御宿TheEarthの「プレミアムスイート」

「御宿The Earth(ジアース三重)の料理の評価が高かったら泊まってみたい!」

「記念日に御宿The Earth(ジアース三重)に宿泊したいと思ってるんだけど、満足できるかな??」

「伊勢志摩の素敵な食事をミシュランのお店で食べたい!」

 

御宿The Earth(ジアース三重)に泊まりたいけど詳しい情報が無くて、具体的に宿泊のイメージが具体的にできないですよね。

御宿The Earth(ジアース三重)に泊まって100%満喫したいアナタために、旅ソムライターのハナゴンが御宿The Earth(ジアース三重)を大解剖しちゃいます♪

 

御宿TheEarthの入り口前

 

御宿The Earth(ジアース三重)は、大人だけで海を見ながら伊勢志摩の自然に囲まれてゆったりと過ごしたいな人にはオススメですが、子供連れでわいわい観光したい人にはあまりオススメできないホテルです。

 

何故かというと、御宿The Earth(ジアース三重)は、12歳以下の子供の利用が出来ません。

 

ホテル自体が原生林に囲まれた海辺にあるので、観光地からも遠く、とても静かな場所なんです。

子供がいない大人だけの静かな場所で自然を感じるのにピッタリのホテルですね★

 

そして、料理の評価が☆4以上と高評価なので、食事を重要視している人には嬉しいホテルです!

食事の口コミや宿泊記ブログなども紹介していくので、必見です♪

 

 

目次

御宿The Earth(ジアース三重)の料理・食事の口コミは高評価!朝食・ランチ・夕食のメニュー・料金まとめ

画像出典:御宿The Earth

 

御宿The Earth(ジアース三重)は、他のホテルと違い、とっておきのレストランが1つだけあります。

 

  • ダイニング嵐

 

ダイニング嵐」は 、”世界を魅了する”がコンセプトの御宿The Earth(ジアース三重)の和会席レストランです。

岬の先端に張り出した抜群のロケーションを目の前に、料理を楽しむことができます。

 

水平線が望める大海原の静けさや、海面の「銀鱗」を眺めながら、夕食や朝食を食べることが出来ちゃうんです!

 

また、気になる食事の値段ですが、なんと夕食も朝食もホテル利用料金に含まれています。

そのため、わざわざ席の予約をする必要も、お値段を気にして食事をする必要もありません♪

 

開放感あふれる大きな窓はの向こうは海と木々しか映らない大自然。

お値段を気にせず美味しく食べられるなんて、とっても贅沢!

 

子供がいない大人だけの、都会の喧騒を感じさせない空間の中で、おいしい料理や地元伊勢志摩の食材を使った食事を楽しんじゃいましょ★

 

ダイニング嵐の口コミ評判
  • 心づかいが細かい
  • 前菜から手の込んだお料理
  • 期待を裏切らない
  • 料理にかける手間と味付けが印象に残る
  • お酒の種類が豊富
  • 接客が丁寧
  • ホスピタリティーにあふれている
  • 盛り付けのセンスが良い
  • 朝食もおいしい
  • スタッフの連携が出来ていない

 

このように、御宿The Earth(ジアース三重)にある「ダイニング嵐」の口コミ評判は、「心づかいが細かい」「前菜から手の込んだお料理」「期待を裏切らない」といった料理を絶賛する口コミが目立ちます。

ただ、人によってはですが、「スタッフの連携が出来ていない」といったような、少々辛口な口コミ評判も少しばかりありました。

 

そんな「ダイニング嵐」の、具体的な口コミ評判を10個ご紹介します!

口コミを読めば、魅力的な料理が食べたくなっちゃうコト間違いナシですよ~!

