おやど二本の葦束|部屋のおすすめは春隣庵!料理・食事の評判・口コミは高評価!

こんにちは。旅ソムライターkiritampoです。

 

「おやど二本の葦束のおすすめの部屋を知りたい!」

「おやど二本の葦束に泊まりたいけどどんな料理があるのかな!」

「今度大分県の湯布院に行くんだけど評判がいいおすすめの宿はないかな」

 

と思っている方必見!

今回はそんなおやど二本の葦束の部屋と食事を徹底的に解説します!

おやど二本の葦束のフロント

画像出典:おやど二本の葦束

 

実際に「おやど二本の葦束」は、湯布院から少し離れた静かな場所に宿を構えています。

かなり高級なお宿なので、記念日などの特別な日や、お祝い事をしたい方におすすめのお宿になっています。

 

また、大人数で泊まれる部屋もあるので、女子旅や慰労会など心を浄化させたい方々に特におすすめしたい宿です。

 

特にレストランのお料理は高評価なので、静かな地で「和」の料理を楽しみたい方にピッタリなお宿と言えます。

 

おやど二本の葦束の部屋のおすすめは春隣庵!アメニティの持ち帰りはOK!

おやど二本の葦束の部屋紹介

画像出典:おやど二本の葦束

 

お宿に泊まる際にアメニティやお部屋の種類がきになりますよね♪

 

「おやど二本の葦束にはどんな部屋があるんだろう」

「温泉を楽しみたいけど露天風呂はあるかな」

「おやど二本の葦束ならではのアメニティはあるかな?」

 

と思っているあなたに実際の口コミ評判を引用しながら、情報をお届けします!

 

客室タイプ一覧|部屋のおすすめは春隣庵!

「おやど二本の葦束」にはこちらの13種類の部屋があります。

 

  • 我不歳月
  • 心斎坐忘
  • 戸田邸
  • 樹陰房
  • 鳥兎庵
  • 春隣庵
  • 雪行廊
  • 洋館
  • 再来
  • 栗の蔵
  • 詠花吟月
  • 幾星霜

 

お部屋の名前がかなり独特で惹かれますよね♪

 

「我不歳月」は、5つのルームがついており、230平米もあるこの宿の中で1番大きなお部屋。

「心斎坐忘」は、とことん和をつきつめたお部屋。

「戸田邸」は、茶室がついたちょっと特別なお部屋。

「樹陰房」は、レトロ空間が広がるお部屋。

「鳥兎庵」は、物語がテーマになっているユニークなお部屋。

「春隣庵」は、囲炉裏が人気のお部屋。

「雪行廊」は、中庭を囲むように配置されたお部屋。

「洋館」は、大正時代にタイムスリップしたかのようなお部屋。

「再来」は、シアタールームがついている贅沢なお部屋。

「漢」は、中国と日本が融合したお部屋。

「栗の蔵」は、蔵を移築した歴史を感じるお部屋。

「詠花吟月」は、詩がモチーフになっているお部屋。

「幾星霜」は、半露天風呂で少し隠れ家のような雰囲気のお部屋。

 

ひとつずつ細かく紹介していきますね♪

テーマの意味も書いておきますのでよく読んでお気に入りのお部屋を見つけてくださいね♡

 

我不歳月

「我を捨て歳月を生きる」

おやど二本の葦束の「我不歳月」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+リビングルーム+ベッドルーム+露天風呂・内湯つき+2F和室

定員:2-7名

 

このテーマにぴったりの築200年の欅の木を移築した客室で、歴史を感じることができます。

2~7人まで宿泊することができ、なんとこちらの客室には由布岳を眺望できる専用の露天風呂がついています♪

また、他の客室から少し離れているのでそういった点でも特別感たっぷりですし、自分専用の温泉も嬉しいですよね!

