと思うのですが、2020年2月に「Tresonnier トレゾニエ」として、リニューアルオープンしています♪

 

こちらの「トレゾニエ」は、谷口シェフが独立したことに伴い、スーシェフだった田中さんがシェフとなり誕生したフレンチレストランです。

 

谷口イズムを引き継ぎつつも、現シェフの色が重なりあったレストランにグレードアップしていました。

そのため、レストラン重視で旅館選びを検討されているアナタには、おすすめのホテルと言えます♪

「朝食」「ランチ」「夕食」の詳しい情報は後程ご紹介しますね☆

 

また、リバーリトリート雅樂俱はスモールラグジュアリーホテルで、別名「アートの宿」とも呼ばれています。

その名の通り、館内には300ものアート品を時期に合わせて変更しているようです。

さらに、リバーリトリート雅樂倶の部屋数は23部屋のみで、一部屋ずつすべてコンセプトが違います。

 

そのため、何度泊まりに行っても新しい発見が出来るので、リピート宿泊したくなっちゃうこと間違いなしです♪

 

でも、ラグジュアリーホテルと聞くと、子連れには不向きかも。。。

と考えたアナタ!そんなことはありませんでした。

 

宿泊記ブログでも記載されていましたが、子連れにも安心のサポートがきちんとあります☆

後程、詳しくご紹介しますね♪

 

レストラン」や「部屋」「実際に宿泊した方の宿泊記ブログ」の他にも、「アメニティ情報」や「スパ」!

ウエディング情報」や「周辺観光」まで徹底解剖していきますので、是非、最後までお付き合いください♪

 

 

目次

リバーリトリート雅樂倶の宿泊記ブログが必見!実際に泊まった方の口コミ評判レビューも紹介!

宿泊記ブログまとめ

まずは、宿泊記ブログをご紹介していきますね☆

「旅ソム」ライターyacchin的おすすめ宿泊記ブログを4つご紹介します♪

 

1つ目の宿泊記ブログ

b_bさん

2泊3日で宿泊した方のブログであやめの間に宿泊した宿泊記ブログ!

2つのレストラン(和食と洋食)のレポートやチェックイン~チェックアウトまで細かく写真付きで紹介してくれています。

 

b_bさんのブログの中に、ホテル内の情報がすべて詰め込まれていましたので、宿泊前には是非ともご確認を☆

また、宿泊予約は「一休.com」さんで予約をしていたので、「一休.com」の特典も合わせて確認することが出来ます。

 

2つ目の宿泊記ブログ

タコマ キシダ ブログ レストラン「Tresonnier 」編

レストラン「Tresonnier ~トレゾニエ~」の料理を一品ずつわかりやすく解説されている宿泊記ブログ。

「トレゾニエ」の、コース料理の内容について公式ホームページ内では詳しい情報が載っていませんでした。

そのため、料理情報を詳しく知りたい方は是非とも確認してくださいね♪

 

3つ目の宿泊記ブログ

ぴかぴかホリデー

2019年10月に子連れで宿泊した宿泊記ブログです。

子供用のアメニティやお子様メニューについてを詳しく紹介されています。

子連れ旅行を検討されているアナタ!是非とも一読を♪
 ※コロナ前に宿泊しているブログですので、一部サービス内容は変わっていますので、ご注意ください。

 

4つ目の宿泊記ブログ

おいしいもの、たのしいもの、べんりなもの、すてきなたびのブログ

3歳と10か月の子供と一緒に宿泊した方の宿泊記ブログです。

レストランや客室内で子連れの方へのサービス内容が分かりやすくまとめられてました☆

 

4つの宿泊記ブログはいかがだったでしょうか?

宿泊記ブログを見ただけでも、リバーリゾート雅樂俱に泊まる想像が出来ちゃいましたね♪

 

実際に泊まった方の口コミ評判レビュー

リバーリトリート雅楽倶のアートの画像

 

宿泊記ブログと合わせて、確認してもらいたいのが実際に泊まった方の「口コミ評価」です♪

 

どんな口コミ評判なのか紹介していきますね☆

  • 1日中居ても飽きない
  • 部屋も料理も素敵
  • ご飯が非常に美味しい
  • 景色がすごく癒された
  • お土産が充実していない

 

ほとんどの口コミでは、「部屋も料理も素敵」「景色が凄くて癒された」「1日中居ても飽きない」という評判でした。

一つだけ、気になる口コミが「お土産が充実していない」というものでした。

実際にはどうなのでしょうか?

 

それでは、「旅ソム」が厳選したリアリティたっぷりの口コミ評判をご確認ください☆

評価: 
星5つの顔

夫と2人で行きました。
周辺にお店や観光出来るところがないので、チェックインをしたらチェックアウトまでホテルに滞在している方が多いです。
そのためか、フリードリンクや美術品が充実しており、1日中居ても飽きませんでした。
2人部屋でお風呂のない、リゾート感溢れるお部屋にしました。
お風呂はありませんが、地下に温泉があるので問題ありません。
今回はコロナ禍ということで、サービスの色浴衣の着付けがなかったのが残念でした。
借りることは出来るので、個人で着付けが出来る方は借りていました。
ロビーと温泉の待合場にフリードリンクがあります。
フリードリンクが富山のお水や八尾の牛乳、高そうな紅茶やコーヒーなどがあり、どれも飲み放題だったのでゆっくりと過ごすことが出来ました。
ロビーはガラス張りのため、外の景色を見ることが出来ます。
ちょうど雪が降っており、ぼーっと眺めながら過ごす時間もよかったです。
ディナーは和食かフレンチ、朝食は和食です。
フレンチでも宿泊者は浴衣のまま食事を出来ます。
レヴォからトレゾニエに変わり、奇抜さは減りましたが地元の食材を使っておりとても美味しかったです。
朝食にもお米から全て拘っていて、朝からボリュームのある食事がいただけます。
お米が美味しいのでたくさん食べる方が多いです。
接客も問題なく、部屋も料理も素敵でした。
ただ、お土産が充実していないので、大人数にばらまける様なお土産があるといいと思いました。

[2020年12月]

評価: 
星5つの顔

このホテルに関しては私が元妻と結婚式を行ったホテルですので、鮮明に色々と覚えています。
泊まったのは結婚式当日に一泊で妻と二人で泊まりました。
ほぼホテルを貸しきりにして結婚式を行ったということもあり、部屋も最高レベルのスイートルームだった記憶があります。
よかった点はご飯が朝御飯から非常に美味しくて、こんなにおしゃれな朝御飯があるのか?というほどの印象でしたし、漬け物や梅干しなどもお洒落で非常においしかったです。
ダメだった点は特にないのですが、お風呂に入る際の入り口に受付の女性が二人おり、若い女性のかたなので少しお風呂に入るのが緊張してしまったぐらいです。
より良くするためには、今のように部屋数を少なく限定した経営を継続し続けて、更にはもっと交通の便をよくするために、バスやリムジン送迎などを増やすべきかな?と感じます。正直ここに勝るホテルには未だ遭遇してません。

[2018年05月]