 

★★★★★

いつもお願いしている旅行会社のおすすめで宿泊。接客、部屋、風呂、食事、全て満足。
自分は左利きだけど、夕食時見ていてくれたらしく翌朝は箸が左利きにセットされていた。妊婦の妻にはノンカフェインと全て火を通した料理でおもてなし、細かい心遣いに感謝です。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

眺望よし。料理よし。接客よしの三拍子揃った宿です。夕飯は特に吸い物と炊き合わせが美味しかったです。夜食付きの心使いもいいですね。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

今回2回目の利用です。
前回も今回もお天気に恵まれず絶景を愛でる機会をのがしています
しかし、
それを差し引いても素晴らしいお宿だと思います。
まず玄関で靴を脱いだら館内はずっと裸足で過ごせます。
清潔な畳が敷き詰められた廊下は素足に気持ちいいです。
お部屋には内湯と露天風呂があって
いつでも入れます
お部屋は全室スイート
木がふんだんに使われたモダンな和室。でもベットなので使いやすい
この時期床暖房も嬉しい設備
私が最も楽しみにしている事の1つに
お食事の美味しさ
前菜から手の込んだお料理
コースの最後まで全て美味しい
どれか1つは口に合わないとか
いまいちっていうのがあるものだけど
決して期待を裏切らない
今回も黒鮑のステーキ肝ソースは
柔らかくてとても美味しかった
知多牛の網焼きも絶品でした。
次こそは
絶景を愛でることができますように
あっ一つ忘れてました。
スタッフの方々皆さん感じがよくて気持ちよく滞在させていただきました。
オススメのお宿です。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

ロケーション、温泉、料理、スタッフのホスピタリティー、全て良かったです。特に印象に残ってるのは料理にかける手間と味付けです。
高級食材をそのまま出すのではなく時間と手間暇かけて仕込みされた料理は絶品でした。
お酒の種類も豊富で値段もお手頃でした。
是非再訪してみたい宿でした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

丁寧なサービス、温かい対応。最高の料理。露天風呂のついた、落ち着いた広い客室。それでいて岬の上の絶景や夜空がすぐ見られる環境。お値段に見合う、またそれ以上とも感じる、とてもよいお宿でした。
部屋は、豪華!!!というよりも、質のいい、落ち着く方向のつくりです。家のような安心感。あと、とても広々としています。ベッドやクッションなどの素材も非常に快適でした。
客室内から全面ガラス張りの壁越しに見る光景や、24時間かけ流しの客室露天風呂は最高です。
料理は良い素材を使った上で、丁寧に調理されていて、すべて美味しかったです。高級料理を食べ慣れている方の場合は、どのくらいの位置付けになるかは分かりませんが、最高でした。
食事提供の担当には外国人の方もおり、日本語が完璧ではないため聞き取りづらい部分もありました。ここが気になる人はいるかもしれません。個人的には、丁寧な接客の姿勢は伝わってきたので十分でした。
また、苦手なもの、食べられないものやアレルギー等についても事前に確認があり、内容を調整するなど、丁寧に対応していただけました。この点とても良かったです。
注意点として、日没後に車で到着する場合は、真っ暗で道が非常にわかりにくくなるため(案内など、最大限の工夫はされていますが)、できれば日のあるうちに到着できた方がよいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

絶景の素晴らしい御宿です。
部屋から太平洋を望み、露天風呂から太平洋を望み、波の音を耳にし自然を体感します。
夕食も伊勢海老のお刺身、黒鮑ステーキ、牛ロースステーキと地の物を頂けます。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

接客、客室、料理。丁寧かつアットホーム!?ラグジュアリーな空間にそぐわない田舎者にも丁寧なお宿…間違いない‼️ 美味しい料理にソムリエさんと仲居さんのお話とに酒がすすむわぁ‼️…

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

ホスピタリティーに溢れて、サイコーの時間を過ごせました
とにかくお料理が美味しく、センス良く盛り付けされていて、贅沢三昧です。
お夜食のおにぎりも、痒いところに手が届く感じが、他のホテルでは味わえない優しさです

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

最高でした!ウェルカムドリンクのスパークリングワインから最高でした!夜のコース料理も勿論美味しかったですが、朝食の白御飯が今でも忘れられないくらい美味しかったです。
ワインも品数が多く、料理とのマリアージュが楽しめます。お部屋には露天風呂もついていて、とても幸せな気分を味わえました。また行ってみたいです。

—— GoogleMapの口コミ

★★☆☆☆

これまでも何度も訪問してましたが、二年ぶりに再訪しました。貝類にアレルギーがあるので予めメールでお知らせしておいて、チェックインの際にも再確認して頂いたのに、いざ夕食時に私の方にアサリの味噌汁を出してきました。中居さんのミスかと思いますがアレルギーが出たらどうするつもりなのか?ちゃんと申し送りが出来てないんでしょう。それとお土産を頼んでおいて、チェックアウトの際に頂きますと伝えてましたが、
支払いを済ませて帰る際にも渡してくれない。こちらが聞いて慌てて中から出してくる始末。まるで横の連携も出来てない所なのかとがっかりでした。

—— GoogleMapの口コミ

 

ダイニング嵐」ですが、食事のおいしさもさることながら、スタッフのホスピタリティをほめる口コミが多かった印象です。

 

おいしいだけでは口コミなどで話題にならない、レストランのレベルの高さがうかがえますね!