 

心斎坐忘

「座して心を無にし、宇宙と一体となる」

おやど二本の葦束の「心斎坐忘」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+居間+ベッドルーム+専用風呂

定員:2-5名

 

こちらは「昭和」と「平成」を融合させた客室になります。

専用風呂が付いているだけでなく、プライベートの庭があるのが魅力の一部屋。

離れの東屋もついているので完全プライベートの空間ですね

 

戸田邸

「上弦の月だけが知っていた・・・」

おやど二本の葦束の「戸田邸」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:1F和室+茶室+リビングルーム2F和室+ベッドルーム

定員:2-10名

 

こちらの客室は茶室がついています!茶室がついているなんて珍しいですよね。

外に出かけなくても客室で充実した1日を過ごすことができそうですよね!

趣深い「和」を全身で感じることが出来る一室です。

 

樹陰房

「蔵、それは命をつなぐもの。」

おやど二本の葦束の「樹陰房」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+リビングルーム+専用風呂+2F寝室

定員:2-4名

 

150年の時を経て蔵が客室に生まれ変わりました。

専用風呂がついていて、「和」を感じられる面がありつつ、「洋」を感じるレトロな空間が広がっています。

また、寝室はお二階に用意されているのでゆったりと過ごせそうですね。

 

鳥兎庵

「新しい出来事はあっという間に過ぎる」

おやど二本の葦束の「鳥兎庵」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+ベッドルーム+中庭+専用風呂

定員:2-4名

 

太陽にはカラスが千羽、月には兎が住むという物語がテーマになっている客室です♡

なんだかロマンチックですよね♡

こちらも専用風呂の温泉がついていて、寝室は木目調で温かい空間が広がっています。

 

春隣庵

「春の来ない冬はない」

おやど二本の葦束の「春隣庵」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+囲炉裏+専用風呂

定員:2-4名

 

旅ソムライターkiritampo的にこの客室がおすすめです♪

オススメポイントは二つあります。

①「春の来ない冬はない」というコンセプト。

②囲炉裏のある温かいお部屋。

なんか疲れた時に行きたくなるような雰囲気があってとてもお気に入りです。

親しい方と囲炉裏を囲んでお酒を飲んで語りたくなるような空間が広がっています♪

 

雪行廊

「雪の舞う廊下・・・」

おやど二本の葦束の「雪行廊」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+中庭

定員:2-6名

「雪行廊」では中庭を囲んでお部屋が配置されているという珍しい間取りになっています。

お庭が広く、どこからでも中庭を見ることが出来るので癒し空間が人がっています。

自然に囲まれたい方におすすめです!

 

洋館

「大正、それはとてもハイカラな時代でした」

おやど二本の葦束の「洋館」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:1Fリビング+2F和室

定員:2-3名

 

洋館では、木漏れ日が差し込む、静かで大正時代を思わせる客室になっています。

1Fはすべて洋室で、利便性や機能性を重視した部屋になっています。2Fに上がるとすべて洋室で「和」を感じられる落ち着いた空間が広がっています。

まさに「和」と「洋」の融合で今にも大正浪漫の音がしてきそうですよね♪

 

再来

「再び訪れることを願って・・・」

おやど二本の葦束の「再来」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:洋室+リビングルーム+シアタールーム

定員:2名

 

「再来」の目玉はなんといってもシアタールームが付いているところです!

地下室のシアタールームなんてワクワクしますよね!

また、お風呂も敷地内にある専用風呂を利用することが出来ます。

100年前の土壁を再現したこちらのお部屋は非常に重厚感がありつつも、現代人にとって機能性に優れたお部屋です!!

 

「中国王朝漢 一枚の窓枠との出会い」

おやど二本の葦束の「漢」画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和と中の融合

定員:2名

 

「漢」では今までのお部屋と打って変わって中国が舞台となったお部屋です。

和と中を融合した部屋が2部屋あるのみではありますが、シンプルだからこそ過ごしやすく安らぎの空間があります。

 

栗の蔵

「蔵として生きつづける。」

おやど二本の葦束の「栗の蔵」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:ツイン

定員:2名

 

200年前に建てられた栗の木で建てられた蔵が今もなおヤニを出し続けながら最高の空間を提供しています。

蔵ゆえに少し隠れ家っぽい雰囲気があるので泊まるのにワクワクしそうです!