評価: 
星4つの顔

夫婦で訪れました。
ジャグジー付きの温泉のお部屋。
目の前がホテルの名前の通り「川」のため、正面がガラス張りで明るく、開放感があります。
ただ、時折川の向こう側の道路を車が通るため、あちらから見えるのではないかと少し気になりました。
何か工夫があると安心すると思います。
食事がお部屋で、というわけにはいかず、またよくある半個室のような食事処ではなく、ドレスコードを気にするようなレストランのため、せっかく温泉に入りゆっくりしたところで、改めてメイクと着替えが必要なことが連泊すると面倒になりました。
全体的に良いホテルだと思いますが、食事のことを考えると、私には親子や気のおけない友人との旅行には不向きだと思います。

[2003年08月]

評価: 
星3つの顔

女性と二人で日ごろの疲れを癒すために行きました。
部屋の感じはスイートではないですが少しグレードが高い部屋に泊まったと記憶しています。部屋から見る景色は凄く癒されました。
ホテル自体が大自然の中にぽつんと建っている感じなので当然ですが、川のせせらぎが少し涼しくしてくれた思い出があります。
アメニティは色々ついていてグレードが良いだけあって彼女も満足していました。
自分にしては奮発して泊ったので、全体的に満足のレベルが高かったこともあり、普通に感じました。
ホテル自体新しく清潔な感じで少しモダンなデザインの場所だったと思います。
そんなところだったので特に良かったと思う点を上げたいと思います。
まずお風呂です。
備え付けの風呂自体も悪くなかったですし、大浴場の露天風呂も景色と相まって満足できるものでした。
次に食事です。
一つ一つは多くないですが、色々出てくるので結構食べ応えがある創作系のご飯でした。味ももちろん悪くないですし、見栄えや器にもこだわりを感じました。
悪かった点は特には無かったと思います。
接客もしっかりしていましたし、不快感を感じることは特にありませんでした。
目的がのんびりすることだったので悪くないですが、ホテル周辺に何もないのでホテルで寛ぐ以外することがありませんでした。
もっと何か一つ特色があればと思います。

[2016年08月]

※一部、口コミを集めた年月になります。
※当サイトが独自に集めた口コミです。
コピーする際は、引用リンクをお願いします。

 

実際の口コミ評判はいかがだったでしょうか?

 

実際の口コミ評判の中には、「フリードリンクや美術品が充実しており、1日中居ても飽きない」という口コミ評判が!

更には「料理も部屋も素敵」だったり、「景色が凄くて癒された」という口コミばかりで、泊まった方の満足度が伝わってくるものでした☆

 

ただ、一つだけ気になる口コミがありました。

それは、「お土産が充実していなくて、大人数にあげれるお土産がない」という口コミ評判でした。

 

後から詳しくご紹介しますが、リバーリトリート雅樂俱のお土産屋さんは「モノづくりの地富山ならではの逸品」をメインに展開しいるため、大人数向けのお土産はほとんど用意されていません。

 

そのため、リバーリトリート雅樂俱内のショップでは、こだわりのお土産をこうにゅうし、大人数向けのお土産は駅などのお土産屋さんで購入するようプランニングする事をおすすめします☆

 

 

リバーリトリート雅樂倶の料理・食事のメニューが素敵!朝食・ランチ・夕食の口コミ・料金まとめ【フレンチあり】

次にご紹介するのは、リバーリトリート雅樂俱のレストランについて!

 

ホテル内レストランはこちらの2店舗がありました☆

  • 樂味
  • Tresonnier ~トレゾニエ~

 

「樂味」は和食を提供しているレストランで、季節を彩る地元食材を「アートの宿」の名にふさわしい、こだわりぬいた器で楽しむことが出来ます。

 

「Tresonnier ~トレゾニエ~」はフレンチレストランで、シェフが自ら生産者の所を訪ね選りすぐった食材を、こだわりぬいた器で楽しむことが出来ます。

 

どちらのレストランも地元食材を「和」「洋」にアレンジしてくれるので、富山の魅力をたっぷりと堪能することが出来ますね☆

 

それでは、1店舗ずつ詳しくご紹介しちゃいます♪

 

樂味

リバーリトリート雅楽倶の樂味の画像

 

樂味は「樂しみ、味わう」をコンセプトにしています。

そのため、地元食材を「アートの宿」にふさわしいこだわりの器で提供されるので、目でも舌でも楽しむことが出来るのです☆

 

営業時間は「朝食」「ランチ」「夕食」の時間帯で営業しています☆

どの時間帯も前日までの完全予約制!レストランのみの利用もOKでしたので、ご予約は忘れずに!

 

営業時間

朝食:7:00~9:30

ランチ:11:30~/12:00~/12:30~

夕食:18:00~/19:00~

 

朝食

富山産有機棚田米を炊きたての状態で提供されている朝食です。

しかも、土鍋で炊いているご飯なので何杯でも食べちゃいそう!

ご飯がすすむおかずと共に是非ともご賞味ください♪

 

ランチ

ランチは、前肴から甘味まで地元食材とこだわりの器で堪能できる「和懐石」!

料金形態は8,800円/12,100円/17,600円3パターンありますので、ご予算に合わせて選べます♪

 

夕食

夕食は定番の「和懐石(17,600円)」や「飛騨牛特別懐石(22,800円)」「季節の美食特別懐石(22,800円)」が提供されています。

 

「飛騨牛特別懐石」はA5ランクの飛騨牛を季節の野菜と一緒にしゃぶしゃぶで楽しめるコース。

「季節の美食特別懐石」は料理長が厳選した季節の食材を楽しめるコース。

 

さらに、富山の地酒を中心とした日本酒やジュースなど、料理にピッタリのドリンクをスタッフさんがセレクトしてれます☆

すてきなサービスがたくさんあるリバーリトリート雅樂俱ですね♪

 

さらにさらに、「樂味」には、個室も用意されていました☆

子連れの方は、この個室でお食事を堪能できるようです。プライベート空間を用意してもらえるとホッとしますよね♪

 

個室は一覧はこちら

  • 風彩 定員6名
  • 水彩 定員4名
  • 光彩 定員6名
  • 真朱 定員12名
  • 多目的ホール 朱砂

 

樂味の口コミ

樂味については、以下のような口コミ評判がありました☆

  • 美味しい
  • 上品な和食
  • 最高レベルの料理
  • 量が控えめ

 

美味しい」「味が上品」という口コミがほとんどな中、「量が控えめ」に感じて、「若いと足りないかも?」という口コミ評判もありました。実際にどうなんでしょう。
「樂味」単独での口コミ評判はなかったため、リバーリトリート雅樂俱の口コミ評判の中からピックアップしました。
Googleマップ内の口コミに7つほど口コミ評判がありましたので、まずは実際の口コミ評判をご確認ください♪

★★★★☆

自分的レイティングは、4.8。 気にいってリピートしています。
建物をぐるりとまわる散歩道、館内の至る所に飾られた美術品の鑑賞も楽しく、ディナーの和食もフレンチも美味しくいただきました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

温泉つきの部屋が気に入って、何度か利用しています。食事もフレンチも和食も美味しいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