 

また、料理の味だけでなく、盛り付けや器にまでこだわった創作料理は、御宿The Earth(ジアース三重)でしか食べられません。

伊勢志摩の旬の素材をふんだんに使用したオリジナルの創作料理は、絶品な食事に間違いナシ!

 

 

御宿The Earth(ジアース三重)の宿泊記ブログまとめ!実際に泊まった方の口コミ評判レビューも紹介!

御宿TheEarthの夜食御宿TheEarthの朝食

宿泊記ブログを紹介!

御宿The Earth(ジアース三重)の宿泊記を書いたブログはたくさんあります。

有名なホテルなので、たくさんの方が宿泊記ブログを書いているため、どれを見ていいか迷っちゃいますよね。

 

そんなアナタの為に、おすすめの宿泊記ブログ3つをご紹介します!

この3つの宿泊記ブログを読めば、も~っとよく御宿The Earth(ジアース三重)を知ることが出来ちゃいますヨ♪

 

kaki 様の書かれているこちらの宿泊記ブログは、なんと全9ページの大作。

宿泊記ブログとしてはとてもたくさんの情報量ですよね!

 

ふんだんに使われた写真と、利用していないとわからない細かな様子が宿泊記ブログとしてレポートされています。

 

ちょっこりーな 様の書かれている宿泊記ブログです。

部屋や景色の写真のほかに、食事をされた際の料理の写真をたくさん見ることができます。

 

また、こちらの宿泊記ブログでは周辺施設やホテル内の地図についても写真付きで触れられていました。

読んでいるだけで旅行に行った気になれる、読み応えたっぷりの宿泊記ブログです♪

 

こちらはなんと、御宿The Earth(ジアース三重)のスタッフの方が書かれています。

他の宿泊記ブログとは異なり、実際にホテルで働いているスタッフさんの記事です。

 

写真は少ないのですが、代わりに最新の情報を知ることができるんです!

他の宿泊記ブログとは違って最新情報が判るのは、公式ならではですね◎

 

とても綺麗に撮影された写真は、数こそ少ないですが、スタッフさんならではの絶景スポットから撮影されているので、とっても美しいです★

 

実際に泊まった方の口コミ評判レビュー

  • オシャレで清潔感がある
  • 目の前に広がる絶景は圧巻
  • ロケーションが最高
  • 静かでとてもくつろげる
  • 見晴らしがとても良い
  • 贅沢な時間が過ごせる
  • 部屋がとても広い
  • プロ意識を持って対応してもらえたらよかった

 

このように、実際に御宿The Earth(ジアース三重)に泊まったことのある人の口コミ評判には、「オシャレで清潔感がある」「目の前に広がる絶景は圧巻」「静かでとてもくつろげる」といった良い評判がたくさんありますね☆

ただ、「プロ意識を持って対応してもらえたらよかった」と感じる方もいるような少し辛口の口コミ評判もありました。

スタッフさんの全員がそういうわけではないようですが、成長した姿が見られるといいですネ★

 

このあとに、当サイト「旅ソム」が独自に集めた、実際の口コミ評判レビューを4つ掲載しています。

御宿The Earth(ジアース三重)に泊まったことのある人のリアルな口コミ評判で、宿泊予約の参考にしちゃいましょ♪

 