 

詠花吟月

「花を見て詩を吟じ 月を見て歌を吟じる」おやど二本の葦束の「詠歌吟月」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+リビングルーム+ベッドルーム+内湯

定員:2-5名

 

由布岳を眺望できる専用の温泉「露天風呂」がついている客室になります。

とても広いので別荘に来たかのような感覚を味わうことが出来ます。

また、自然に囲まれているので四季を直接感じること出来ます。季節ごとに来館しても楽しいですね♪

 

幾星霜

「新たに生まれ変わり、幾年を重ね歩み続ける」

おやど二本の葦束の「幾星霜」

画像出典:おやど二本の葦束

間取り:和室+リビングルーム+ベッドルーム+半露天風呂付

定員:2-4名

 

「幾星霜」には半露天風呂の温泉がついています。半分だけお外を楽しみながら温泉にゆったり浸かることができるので安心ですよね♪

こちらも趣があってとても素敵なお部屋です!

 

以上13種類のお部屋を紹介してきました。

おやど二本の葦束では、それぞれの用途や雰囲気からさまざまなお部屋が用意されています。是非自分にぴったりのお部屋を見つけて下さいね♡

 

アメニティの持ち帰りはOK!

 

「おやど二本の葦束にはどんなアメニティがあるんだろう」

「アメニティは持ち帰れるかな」

そんなあなたの為に、おやど二本の葦束のアメニティを徹底解説します。

まずアメニティのブランドについては、公式HPに記載がありませんでした。

 

アメニティについては以下のものがあります。

・テレビ、ケーブルTV衛星放送(無料)

・電話、Wi-Fi

・湯沸かしポット、ドリンクメーカー、冷蔵庫

・ドライヤー

・洗顔用石鹸、手洗い用液体石鹸

・ハミガキセット

・ブラシ、レディースセット

・タオル

・部屋着(冬季はコート有)

・靴下、スリッパ

(※風呂がある部屋のみ シャンプー・コンディショナー・ボディソープ)

一般的なアメニティは持ち帰り可能とのことです。

 

貸し出し用品として、加湿器、DVDプレイヤー、変圧器があるそうです!

 

部屋によっては由布岳が眺望できる露天風呂の温泉や内湯が付いたお部屋もあります。

部屋紹介のところで詳しく解説しているのでそちらを見てください。

以上がアメニティになります。

 

部屋着は1種類あり!

おやど二本の葦束では、特に部屋着にこだわっているようです!

おやど二本の葦束の部屋着は、落ち着いた紫の色味に100%コットンのものを使用しています。

綿100%って肌触りがとても心地よくて、身体に優しいのでこういった気遣いは嬉しいですよね♪

 

またこのパジャマはお土産として販売もされているので立ち寄った際には是非見てみることをおすすめします!

持ち帰りのできないパジャマなどのアメニティを販売してくれるのはとっても嬉しいですよね。

また、冬の時期はコートの貸し出しもあるそうです。

粋な計らいが嬉しいですよね!

 

おやど二本の葦束の料理・食事の評判・料金を紹介!朝食・ランチ・夕食の口コミ・メニューまとめ

おやど二本の葦束の食事処

画像出典:おやど二本の葦束

 

「おやど二本の葦束にはどんなレストランがあるんだろう」

「レストランの朝食や夕食の料理のおすすめメニューを知りたい!」

「レストランの口コミ評判がきになる!」

 

というあなたにピッタリ!

おやど二本の葦束のレストランの朝食、夕食のお食事、口コミ評判まで大解剖していきます★

 

おやど二本の葦束のレストランはこちらの2店舗です。

  • 馳走庵
  • バー バローロ

 

「馳走庵」は、地元産の最高級食材を扱っているレストラン。

「バー バローロ」は、自然を囲みながらゆったりとお酒を楽しめるレストラン。

 

これからレストランを紹介していきます!