神通川ほとりの長閑なホテル。 現代アートが散りばめられており、ライブラリーまで備わっているホテルは館内でずっと過ごしていられます。
バーや温泉、エステも充実しており、近くの公共施設にはアスレチックジムもあります。 (部屋にはお風呂が付いていません)
フレンチレストランと和食のお店があり、どちらも最高レベルのお料理。 当然のことながらスタッフのホスピタリティも最高でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

館内は手入れが行き届いて清潔ですし、スタッフの方も柔らかな接客でとても好感がもてます。
夕食は和食にしました。お出汁がきいていておいしいけれど、少し薄めの味付けに感じたのと、量が控えめだと思いました。若い方だとたりないかも?すごく上品な和食。
ぜひまた行きたいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

素晴らしいホテル、洗練された内装、客室。
朝食の和食、これも素晴らしい、申し分無し(^^)

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

館内も温泉やスパも清潔感があり良かったですが、夕食と朝食で頂いた日本料理には感動しっぱなしで職人による丁寧な仕事が感じられた。
特に土鍋で炊いたふっくらした栗ご飯は忘れられない美味しさでした。
来年もまたお伺いしたいです! ありがとうございました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

静かな時間がゆっくり流れていく、至福の宿。和食処は、思考が凝っててスッゴク美味しい❤

—— GoogleMapの口コミ

実際の口コミ評判はいかがだったでしょうか?

 

やはり、「味がおいしい」「感動した」「上品な味」「思考が凝っていてすごくおいしい」という口コミばかりでしたね☆

その中で、確かに「量が控えめ」だから「若い方だと足りないかも?」という口コミがありました。

 

こだわりの地元食材&器を使った懐石料理なので、量より「」を重視していることが分かりますね。

足りないと感じそうな方は、チェックイン前にコンビニ等で調達するとよさそうです☆

公式ホームページには公に記載はされていませんが、持込OKのようです。

Tresonnier ~トレゾニエ~

リバーリトリート雅楽倶のトレゾニアの画像1
2020年2月にリニューアルオープンをしたばかりのレストランです。
「トレゾニエ」の前は「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも紹介された、谷口シェフ率いる「レヴォ」というお店でした。
※今は、利賀村にオーベルジュとして移転OPENしています。

 

そんな「レヴォ」でスーシェフを務めていた田中シェフが、谷口イズム&田中カラーを融合させて出来たのが「トレゾニエ」!

 

そう聞くと、トレゾニエのコンセプト気になりますよね♪
「トレゾニエ」とは季節の最上の食材「Tresonnier(季節の宝)」を大切にしていきたいという願いが込められた名称!
「最上の食材という宝を、旬の時期に食べてパワーをもらう」というコンセプトがあるようです♪

 

選りすぐりの食材とこだわりの器が合わさる事で料理の魅力がさらに際立つこと間違いなし!
私も、一度味わいたいレストランリストに仲間入りしました♪

 

営業時間は2021年12月現在は夕食のみで、ランチ営業はしていませんでした。

今後の状況などによっては、ランチの営業が再開する可能性がありますので、公式ホームページを随時チェックしてみてください!

 

ランチについては、公式ホームページ内に詳しい情報が載せられてはいませんでした。

しかし、夕食がシェフお任せのこだわりコースであることを考えると、ランチも同様にこだわりが詰まったメニューになっていること間違いなしですね♪

 

ランチの再開が待ち遠しいです!

樂味と同様で、前日までの予約制です☆

宿泊者以外でも利用可能ですので、予約をお忘れなく♪

朝食:なし

ランチ:2021年12月現在ランチ営業無し

夕食:18:00~/19:00~

 

メニューも気になりますよね♪

ランチ

今現在は、ランチ休止中だったので、細かい食事メニューは載っていませんでした。。。

残念ですが、再開を楽しみに待ちましょう♪

 

夕食

コースは1種類のみで、シェフが選りすぐった旬の食材をコース料理で味わえます☆

料金は17,600円!

 

リバーリトリート雅楽倶のトレゾニアの画像2

 

Tresonnier トレゾニエの口コミ

Tresonnier トレゾニエについては、以下のような口コミがありました。

  • 本当に美味しかった
  • 全てが一流

 

口コミは新しいレストランという事もあり、まだ少なく3つのみ掲載がありました☆

その口コミはすべて良いものばかりで、「本当に美味しい」や「全てが一流」というものです。

ではでは、実際の口コミ評判をご確認ください♪

★★★★★

地域の野菜や新鮮な富山の海産物をいろんな形にお皿に載せてます。
野菜の旨みを引き立てたソースは本当に美味しかったです。
少しコースの種類が多い気もしましたが、いろんなお料理が食べれる楽しみがありました。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

全てが一流で素晴らしいです。 季節の食材が生かされています。
LEVOとメニューも味も大差は感じられませんでした。
交通が非常に不便なことなど考慮すると トレゾニエさんの方が好きですね。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

素晴らしいフレンチを提供してます 感動しました!

—— GoogleMapの口コミ

いかがだったでしょうか。

 

実際の口コミ評判を見ても、やはり「本当に美味しい」「全てが一流」「季節の食材が生かされている」というものばかりでしたね。

 

リバーリトリート雅樂俱に宿泊したときは「樂味」「トレゾニエ」どちらにするか迷っちゃいますね♪♪

 

リバーリトリート雅樂倶の部屋のおすすめは本館ラグジュアリースイート!アメニティの持ち帰りは一部可能!

客室タイプ一覧|部屋のおすすめは本館ラグジュアリースイート!

リバーリトリート雅樂俱は部屋数は23部屋と多くないのですが、すべての部屋にコンセプトがあり、同じ部屋が1つもありません。

そうです!最低23回は泊まりに行かなきゃ!なのです♪

 

部屋の名前はこちら♪

  • 本館ラグジュアリースイート
    • 胡蝶の間(こちょう)
  • 新館ラグジュアリースイート 温泉付
    • 恋花の間(れんか)
    • 幻樂の間(げんがく)
  • 新館プレミアスイート 温泉付
    • 響の間(ひびか)
    • 風沙の間(ふうしゃ)
  • 新館ラグジュアリースイート
    • 胡桃の間(くるみ)
    • 想紅の間(おもくれない)
  • 新館プレミアスイート
    • 白桜の間(しろざくら)
    • 白橡の間(しろつるばみ)
  • 本館プレミアスイート
    • 優婉の間(ゆうえん)
    • 優雅の間(ゆうが)
  • モダンスイート
    • 月の間(つき)
    • あやめの間
    • 影向の間(ようごう)
  • デラックス
    • ニューベーシックの間
    • 風の間(かぜ)
    • 鶯の間(うぐいす)
    • くりの間
  • スタンダード
    • イギリスの間
    • デンマークの間
    • ラグの間
    • アジアの間
    • ギリシャの間

 

「胡蝶の間」はリバーリトリート雅樂俱の中で最上級のお部屋!車椅子でも宿泊できるよう配慮されているのも魅力的です。

「響の間」は和室と洋室の融合が見事な和洋室ルームで、客室でも温泉を楽しめます。

「アジアの間」はスタンダードルームながらも、竹を所々に利用したアジアの香りを楽しめるお部屋です。

 

さらに、客室に温泉がついているお部屋では、青森ヒバを使用した和風呂を堪能できます♪

その、青森県産ヒバ材の浴槽に、美肌の湯として知られる春日温泉が引かれています。

お部屋でも美肌の湯にはいれるなんて。。。素敵すぎます、リバーリトリート雅樂俱!