評価: 
星3つの顔

夫婦となって初めてのお正月旅行で旦那さんと泊まらせていただきました。『崖の上のホテル』の名の通り、遠くから見た時に本当に崖の上にポツンと建っており、車からその姿を見た時とてもテンションが上がりました。外観も館内もオシャレで清潔感があり、従業員の方も丁寧で好印象でした。入籍したばかりだと話すと後ほどお祝いをくださり、お心遣いが嬉しかったです。別料金で貸切風呂を借りましたが、プールのように広くて開放的で他にはないお風呂を堪能できました。展望台から見た、地平線からゆっくり出てくる朝日もすごく綺麗で、今でも目に焼き付いています。すごく寒かったのですが早起きして良かったです。お部屋に関しては、露天風呂付きの2人部屋で、露天風呂からは海が見えるロケーションだったのですが、真ん中に大きな木が立っていて、あまり景色は堪能できませんでした。実は貸し切り風呂の時も、朝日を見る時も、見たい景色の中に木が入り込んできて気になっていました。また夕食も食器にこだわった素敵な美味しい夕食だったのですが、従業員の方がお料理の説明ができなくて、途中で説明するのを辞めてしまったり、声が小さくて何を言ってるかわからなかったりして、そこがすごく残念でした。居酒屋さんの新人さんだと笑えるのですが、私たちからすると高級なお宿で決して安い金額を払っていないので、そこはプロ意識を持って対応していただけたら良かったなと思いました。
とても期待をしていた分、残念に思ってしまいました。
全体的には従業員の方の対応も、お部屋の雰囲気も、お料理も良かったと思います。

[2021年1月]

評価: 
星5つの顔

彼氏と2人で、プレミアムスイートに泊まりました。十分すぎるほど広い部屋に温泉露天風呂付で本当に贅沢な時間を過ごしました。
温泉露天風呂は本当に気持ちよく、1泊のうち3回も入ってしまいました。目の前に広がる絶景は圧巻で、ぜひ一度行ってもらいたいと、帰ってきた後に友人に話していました。
お食事も見た目が綺麗で、まず目で堪能でき、味ももちろんとてもおいしかったです。夜にバーに行ったのですが、その空間もとてもステキで、普段お酒をあまり飲む方ではないのですが、良い雰囲気に、また眺めもとてもよく、つい2杯も飲んでしまいました。
外には遊歩道があり、すぐに海に出れ、非日常を味わうことが出来ました。
またぜひ泊りに行きたい宿のひとつです。

[2018年7月]

評価: 
星5つの顔

“鬱々とした日々を忘れられるお宿、そのものです。この時は当時付き合っていた接客業をしていた彼と、フォレストスイート107に宿泊しました。
もとから口コミ評価が高く、気になっているお宿でした。まずロケーションが最高です。海に面した断崖に建物自体が建っており、展望台、ラウンジから綺麗な海を見ることができました。私たちが訪れた時は生憎見ることができなかったのですが、富士山を眺めることも出来るそうで次こそは富士山をあの素敵なラウンジから拝みたいです。夕食、朝食は最高で、ワインの取り揃え数、接客員の方の知識は計り知れず、本当に楽しく、素敵な食事を楽しまさせていただきました。接客員の方の個性は本当に十人十色で、お話ししてくださる方によって本当にお話内容が異なり、中には観光先を教えてくださる方もいらっしゃいました。夕食後にはお夜食も頂け、至れり尽くせり。チェックアウト時は少し混み合い、時間がかかりましたが、もう一度止まりたいお宿です。”

[2018年10月]

評価: 
星4つの顔

“恋人と2人でリラクゼーションスイート103号室に宿泊しました。
103号室は角部屋なので、海を遮るものがなくて見晴らしがとてもよかったです。海上の船からこちらがみえそうなほどw
全体的に客室も多くなく、小さいおこさんもいないので静かでとてもくつろげます。
部屋も広く、バルコニーも和室もくつろげるところが多いのでのんびりできる最高の椅子やソファが欲しいです。
部屋のお風呂も内風呂と露天があり、かけ流しの露天は温度が高めなので本格的な寒さの季節になってからのほうが長湯できそうだなと思いました。
リラクゼーションスイートは2部屋あるらしく、客室露店のそばにリラクゼーションルームがありますが、その室内の家具が103号室のものだと1人でしかくつろげないので102号室のような大きくくつろげる家具がいいなと思いました。”

[2019年11月]

※一部、口コミを集めた年月になります。
※当サイトが独自に集めた口コミです。
コピーする際は、引用リンクをお願いします。

 

このように、御宿The Earth(ジアース三重)の口コミから「景色がとても良い」ことや「お部屋が広い」ことが分かりますね!