馳走庵

 

馳走庵で、絶品の朝食と夕食どちらもいただけるのが嬉しいポイントです♪

築150年もの時がたった新潟より移築しました。

水槽などもあって、よい雰囲気のなかで食事を楽しむことが出来ます♪

 

馳走庵/ 食事 (朝食・夕食)

 

[朝食]
おやど二本の葦束の朝食
画像出典:おやど二本の葦束

 

爽やかな朝の空気を前菜として、美味しい朝食がいただけます。

 

毎回メニューが変わるオリジナルコースなので料理自体のお値段などの詳しい情報は書いてありませんでした。
ツアー予約サイトなどでは食事付きの値段で予約できるので、この後のページで詳しく紹介しますね!

 

[夕食]
おやど二本の葦束の夕食
画像出典:おやど二本の葦束

 

上の画像は一例に過ぎませんが、お夕食もとっても美味しそうですよね!
メニューはあってないようなもの公式ホームページに書いてありました。

 

その日の路地物の食材によって変わるそうです。
なんだか新鮮ってことが伝わってきますよね!

 

季節ごとに旬のお料理がいただけるようです♡

 

大分では豊後牛が有名なので、その牛を使ったローストビーフのお料理も絶品だそうです♪
一度は食事してみたいですよね!
是非夕食に行ってみてくださいね。

 

また、素材にとてもこだわっていて、特にお米はオープン当時から契約農家で作っているそうです。
加えてお野菜なども旬のものを中心に取り入れています。

 

おやど二本の葦束では、朝食と夕食を取り扱っており、昼食は用意されていません。
お昼は由布院近くにご飯屋さんが立ち並んでいるのでそこでお食事処を探しても楽しいかもしれませんね。

 

馳走庵/ 口コミ評判

 

ここで実際の「馳走庵」の食事の口コミ評判を見ていきましょう♪

 

  • お米が美味しい!
  • 朝食、夕食ともにとっても美味しい!
  • スタッフの気遣いが細やかで嬉しい。

 

「お米が美味しい」「朝食、夕食ともに美味しい!」と絶賛する口コミ評判が多々ありました!

やはり、食材にこだわっているだけあって、お料理は絶賛の口コミ評判ばかりでした♪

 

そんな「馳走庵」の、リアルな口コミ評判を5個ご紹介します!

★★★★☆

昭和の良宿というイメージです。
サービス、食事は文句なしですが、部屋は好き嫌いが分かれると思います。
【メシ】
夕食、朝食ともにとても美味。
夕食で刺身を残しお願いすると、「りゅうきゅう」という漬けにして朝食に出してくれる。これがまたメシに合う。
あと、米がめっちゃうまい!米に関しては過去一番のウマさでした。
【風呂】
空いてる貸切風呂を自由に使うタイプ(大露天以外は時間を気にしなくてOK)。
各風呂に牛乳と水が用意されていて飲み放題なのは超素晴らしい。
要予約の大露天は素晴らしいけど、ここだけは利用30分のため堪能しきれない。
【部屋】
古き良き古民家風で「田舎のおばあちゃん家」な感じ。
明かりがすべて薄暗いためよく見えないのと、人によっては少し不気味に感じるかも。
カーテンなどは無く、障子の中央もガラスがあるため、部屋によっては外から見える。
こんな感じ。
好みが別れるのは確実に部屋。
外からの目が気になる人はオススメ出来ません。
あとは遊園地とかの「オバケ屋敷」が無理って人もオススメ出来ないかも。
日本の古き良きを感じたい人にはうってつけのお宿です。
ヒグラシの鳴き声を聞きながらの露天風呂…マジで最高です。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

部屋も最高だけど ご飯が最高に美味しい!夕飯は美味しいけど朝食はいまいちという所が多いのに朝食も凄く美味しかった!