 

では、一部屋ずつご紹介しますね♪

 

本館ラグジュアリースイート

リバーリトリート雅楽倶の胡蝶の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

301号室 胡蝶(こちょう)の間 

客室面積 140㎡+バルコニー・定員 5名

朱赤の壁が特徴的で、至ることろにアート作品がちりばめられています。

また、車椅子で滞在できるように配慮されているのも魅力の一つと言えますね♪

 

新館ラグジュアリースイート 温泉付

リバーリトリート雅楽倶の恋華の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

111号室 恋華(れんか)の間

客室面積 約150㎡+テラス・定員 7名

深みのある赤が美しいか林材を使用したシックと優美さが融合された極上のお部屋

青森ヒバ材の浴槽の温泉付ルームです☆

 

リバーリトリート雅楽倶の幻樂の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

113号室 幻樂(げんがく)の間

客室面積 150㎡+テラス・定員 7名

和室2部屋とシックな家具で統一されているリビングルームがある和洋室のお部屋。

また、部屋からは庭のアート作品も眺めることが出来ます♪

 

新館プレミアスイート 温泉付

リバーリトリート雅楽倶の響の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

112号室 (ひびか)の間

客室面積 115㎡+テラス・定員 4名

白と黒のコントラストが美しく、現代建築を切り取ったような客室で、和室も現代的な和洋室の客室。

こちらでも、青森ヒバ材の浴室の温泉付きルームです♪

 

リバーリトリート雅楽倶のふうしゃの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

114号室 風沙(ふうしゃ)の間

客室面積 115㎡+テラス・定員 4名

昔ながらの日本家屋のような客室で障子から差し込む優しい光が何とも言えません

和室でありながら、和ベッドも完備されています♪

 

新館ラグジュアリースイート

リバーリトリート雅楽倶の胡桃の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

211号室 胡桃(くるみ)の間

客室面積 150㎡+バルコニー・定員 7名

その名の通り、くるみ材を使用した客室で、くるみ材の特徴である優しい木目が美しいお部屋です。

また、バスルームに設置されているジャグジーはJAXSON社!贅沢ですね♪

 

リバーリトリート雅楽倶のおもくれないの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

213号室 想紅(おもくれない)の間

客室面積 150㎡+バルコニー・定員 5名

和洋室のお部屋ですが、「和室」も「洋室」も風格あるお部屋となっています♪

また、お部屋に「ドライサウナ」付きなので、サウナ好きの方には是非ともおすすめの一部屋です☆

 

新館プレミアスイート

リバーリトリート雅楽の白桜の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

212号室 白桜(しろざくら)の間

客室面積115㎡+バルコニー・定員 4名

お部屋の名前の通り、木材は白桜の木を使用していてその他の家具等は白ベースのお部屋。

明るい光が広がるナチュラルモダンなお部屋です♪

 

リバーリトリート雅楽倶の白橡の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

214号室 白橡(しろつるばみ)の間

客室面積115㎡+バルコニー・定員4名

白橡の木を使用したお部屋で、木などの自然な色合いが何とも落ち着きます。

和室には、書道セットが用意されているので、書道好きの方におすすめのお部屋です

 

本館プレミアスイート

リバーリトリート雅楽倶のゆうえんの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

201号室 優婉(ゆうえん)の間

客室面積100㎡+バルコニー・定員4名

1段高くなった畳の間はリビングルームにいながら和の空間を体感できるお部屋。

「洋」も「和」も同時に体感出来るなんて贅沢な空間ですね☆

 

リバーリトリート雅楽倶の優雅の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

202号室 優雅(ゆうが)の間

客室面積100㎡+バルコニー・定員5名

客室のコンセプト通りのお部屋!

和室で優雅にお茶を飲むもよし、窓際で景色を眺めながら優雅に読書するもよしです☆

 

モダンスイート

リバーリトリート雅楽倶の月の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

303号室 (つき)の間

客室面積 72㎡+バルコニー・定員3名

ベッドルームとリビングルームの間の仕切りがしけ絹が美しいお部屋

リバーリトリートでは珍しい洋室のみの客室です☆

 

リバーリトリート雅楽倶のあやめの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

307号室 あやめの間

客室面積72㎡+バルコニー・定員4名

洋室は黒を基調にしたモダンシックな雰囲気のお部屋で、和室はあやめ色。

「和」「洋」どちらもシックでモダンなお部屋で「ゆったり」「のんびり」かつ「優雅」に過ごせます☆

 

リバーリトリート雅楽倶のようごうの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

308号室 影向(ようごう)の間

客室面積 80㎡・定員 4名

墨色の石材で統一されたスタイリッシュな洋室のお部屋

墨色の床に映える白のソファーで景色を見ながらくつろぐと日ごろの疲れが吹っ飛んでしまいますね☆

 

デラックス

リバーリトリート雅楽倶のニューベーシックの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

210号室 ニューベーシックの間

客室面積50㎡・定員 3名

部屋の扉を開けると北欧にワープしたような感覚になるお部屋。

モダンで落ち着きのあるお部屋で、美味しいお酒を飲むと癒されること間違いなしです☆

 

リバーリトリート雅楽倶の風の間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

302号室 (かぜ)の間

客室面積 55㎡+バルコニー・定員 2名

客室にある大きな窓を開けると、美味しい空気が部屋を通り抜ける造りの客室

そんな空間で2名でゆったりと過ごす事で特別な時間を楽しむことが出来ますね☆

 

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

305号室 (うぐいす)の間

客室面積 55㎡+バルコニー・定員3名

「洋」の寝室と「和室」の間を区切る扉は朱赤色がアクセントになっているお部屋。

朱赤の扉を開けて、寝室から外を眺めると巣箱から外の景色を眺めているような気分を味わえます☆

 

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

306号室 くりの間

客室面積 55㎡+バルコニー・定員 3名

くりの木を使用した和洋室のお部屋。

くりの木と優しい光が差し込むお部屋で朝を迎えると、爽やかな1日を過ごせること間違いなしです☆

 

スタンダード

リバーリトリート雅楽倶のイギリスの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

204号室 イギリスの間

客室面積 33㎡+バルコニー・定員 2名

お部屋の扉を開けた瞬間イギリスのお家にワープした感覚になるお部屋。

シンプルながらも上品なお部屋で過ごすことが出来ます☆

 

リバーリトリート雅楽倶のデンマークの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

205号室 デンマークの間

客室面積 33㎡+バルコニー・定員 2名

一つ一つの家具にこだわりのある空間。

間接照明の温かな光とナチュラルで優しい空間で過ごすことが出来ます☆

 

リバーリトリート雅楽倶のラグの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

206号室 ラグの間

客室面積 33㎡+バルコニー・定員 2名

扉を開けた瞬間、南国リゾートにひとっ飛び出来るお部屋。

日本の情緒ある山並みと南国リゾートの融合は非日常空間を演出してくれます☆

 

リバーリトリート雅楽倶のアジアの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

207号室 アジアの間

客室面積 33㎡+バルコニー・定員 2名

壁などに竹を使用した、シンプルながらもシックにまとまったお部屋。

竹を所々に使用した、アジア情緒あふれる空間に癒されること間違いなしです☆

 

リバーリトリート雅楽倶のギリシャの間の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

208号室 ギリシャの間

客室面積 33㎡+バルコニー・定員 2名

大きな窓を開けると風が通り抜けるお部屋。

地中海のエレガントなお部屋をイメージしているので、お姫様気分を味わえます

 

それぞれのこだわりが詰まった23部屋はいかがだったでしょうか?