食事の料理やお酒についても絶賛されている口コミが多かったので、目でも舌でも期待できちゃいます♪

 

また、子供がいないので騒がしいこともなく品のあるゆったりさを感じることができるのが魅力的ですね。

 

口コミでは部屋によっては、木が景色をさえぎってしまっていたりと少し残念なこともあるようです。

バルコニーやレストランからの景色はまた違った様子が味わえるかと思いますので、いろいろな景色が楽しめそうですね

 

 

御宿The Earth(ジアース三重)の予約料金は一休がお得!ツアーで宿泊ができるのはJTB!

御宿TheEarthから見える日の出御宿TheEarthから見える海

宿泊予約について

御宿The Earth(ジアース三重)に宿泊予約ですが、公式サイトはもちろんのこと、じゃらん以外の楽天トラベル・一休.com・JTBで予約することができます。

(じゃらんでは、そもそも検索結果に出てこないようです……。)

 

公式サイト・楽天トラベル・一休.com・JTBの中で最安料金で宿泊予約ができるのは、『一休.com』でした!

 

一休.comでは、「ユニバーサル スイート」のお部屋に、夕・朝食付き大人2名が84,084円という料金で宿泊できちゃうんです!

 

 

じゃらん以外の、公式サイト・楽天トラベル・一休.com・JTBでの予約ですが、それぞれポイント利用が出来たり、写真が豊富だったりするので、実はどれもオススメなんです。

そのため、公式サイト・楽天トラベル・一休.com・JTBのうち、自分が一番見やすいと思うサイトで調べるのがイイかと思います★

 

 

ツアーで格安料金で宿泊できるのはJTB

御宿The Earth(ジアース三重)は都内からのアクセスが少々悪い場所にあります。

そのため、じゃらん以外の公式サイト・楽天トラベル・一休.comから、ツアーで飛行機や新幹線を利用できるのか少々不安ですよね。

 

そんなアナタのために、じゃらんにはホテルの情報がありませんが、公式サイト・楽天トラベル・一休.com・JTBではどこで格安料金ツアーの予約ができるのか調べてみました!

 

じゃらん以外の公式サイト・楽天トラベル・一休.com・JTBで、ツアーの予約ができるのは……

『 JTB 』です!!

 

例えば、こちらのようなツアー(JTBのツアー)が、大人2人で156,600円(78,300円×2名)という格安料金で予約できます!※2021年11月に確認

 

  1. 木曜日:東京駅 発  → 名古屋駅 → 鳥羽駅 着(2席)
  2. 木~金曜日:「プレミアムスイート」夕食・朝食付き(2名)
  3. 金曜日:鳥羽駅 発  → 名古屋駅 → 東京駅 着(2席)

 

じゃらん以外の公式サイト・楽天トラベル・一休.comでは、航空券・新幹線付きの御宿The Earth(ジアース三重)の予約ができませんが、JTBでは新幹線付きの格安料金ツアーを予約することができるんです

 

一番近い空港が「中部国際空港(セントレア)」なのですが、それでも御宿The Earth(ジアース三重)の住所の対岸です。

そして一番近い駅が「近鉄鳥羽駅」なので、空港からも駅からもかなり遠い場所にあります。

 

じゃらん以外の公式サイト・楽天トラベル・一休.comで予約した場合、ホテルまでどうやってアクセスしようか迷っちゃいますね。

でも、JTBの新幹線付きのツアーを予約すれば、ホテルの予約時に新幹線の手配もできちゃうのでとっても便利です◎

 

さらに、「近鉄鳥羽駅」から御宿The Earth(ジアース三重)まで、料金が無料の送迎バスを利用することができますので、詳細につきましては後ほどご紹介しますね★

 

 

御宿The Earth(ジアース三重)の部屋のおすすめはプレジデンシャルスイート!アメニティの持ち帰りは一部OK!

御宿TheEarthの露天風呂

客室タイプ一覧|部屋のおすすめはプレジデンシャルスイート!