どのお部屋も、秀逸のお部屋でしたね☆

 

また、お子様の宿泊料金も載っていたのでご紹介します♪

  • 3歳以下の子供 施設使用料 2,200円(税・サ込)

子供用シャンプー類・おむつ用ごみ箱は事前に用意してくれます。

浴衣・パジャマ・ベビーベッド・布団は要望すると用意してくれます。

 

  • 4~12歳の子供 施設使用料 4,620円(税・サ込)

子供用シャンプー類・子供用アメニティ・浴衣・パジャマは事前に用意してくれます。

布団は要望すると用意してくれます。
※中学生以降は大人と同料金になるようです☆

 

子供への配慮もきちんとされているリバーリトリート雅樂俱!本当に素敵です♪

 

アメニティはオリジナルブランド!持ち帰りは一部可能!

次にご紹介するのは、「アメニティ」です☆

 

リバーリトリート雅樂俱では、オリジナルブランドの化粧品(洗顔水・化粧水・美容液)とフレグランスミストが、アメニティとして用意されています。

こちらを、お部屋で使用できるのはもちろんですが、館内ショップでも購入出来るようです。

使用してみて気に入ったら、帰りにショップで購入しちゃってください♪

 

また、お持ち帰りについては、公式ホームページには記載はなかったですが、巾着や歯ブラシ等は持ち帰り可能なようです。

実際に、お持ち帰りを検討しているアナタは、スタッフさんに確認することをおすすめします☆

 

さらに、「男性用・女性用でアメニティの種類が違ったり」、「温泉付客室限定のアメニティが用意されていたり」、「貸し出しアイテムや備品が充実していたり」と、至れり尽くせりでした。

 

お部屋やレスト連で使用しているこだわりの器同様、アメニティもこだわりが詰まっていましたので一気にご紹介しますね☆

 

基本アメニティはこちら

  • 化粧品(洗顔水・化粧水・美容液)・フレグランスミスト
  • オリジナルフェイスタオル
  • 先細歯ブラシ・巾着・黒綿棒

 

男性用・女性用アメニティはこちら

  • 男性用(ヘアコーム&ブラシ・カミソリ・シェービングフォーム)
  • 女性用(ヘアブラシ・コットン)

 

温泉付客室にあるアメニティはこちら

  • シャンプー・トリートメント・ボディソープ
  • バスローブ・各種タオル
    ※バスアメニティは富山のオーガニックブランド(Antianti Organics)が使用されています。

 

貸出アイテムはこちら

  • クレンジング・ボディローション
  • 糸ようじ・シャワーキャップ・ヘアゴム
  • 固形石鹸・マウスウォッシュ・入浴剤
  • 消臭剤・ソーイングセット・携帯充電器・ブルートゥーススピーカー

 

客室備品はこちら

  • オリジナル浴衣&羽織
  • オリジナルパジャマ・足袋・下駄・スリッパ

 

こだわりのアメニティをこだわりの詰まったお部屋で使用すると、幸せな気分になれること間違いなしですね☆

 

オリジナルパジャマやバスローブ・オリジナル浴衣は3種類あり!

こだわりのお部屋・こだわりのアメニティを紹介してきました☆

次に気になるのは、パジャマ類ですよね♪

 

調べてみたところ、リバーリトリート雅樂俱には以下の3種類が用意されていました。

  • オリジナル浴衣&羽織
  • オリジナルパジャマ
  • バスローブ

 

オリジナル浴衣&羽織は着用したまま館内を歩くことが出来、レストランにも浴衣のまま行くことが出来ます。

また、今はサービスは休止中でしたが、浴衣の着付けサービスもありました☆

早く、サービス再開してくれるとよいですね。

 

オリジナルパジャマは上下が離れたパジャマです。

ワンピースタイプだとはだけてしまって苦手。。。という方には嬉しいお知らせですね☆

素材などについては、公式ホームページ内では紹介されていませんでしたが、オリジナルとついていますので、きっと肌触りが良いと予想されます☆

 

バスローブは温泉付客室限定で用意されていました。

富山のオーガニックブランドの商品のようですので、着心地は問題ないでしょう!

 

使用用途に合わせて、3種類の「浴衣」「パジャマ」「バスローブ」が用意されているので、荷物も少なくて済みます!

 

リバーリトリート雅樂倶の日帰りプランの予約は一休含め現在サービスなし!ツアー料金で宿泊ができるのはじゃらんのみ!

日帰りについて

リバーリトリート雅樂俱に宿泊を決めると気になるのは。。。

「日帰りプランってあるのかな?」

「宿泊プランはどこで予約したらお得かな?」

「格安ツアープランってあるのかな?」という疑問!

 

ここからは、「日帰りプラン・宿泊」について「旅ソム」ライターyacchinが徹底解剖していきます☆

 

まずは、日帰りプランについて!

結論から言うと、公式ホームページ・大手旅行会社(一休.com・楽天トラベル・じゃらん)共に、2021年12月現在は日帰りプランを展開はしてはいませんでした。

 

日帰りプランを楽しみにされていた方には、残念なお知らせとなってしまいます。

しかし、「日帰りプラン」がなくてもリバーリトリート雅樂俱は、日帰りで楽しめるスポットがたくさんありました☆

 

Garden Terrace

春から秋にかけて、リバーリトリート雅樂俱のお庭や岸辺では様々な景色を楽しむことが出来ます☆

その景色を見ながらゆったりと、カフェを楽しむことが出来るのです♪

そして、館内カフェやサブロビーでも軽食を堪能できるので、天気の良いひはテラスで!雨の日や冬は館内で是非ご賞味ください♪

 

また、「Garden Terrace」は日帰りで利用可能!

さらに、「Garden Terrace」で軽食を堪能した方は、別途800円で天然温泉に入浴する事も出来ます☆
 ※日帰りの方の大浴場利用可能時間は11:00~15:00となっていました。

 

そのため、公式ホームページなどで日帰りプランがなくても!

「カフェ」で軽食を食べて「天然温泉」に入浴できるので、日帰りプランと同じ充実度と言えるのではないでしょうか♪

 

営業時間やメニューはこちら

営業日:土曜日・日曜日・祝日
※臨時定休日や貸切予約が入っている時もあるので事前に利用可能か確認する事をおすすめします☆

営業時間:10:00~16:00(軽食ラストオーダー14:30)

お食事メニュー(一例)

  • トレゾニエわっぱごはん 1,500円(前日17:00までの予約制 1日10個限定)
  • スープセット 1,300円(スープは日替わりで、2種類から選べます。)
  • お抹茶野点セット 1,200(お抹茶&小菓子セット)
  • オリジナルティーセット 800円(約10種類の茶葉やハーブでオリジナルブレンドティーが作れる)
  • ケーキセット ケーキ代+550円(好きなケーキとオリジナルティーorコーヒーを選べる)

 

館内カフェ施設

リバーリトリート雅楽倶の音色の画像

 

館内には洗練された「茶室」、シックに音楽を楽しみながらカフェが出来るスペース、多彩なジャンルの本を読むことが出来る「ライブラリー」空間が用意されています♪

 

本館1階・2階にあり、その日の気分に合わせて利用することが出来ます☆

 

こちらの館内施設も15:00までは日帰りでお越しの方も利用可能!

15:00以降は宿泊者限定のセルフカフェになるので、日帰りでお越しの方は時間だけ少しだけご注意を♪

 

 

日帰りプランはなくても、15:00までの時間は日帰りの方も十分に楽しめるよう配慮されていましたね☆

 

宿泊について

続いて、ご紹介するのは宿泊について!

 

宿泊プラン

リバーリトリート雅樂俱の宿泊予約プランは「一休.com」「楽天トラベル」「じゃらん」「公式ホームページ」と様々な旅行会社さんがプランを提供していました☆

 

その中でも格安で宿泊できるのは「一休.com」です☆

基本的には、旅行会社大手3社と公式ホームページすべて料金は同じでした。

そのため、残りはポイントバックなどで、どの位還元されるのかによってお得感が変わってきますよね☆

 

その中でも還元率が高かったのが「一休.com」でしたので、ご紹介します♪

一例)) 本館スタンダードルーム(アジアの間)に、大人2名で宿泊の場合。

 

◆基本宿泊料 1名当たり 33,000円(税込)◆

一休.comでは、その場でポイント2%分を利用することが出来ます。

そうすると、1名様当たり 32,340円となり、660円お得になります☆

 

もちろん、よく利用している会社があると、もっと大きな還元があるかもです☆

大手3社と公式ホームページのリンク貼り付けておきますので、よりアナタがお得なプランをお選びください♪

 

ツアー料金プラン

ツアープランについては「じゃらん」のみで、ツアーパックが用意されていました☆

ツアーパックが1社のみだったため、航空券とお部屋を別々に予約した場合と比較してみましたので、参考にしてみてください。

 

旅行プランはこちら

  1. 2022年1月8日出発⇒1月9日帰宅
  2. 羽田空港⇔富山空港
  3. 本館デラックス ニューベーシックの間に1泊宿泊

 

ツアーの場合

じゃらんで予約 1名当たり 76,100円

 

航空券・お部屋を別々に予約の場合

◆航空券(ANA) 片道11,490円※バリュー3を利用の場合

◆お部屋代金 1名当たり 44,330円

合計 1名当たり67,310円
※リバーリトリート雅樂俱の最寄り空港である富山空港はANAのみの乗り入れとなっています。

 

そのため、今回「旅ソム」ライターyacchinが調べた結果では、航空券とお部屋を別々に予約する方がお得でした。

 

しかし、条件やポイント還元など様々な条件によっては、ツアーで予約したほうが絶対的にお得な場合もあると思います♪

「ツアーパック」「ANA」のリンク貼り付けますので、ご参考にして下さい☆

 

リバーリトリート雅樂倶のお土産やグッズについて|おせち情報もご紹介!

リバーリトリート雅楽倶のSHOPの画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

各所にこだわりがつまったリバーリトリート雅樂俱ですが、お土産やグッズにもこだわりがつまっていました☆

おせち情報と一緒に、ご紹介しちゃいます♪

 

お土産・グッズ

お土産やグッズは、リバーリトリート雅樂俱内にあるショップで購入することが出来ます。

お部屋のアメニティとしても使用されている、化粧品(洗顔水・化粧水・美容液)とフレグランスミストや地酒

また、地酒をより美味しくしてくれるおシャレでこだわりのあるグラスなどが販売されています☆

 

モノづくりの地、富山らしい品揃えになっていました。

宿泊してお気に入りの逸品があったら、ショップでも売っていないか足を運んでみることをおすすめします。

 

そして、営業時間は9:00~12:00と15:00~17:30の間で営業していました☆

営業時間が長くはないので、計画的にお土産やグッズを選ぶことをおすすめします♪

 

グッズをリピート利用したいけど、常に買いに行く事はできない。。。

でも、リピート利用したい!とお考えのアナタに、嬉しいお知らせがあります♪

なんと!オンラインショップが開設していて、一部商品はお家にいながら注文することが出来ました☆

 

オンラインショップのリンク貼り付けますね☆

 

 

おせち情報
リバーリトリート雅楽俱では、「樂味」×グランミラージュ×アルテミスのコラボレーションおせちが用意されていました☆
富山や北陸の季節を彩る食材と縁起の良い食材をコラボレーションさせたおせちとなっています♪
こだわりいっぱいのおせち食べてみたいですね。

 

しかし。。。残念なお知らせです。
なんと!今年のおせちの予約が2021年11月29日で完売してしまっていました。残念。。。

 

今年のおせちの内容が公式ホームページに掲載されていたので載せますね☆
来年も全く同じメニューとは限りませんが、イメージを膨らませて来年に備えましょう♪

 

おせちは2種類用意されていました☆
↓おせちメニューはこちら↓

和洋三段重「雅」 4~5人前で40,000円(税込) ~限定100セット~

  • 壱の重 和彩膳所「樂味」~伝統と滋味にひたる~ 全17品
  • 弐の重 グランミラージュ ~新川地区の食材・食文化の発信~ 全18品
  • 参の重 アルテミスのスペシャリテ ~厳選した肉の力~ 全14品

和洋三段重「樂」2~3人前で27,000円(税込) ~限定270セット~

  • 壱の重 和彩膳所「樂味」~伝統と滋味にひたる~ 全17品
  • 弐の重 グランミラージュ ~新川地区の食材・食文化の発信~ 全18品
  • 参の重 アルテミスのスペシャリテ ~厳選した肉の力~ 全14品

 

「雅」も「樂」も中身は同じようで、2~3人前か4~5人前の違いのようですね☆

是非とも、来年の参考にしてみてください。

 

今年のおせちの販売スタートは10月1日~だったようです。

そして、完売が11月29日だったので、来年の10月頃から公式ホームページを確認することをおススメします。

 

リバーリトリート雅樂倶の駐車場・アクセス・住所・送迎情報|チェックインは15時からで、チェックアウトは11時までOK!