御宿The Earth(ジアース三重)には、7種類の部屋があります。

 

  • プレジデンシャルスイート
  • リラクゼーションスイート
  • フォレストスイート
  • ユニバーサルスイート
  • プレミアムスイート
  • オーシャンスイート
  • メゾネットスイート

 

プレジデンシャルスイート」は、御宿The Earth(ジアース三重)で一番おすすめの最も広いお部屋。

「リラクゼーションスイート」は、客室外に『離れ』の小部屋があるお部屋。

フォレストスイート」は、デッキテラスのすぐそばに原生林が望めるお部屋。

 

そして「ユニバーサルスイート」は、段差を極力なくしたり、トイレが広い空間だったりと、どんな方でも安心して宿泊できるようなお部屋なんです。

 

足元が不自由な方でも利用できるようにとの配慮が素晴らしいお部屋ですね♪

 

プレジデンシャルスイート

御宿TheEarthの「プレジデンタルスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

プレジデンシャルスイート」は、客室の中で125㎡の最も広いお部屋です。

洋室のほか和室や露天風呂へ続く、リラクゼーションチェアの置いてあるデッキがあるんです★

天候に恵まれると、お部屋から『日の出』が見れるそうですよ!

 

リラクゼーションスイート

御宿TheEarthの「リラクゼーションスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

リラクゼーションスイート」は、88㎡と一番広いお部屋の広さには負けちゃいますが、なんと、このお部屋には『離れ』があるんです!

『離れ』はリラクゼーションルームとして読書などを楽しむことができます。

また、客室が東向きなので夜の月や朝霞といった風に幻想的な風景に包まれること間違いナシ!

 

フォレストスイート

御宿TheEarthの「フォレストスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

フォレストスイート」は、82㎡のお部屋です。

原生林の迫ったデッキテラスは露天風呂からも堪能できる近さ。

手つかずの自然の間からはなんと海を見ることができます

 

ユニバーサルスイート

御宿TheEarthの「ユニバーサルスイート」

画像出典供:御宿The Earth

 

ユニバーサルスイート」は、67㎡の少し小さなお部屋ですが、どんな方でも利用しやすいように作られたお部屋です。

露天風呂までの段差が無かったり、トイレが広い空間だったりする、ユニバーサルなつくりとなっています。

そのため、足腰の悪い方や車いすの方でも利用することが出来ちゃうんです。

もちろん、窓からは原生林が見えるなど、景観も楽しめます。

 

プレミアムスイート

御宿TheEarthの「プレミアムスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

プレミアムスイート」は、ダイニングルームのほかに専用キッチンがある99㎡のお部屋です。

堀ごたつ風のテーブルやテーブル席が選べるので足元が不自由でも気兼ねなく利用することができるんです。

もちろん、窓の向こうには海や原生林といった景色を見ることができちゃいます♪

 

オーシャンスイート

御宿TheEarthの「オーシャンスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

「オーシャンスイート」は、61㎡と客室の中では一番小さくシンプルなお部屋ですが、最も海に近いお部屋でもあるんです。

そのため、入り江の音や波しぶきの音など聞こえてくるほどです。

一番小さくてシンプルなお部屋ですが、しっかり露天風呂も付いているので広大な景観のなかお湯につかってリラックスできちゃうんです★

 

メゾネットスイート

御宿TheEarthの「メゾネットスイート」

画像出典:御宿The Earth

 

メゾネットスイート」は、客室の中で唯一、2階がある約100㎡のお部屋です。

露天風呂やデッキテラスはもちろんですが、1階からの景色も2階からの景色も堪能できるのが魅力的ですね。

 

2階のデッキテラスから見える視界は、遮るものがほとんどなく、海の向こうまで見渡せるほどです♪

夜には満点の星空の下で星座鑑賞が出来ちゃいそうですね。

 

アメニティは国内ブランドのミキモト!持ち帰りは一部OK!