宿泊することが決まったら、気になるのは。。。

「駐車場ってあるのかな?」

「アクセス方法や住所が知りたい!」

「送迎ってしてくれるのかな?」という疑問ですよね。

 

ここからは、「駐車場」から「アクセス方法・住所」「チェックイン・チェックアウト情報」まで、詳しくご紹介します☆

 

住所・電話番号

住所:〒939-2224 富山県富山市春日56-2

電話番号076-467-5550

E-mail:info@garaku.co.jp

 

道に迷っちゃった・チェックイン時間について相談したいなど、気になる事が出来たら迷わずご連絡を♪

場所のイメージがしやすいように、Googleマップも貼り付けますね☆

 

チェックイン・チェックアウト

チェックイン:15:00~

チェックアウト:~11:00

 

基本のチェックイン・チェックアウト時間は上記の通りですが、宿泊プランによっては、「アーリーチェックイン(10:00)」や「レイトチェックアウト(12:00)」出来るプランもあります☆

 

先ほどご紹介した、旅行会社さんや公式ホームページのプランで確認してください♪

 

アクセス情報

◆電車・バスでアクセスの場合◆

 

電車でのアクセス

富山駅⇒JR高山本線(約45分)⇒笹津駅⇒徒歩(約15分)⇒リバーリトリート雅樂俱

 

バスでのアクセス

富山駅⇒富山地鉄バス春日温泉行(約40分)⇒春日バス停⇒徒歩(約3分)⇒リバーリトリート雅樂俱

 

電車でアクセスする場合は、最寄り駅の笹津駅からリバーリトリート雅樂俱迄徒歩で約15分ほどかかります。

歩くのがちょっと大変という方は、富山駅から出ているバスを利用するか、笹津駅からタクシーで向かうのも良いかもしれません♪
 ※車で向かうと約2分ほどで到着します☆

 

ただ、笹津駅からリバーリトリート雅樂俱までの道のりは絶景ですので、時間に余裕があって歩くのが大変じゃないというアナタは是非とも徒歩でホテルまで向かってみてください♪

 

◆車でアクセスの場合◆

 

富山駅から約40分

↓行き方はこちら↓

  1. 富山駅を出て500m進み左折して県道208号に入る
  2. 550m進み右折してひまわり通りに入る
  3. 神通大橋西詰交差点を左手前方向に曲がり県道7号 に入る
  4. 荻島交差点を左折して県道200号に入る
  5. 成子交差点を左折して立山山田線に入る
  6. 福居交差点を右折して県道69号に入る
  7. 春日まで来たら右折
  8. 約1分でリバーリトリート雅樂俱に到着

 

Googleマップも貼り付けますので、参考にしてください☆

 

富山空港から約20分

↓行き方はこちら↓

  1. 空港を出て東方向に県道55号を進む
  2. 富山空港前を左折して県道69号に入る
  3. 春日まで来たら右折
  4. 約1分でリバーリトリート雅樂俱に到着

 

Googleマップも貼り付けますので、参考にしてください☆

 

北陸自動車道 富山ICから約20分

 

↓行き方はこちら↓

  1. 富山ICを出て左折
  2. 空港口を右折し県道55号線に入る
  3. 富山空港前を左折して県道69号に入る
  4. 春日まで来たら右折
  5. 約1分でリバーリトリート雅樂俱に到着

 

Googleマップも貼り付けますので参考にしてください☆

 

 

駐車場について

駐車場は施設内に無料の駐車場と50m位離れた場所に約30台位停めれる駐車場があります。

また、施設内駐車場の中には、電気自動車用の16A 200Vの充電スタンドも用意されていました☆

リバーリトリート雅樂俱を利用された方は無料で使えます。

 

時代に合わせた駐車場環境も整えられていてより安心して宿泊出来る事間違いなしですね♪

よりイメージが沸きやすいように、Googleマップから空港写真も添付しますので、参考にしてください。

 

送迎サービスについて

リバーリトリート雅樂俱では、無料送迎と有料の優待送迎のサービスがありました☆

 

無料送迎はこちら

  • 笹津駅⇔リバーリトリート雅樂俱間
  • リバーリトリート雅樂俱→富山駅まで

 

「笹津駅⇔リバーリトリート雅樂俱」間はホテルカーで無料送迎されています☆

 

「リバーリトリート雅樂俱→富山駅」へは、シャトルバスで無料送迎してくれます☆

富山駅へは、1日1便で11:30にホテルから出発します。

 

ただ、リバーリトリート雅樂俱のチェックアウト時間は11:00迄なので、チェックアウト後は送迎バスが出発するまでの間はセルフカフェでゆっくりと過ごす事をおススメします☆

 

有料優待送迎はこちら

  • 富山駅⇔リバーリトリート雅樂俱間
  • 富山空港⇔リバーリトリート雅樂俱間

 

どちらも提携のタクシー会社を利用することで優待料金で送迎してもらう事が出来ます☆

「富山駅⇔リバーリトリート雅樂俱」間でタクシーを利用すると通常は片道約7,000円かかるのですが、優待送迎を利用すると片道3,600円!

 

「富山空港⇔リバーリトリート雅樂俱」でタクシーを利用すると通常は片道約4,000円かかるのですが、優待送迎を利用すると片道2,100円!

 

駅からも空港からも約半額の金額でタクシーを利用することが出来ます☆

素敵なサービスですね♪

 

無料送迎・有料優待送迎共に、前日までの予約制です。

また、宿泊の方のみのサービスになっているので日帰りを検討されている方は公共交通機関を利用するか自家用車で向かう必要があるようです。

 

リバーリトリート雅樂倶には貸切風呂はなし!スパやマッサージ・エステでリラックス!

リバーリトリート雅楽倶には、天然温泉が引かれています☆

温泉が引かれているお宿なら、温泉を楽しまないなんて損ですよね!

 

そうなると出てくる疑問は。。。

「貸切風呂ってあるのかな?」

「スパとかマッサージ施設も併設されてたら嬉しいけどあるかな?」って考えますよね☆

 

結論から言うと「貸切風呂」はリバーリトリート雅楽俱にはありませんでした。

しかし、ホテル内に宿泊者限定のスパや温石ルームが用意されています。

 

ホテル自体、部屋数も少なく宿泊者の人数も限られている為、宿泊者限定となると貸切風呂のような感覚で利用できると思います☆

そう考えると、専用の貸切風呂がなくても問題ありませんね♪

 

ここからは、さらに詳しく貸切風呂に負けない魅力の「宿泊者限定スパや温石ルーム」や「マッサージ・エステ」についてご紹介していきます。

 

宿泊者限定スパ・大浴場について

リバーリトリート雅楽倶の大浴場の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

◆Spring Day Spa~宿泊者専用スパ~◆

温泉に来たら、時を忘れてゆったり・まったりと過ごしたいですよね♪

その希望を叶えてくれるのが「Spring Day Spa」です☆

 

広々としたジャグジーバス・サウナ・露天風呂・仕切り付きのパウダールームが用意されています。

 

「サウナ」はドライサウナが設置されていて、女性の方にはミストサウナもあります☆

これはリフレッシュできますね♪

「ジャグジーバス」水流と気泡が心地よく、ゆったりと大きなバスタブが魅力的です☆

 

「温石ルーム」は麦飯石のベッド1台・ラジウム鉱石のベッド1台が設置されていて、健康や美容のサポートをしてくれます☆

 

こんなに充実した宿泊者専用スパがあれば、貸切風呂にも負けない魅力がたっぷりとつまっていますね♪

 

また、宿泊者はもちろん!日帰りの方も利用できる大浴場も完備されています☆

「アートの宿」のこだわりがこの大浴場にも詰まっていました。

モダンなインテリアを配置した内湯と、絶景と荒々しい赤石のコントラストが魅力的な露天風呂です♪

 

スパ・マッサージ・エステについて

リバーリトリート雅楽倶の薬都逗留スパの画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

「薬都逗留スプリングデイスパ」は立山山麓の豊かな水が育む森林が生み出した和精油と、おりんの音色が融合!