御宿The Earth(ジアース三重)のアメニティは、国産で有名な化粧品ブランドMIKIMOTO(ミキモト)です。

アメニティの一式がかわいらしい巾着に入っていますが、なんと巾着もお持ち帰り可能なんです。

 

他のアメニティとしては、次のようなものが利用できます。

  • フェイスタオル・バスタオル
  • 浴衣・湯上り足袋
  • パジャマ・バスローブ
  • 歯ブラシセット
  • ヘアドライヤー・ヘアブラシ
  • 男性化粧品・ひげそり
  • 女性化粧品・綿棒・コットン
  • 冷蔵庫・金庫・湯沸かしポット・コーヒーメーカー
  • 緑茶・紅茶・コーヒー・熊野古道の水(ミネラルウォーター)
  • テレビ・空気清浄機付加湿機
  • CDプレーヤー・DVDデッキ

 

アメニティで飲める「熊野古道の水」は、地元三重県が採水地のミネラルウォーター。

この地方ならではのお水なので、ちょっとうれしいアメニティですよね♪

 

アメニティのお茶やコーヒーなどを利用するときに使えば、いつもとは違った伊勢志摩の味を感じられるかもしれません★

 

クラブラウンジや専用フロアが使える部屋タイプはナシ!

御宿TheEarthのバー「南風MAZE」

画像出典:御宿The Earth

 

御宿The Earth(ジアース三重)の専用フロアやクラブラウンジですが、特に使用制限はありません

バー南風MAZE」は、夜に大人の時間を過ごすことのできる海に面したバーラウンジです。

 

ホテル自体が12歳以下の子供の予約が制限されている大人向けの宿なので、館内の様子がどことなく大人な雰囲気ですよね。

 

御宿TheEarthの貸切風呂

画像出典:御宿The Earth

 

また、貸し切り風呂の『Healing』ですが、予約すればだれでも利用することができるんです。

「プレジデンシャルスイート」に宿泊でも「オーシャンスイート」に宿泊でも利用に制限がないのがウレシイですね★

 

貸し切り風呂の『Healing』の気になる料金ですが、60分 3,300円という料金で利用することが可能なんです。

予約できる時間は次の通りです。

 

  • 14:30~
  • 16:00~
  • 17:30~
  • 21:00~
  • 22:30~
  • 5:00~

 

6つも選べる時間がある上に、早朝や夜遅くも選べるので、もしかしたらお風呂で日の出や星空観賞ができるかもしれませんネ★

貸し切り風呂の『Healing』にもくつろぎのスペースやアメニティが備え付けられているので、リラックスしたまま温泉に入ることが出来ちゃいます。

 

パジャマやバスローブは全部で3種類あり!

御宿The Earth(ジアース三重)では、浴衣と羽織、バスローブを利用することができます。

ただし、あたりまえのことですが、浴衣・パジャマ・バスローブは館内のどこでも着て歩けるわけではありません。

 

  • 浴衣:お食事や館内OK
  • パジャマ:お部屋のみOK
  • バスローブ:お部屋のみOK

 

浴衣にはホテルのロゴマークが襟もとに入った羽織もありました。

冬にデッキテラスに出るには、浴衣・パジャマ・バスローブのどれでも結構寒いと思います。

そのため、風邪をひかないよう注意が必要ですね。

 

また、足袋型の靴下もアメニティとして使用&持ち帰り可能なので、お土産として記念に持ち帰るとイイかもしれません◎

 

御宿The Earth(ジアース三重)の駐車場・アクセス・住所・送迎情報|チェックインは14時からで、チェックアウトは11時までOK!

御宿The Earth(ジアース三重)の住所・電話番号・最寄駅やバス停などのアクセス情報や、チェックイン・チェックアウトの情報をご紹介!

この、住所や電話番号などのアクセス情報を見れば、迷わずに御宿The Earth(ジアース三重)までスマートにたどり着けちゃうので、必見ですヨ♪

 

御宿The Earth(ジアース三重)の住所と電話番号

初めに、御宿The Earth(ジアース三重)の住所と電話番号を紹介しますね。

 

住所:〒517-0026 三重県鳥羽市石鏡町中ノ山龍の栖
電話番号:0599-21-8111

 

一番近いコンビニまで車で20分だったり最寄り駅まで車で30分、結構アクセスしずらい場所にあるホテルなのでちょっとわかりずらいかもしれません……。

 

チェックインやチェックアウトに間に合わない!?

そんな時は、上記の電話番号へ連絡しちゃいましょ★

きっと電話番号の先の御宿The Earth(ジアース三重)の方がやさしく教えてくれるはずです。

 

また、住所や電話番号だけだと電波が悪くなったりしたときに不安ですよね。

そんなアナタのために、アクセスが分かりやすい地図を用意しました!