五感を優しく包み込んでくれてリラックス出来る空間になっています☆

 

お部屋は3部屋用意されていて、男性も利用可能!

 

さらにさらに、スパ内専用の露天風呂も設置されていて、マッサージなどの施術後専用露天風呂で身体の芯から温まることが出来ます。

スパを利用した方のみが使える露天風呂のため、「貸切風呂」と言っても過言ではないですね☆

 

営業時間は10:00~23:00の間で営業しています。
※22:00~の予約の場合は60分コースのみの施術に限定されています。

 

色んなコースも用意されているので、アナタの体調や凝り具合に合わせて選べます☆

 

↓コースの内容はこちら↓

雅漢樂~がかんらく~

その時の気分や症状に合わせたオイルを使って、筋肉に直接アプローチ!

深く丁寧にマッサージすることで、3つの要素である「気・血・水」を調和させる雅樂俱オリジナルマッサージ☆

 

森林香~しんりんこう~

豊かな自然から抽出した天然オイルを使用して、全身を優しくほぐしてくれるエステです☆

素敵な香りで、身も心もほぐされ最上級の癒しの時間を堪能できます。

 

その他コース

ひざ下を重点的にマッサージするコースや他のメニューとの組み合わせが出来るベッドマッサージもあり!

 

さらに嬉しいのが、女性専用のカウンセリングルーム「はなだま」もありました♪

マッサージやエステを受けた後には、こちらの「はなだま」でハーブティーやオリジナルドライフルーツを食べながら、くつろぐことが出来ます☆

 

マッサージやエステを利用の時は、事前予約すると確実に施術を受けることが出来ますよ♪

もちろん、空きがあれば当日予約も可能ですが希望通りの予約が出来ない可能性があります。

 

「貸切風呂」にも負けない宿泊者専用スパやマッサージ・エステを堪能できるなんて、本当にリバーリトリート雅楽俱は至れり尽くせりのサービスが魅力的ですね♪

 

リバーリトリート雅樂倶に宿泊して結婚式で利用したくなったら…。【ウエディング情報】

リバーリトリートに彼女と宿泊して、とっておきの景色の中で彼女にプロポーズ成功♪

そうなると絶景を見ながら、結婚式も上げたくなりますよね♪

 

そのため、ここではウエディング情報を大解剖しちゃいます☆

 

リバーリトリート雅楽倶の結婚式場の画像

画像出典:リバーリトリート雅楽倶

 

リバーリトリート雅楽俱では、神通峡を眺めながらゆったりと大人のリゾートウエディングをすることが出来ます☆

 

そして、リバーリトリート雅樂俱の結婚式場は、スモールラグジュアリーならではの落ち着いた空間!

一日一組限定の大人のウエディングをすることが可能な、オーダーメイドウエディングを行う事が出来ます♪

 

二人のウエディングが記憶に残る素敵な一日になるようにホテルのスタッフさんが全力でサポートしてくれます。

結婚式場についても、メインロビーで厳かな結婚式も!リバーサイドテラスでの結婚式も選べます!

 

また、身内だけを招待するウエディングスタイルも!親しい友人達を含め20~30人程度の少人数ウエディングもプランニングが可能♪

二人で「二人だけの特別なウエディングスタイル」を是非とも沢山話し合って決めてくださいね☆

 

更に、お料理もこだわりが詰まっています。

「トレゾニエ」でも「樂味」でもお料理を用意してくれます☆

 

フランス料理はシェフが旬の食材を厳選して作ってくれるお任せのコース料理。

和食は二人の喜ばしい日を料理で表現した懐石コースを準備してくれます☆

 

リバーリトリート雅樂倶の周辺の観光やコンビニについて

最後にご紹介するのは、リバーリトリート雅樂俱の周辺の観光情報やコンビニについて☆

 

リバーリトリート雅樂俱はスモールラグジュアリーなホテルなため、セレクトショップはありますが、日用品などを売っている売店やコンビニはありません。

 

そのため、ホテル周辺にあるコンビニをご紹介しますね☆

  1. ファミリーマート大沢野笹津店(約1.9キロ 車で約6分)
  2. セブンイレブン富山西大沢店(約1.9キロ 車で約6分)

 

一番距離の近いコンビニはこの2店舗でした☆

その他にも5キロ圏内には6件のコンビニがあります。

経路などからより安いコンビニを選んでみてくださいね♪

 

ホテル周辺にあるコンビニを一覧で確認できるようにGoogleマップも貼り付けます☆

 

次の紹介は、周辺の観光情報について!

「旅ソム」ライターyacchinがおすすめする周辺観光地は3つです☆

 

春日公園

リバーリトリート雅樂俱から目と鼻の先にある公園です☆

公園内に桜の木と松があり、四季の移り変わりを観光することが出来ます。

また、園内には「無料の足湯・名水・殿様清水がありリラックスして過ごせること間違いなしです。

 

↓住所などはこちら↓

住所:〒939-2224 富山県富山市春日

営業時間:24時間営業

 

リバーリトリート雅樂俱に泊まって、朝にホテル周辺や春日公園迄足を運んで四季を味わちゃってください

Googleマップも貼り付けますので、イメージを膨らませてみてくださいね☆

 

小杉カントリークラブ

観光地ではありませんが、ゴルフ好きの方必見!

小杉カントリークラブまでは、リバーリトリート雅樂俱からは約40分で到着します!

 

ゴルフ好きのアナタ!嬉しいサービスはまだまだあります♪

なんと、ホテルに宿泊した方限定で「平日セルフプレー」料金が9,300円⇒⇒6,100円でコースを回ることが出来ちゃいます♪

もちろん、ゴルフ場の景色はバツグン!観光しながらゴルフを楽しめますね♪

 

↓住所や電話番号などはこちら↓

住所:〒939-0321 富山県射水市浄土寺1

電話番号:0766-56-7558

 

こちらも、Googleマップ貼り付けておきますので、参考にしてください。

 

越中八尾観光会館

越中八尾観光を満喫できる地区です♪

リバーリトリート雅樂俱に宿泊すると、おわら風盆グッズ引換券や観光施設の無料券などが付いた「八尾おもてなしパスポート」をGETすることが出来ます。

八尾の有名なお祭りである、「越中八尾曳山祭」と「おわら風お盆」の歴史などを学べる資料館を観覧できます。

また、越中八尾の街並を観光することが出来ます。

趣きのある街並みを是非とも観光・散策してみてください♪

 

 

Googleマップも貼り付けておきますね♪

評価
0 コメント
インラインフィードバック
レビューをすべて表示
0
レビューする!x
()
x