 

ぜひ、住所や電話番号と合わせて参考にしてください♪

 

 

チェックイン・チェックアウトについて

御宿The Earth(ジアース三重)のチェックイン・チェックアウトについては以下のとおりです。

 

  • チェックイン:14:00~18:00
  • チェックアウト:~11:00

 

チェックインの時間ですが、受付終了がかなり早い時間となってます。

ほとんどのプランが夕食付となっているので、夕食を準備する時間が必要なため、チェックイン受付終了が早くなっているようです。

 

また、チェックアウト時間ですが、こちらも他のホテルは12時までのところが多い中、チェックアウトが11時までと少し早い模様。

周囲には伊勢志摩国立公園などの周辺施設があるので早めにチェックアウトして移動するのがいいかもしれません。

 

ただ、チェックイン前倒しやチェックアウト延長についての情報がありませんでした。

チェックイン前倒しやチェックアウト延長をしたい方はホテルに問い合わせるのがベター◎

 

駐車場・送迎バスについて

御宿The Earth(ジアース三重)は最寄り駅や空港からは徒歩で行くのはかなり難しい場所にあります。

その為、ほとんどの方はレンタカーなどの車や送迎バスを利用されるのではないでしょうか?

 

そんなアナタの為に、駐車場や送迎バスの情報を調べました★

 

送迎バスは、下記の情報にて利用することができます。

 

  • 『近鉄鳥羽駅』よりホテルとの往復運航
  • 到着まで約35分ほど
  • 値段は無料

 

値段が無料なのはとっても嬉しいですね。

ただ、値段は無料ですが、発着の時刻が決まっているので注意が必要です。

 

【 鳥羽駅 → 御宿The Earth 】
14:00(事前予約制)/ 15:00/16:00/17:00

【 御宿The Earth → 鳥羽駅 】
8:40/9:40/11:10

 

レンタカーなどの車で来館した場合ですが、公式サイトでは駐車場の案内はありませんでした。

ですが、グーグルマップの航空写真からは来客用と思われる駐車場が確認できます。

また、御宿The Earth(ジアース三重)でもアクセス情報に車での来館情報を載せているので、駐車場はある可能性が高いですね★

駐車場の値段についての情報はありませんでしたので、気になる方はホテルへ確認するのが吉◎

 

御宿The Earth(ジアース三重)のお土産やグッズについて

御宿The Earth(ジアース三重)のお土産は館内の「風の市」というお店で購入することができます。

「風の市」は受付の反対に位置する小さいお店です。

そのため、あまり大々的にお土産をたくさん購入できる、というわけではないようです。

 

御宿The Earth(ジアース三重)のオリジナルグッツよりも、地元伊勢志摩の名物が置いてあるようです。

地元伊勢志摩にちなんだバスグッツやお土産が買えるので、急いでいる方には重宝されそうです♪

 

御宿The Earth(ジアース三重)の宿泊して結婚式で利用したくなったら…。【ウエディング情報】

御宿The Earth(ジアース三重)のウエディング情報ですが、御宿The Earth(ジアース三重)では結婚式ができません。

もちろん、公式サイトや一休.com、楽天トラベル・jtbのどの予約サイトでも行っておりませんでした。

 

自然との共生」をコンセプトとしている御宿The Earth(ジアース三重)は、保有する敷地54,000坪のうち、わずか5%程の面積で運営されているんです。

 

そのため、チャペルや結婚式の会場となるような場所がありません。

さらに、12歳以下の子供(乳児・幼児を含む)の宿泊が出来ませんので、ウエディングを行うのは難しいようです……。

 

ウエディングはできませんが、新婚旅行や銀婚式・金婚式等の記念でぜひ利用したいホテルです★

 

周辺環境についても、最寄り駅や空港からのアクセスが良くないので、ウエディング向きの場所ではないようです。

ウエディングはウエディングで別の場所で行って、結婚式のあと二人でゆっくり宿泊するホテルとしての利用がイイですね♪

 

また、御宿The Earth(ジアース三重)は「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019 特別版」にて紹介されたホテルでもあります。

 

結婚式はできませんが、「ミシュランガイド掲載ホテル」として子供がいない方は国内での新婚旅行にとってもオススメです♥

評価
0 コメント
インラインフィードバック
レビューをすべて表示
0
レビューする!x
()
x