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

趣きの異なる古民家風の離れ全11棟で構成された格調高い温泉宿泊施設。
8年ぶりにお世話になります、おやど二本の葦束さん。
経営母体も変わりそれに伴い、施設内のシステムやサービスも変化したようです。
温泉タマゴは健在でしたが、
大露天風呂は予約制になり、チェックイン時に1回目、5時以降に2回目?的な感じに、フリーな缶ジュースは無くなり、料理は監修付きの時期もあったようで、その時はかなり良かったようです。
今回は8年振りなので如何に?
チェックイン時のウエルカム関連は良い感じ、
館内そしてスタッフの落ち着いた雰囲気は健在。
猫のルル君も可愛い!
前回は、烏兎(うと)庵でしたが、
今回は、雪行廊。
古き良き日本家屋で懐かしさを味わえ、落ち着きます。
大露天風呂の快適さも健在、いい湯です。
色々入りカラダを温めて夕食。
監修が終わったようでメニューが一新されたようで、
少し期待外れな普通な感じ。
可もなく不可もない普通、これは朝食も同様。

寝具はイイ柔らかさで寝心地が良かったです。
朝は早朝から温泉三昧。
いくつも入り朝食。
そして館内の紅葉を楽しみに撮影タイム。
ロケーション的に中々ステキな場所です。
コストパフォーマンスは普通。
リピート率は高いと思います。
雨の二本の葦束も良いですが、紅葉シーズンの二本の葦束も良い感じでした。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

家族旅行で行った、本当に良い経験をしたようです。ここより良い宿泊施設は、考えることができないですね。
いくつかの連絡もなしに予約だけしてむやみにタクシーに乗って旅館に到着したにもかかわらず、旅館の前で待っておられます。韓国人の従業員が旅館全体の位置と部屋の中でもいくつかの部屋があることを紹介します。食事をするときは、どのような食品であることを欠かさずだ教えてくれます。スタッフの方々のサービス精神には本当にとても感動でした。
部屋の中はとてもきれいです。窓も毎日拭い時か、ほこり一つありません。内部に以前に住んでいた方が残し家臣ものもあります。一つ一つすべて文化財のように感じられるほど素敵です。
風景は、11月初めに行ったので、まだ葉が完全に染まらなかったが、本当に素敵でした。カエデがとても多いので、11月末に行くなら本当に素晴らしいことだと思います。夜も照明がカッコイイので散歩である温泉を楽しむ本当に良いです。
欠点を申し上げると周りにコンビニがありません。コンビニで簡単食品を買って入った全く触れていない。ご飯が本当によく出てきます。おやつには、温泉卵と飲み物だけで十分でした。
湯布院最高旅館だと思います。来年また訪問する予定です!

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

環境はエレガントで静かで、独立したゲストハウスがあり、露天風呂があり、由布を見ることができますが、1日1部屋につき約30分予約する必要があります。また、5つのプライベート温泉があり、屋外の景色を眺めることができます。予約は必要ありません。誰も使用していなければ入場できます。
レストランでは、1食、2食、夕食、朝食をすべてお楽しみいただけます。
スタッフは非常に礼儀正しく、サービスは思いやりがあり、温泉は十分です。食べ物は標準的で、場所は森の中にあり、空気のマイナスイオン、健康と美しさに満ちています。 。 。 🥰🥰🥰
間違いなくまた来ます!

—— GoogleMapの口コミ

 

皆さんの口コミ評判を見ていると「温泉卵」も有名なようです♪

温泉に入ると、温泉卵も食べたくなりますよね♡

なんとおやど二本の葦束では、温泉卵やドリンクが無料でいただけちゃうんです!

是非、訪れた際は温泉に浸かって、温泉卵も食べてみてはいかがでしょうか。

 

「馳走庵」のお料理は、朝食、夕食ともにどれも必見なようですね♡

 

バー バローロ

 

アンティーク調の家具に囲まれながら、自然の中でゆったりお酒を楽しむことが出来ます。

大切な方とゆったりとした時間を過ごすのにぴったりです。

隠れ家のような雰囲気で特別感がありますよね♪

 

バー バローロ/ メニュー

 

こちらより詳しいメニューを見ることが出来るので要チェックです♪
お酒の種類が大変豊富なので、確認してみてくださいね。

 

ここでは、フードメニューをご紹介します。
チーズの盛り合わせ ¥2,138
オリーブ ¥831
自家製チョコレート ¥1,188
レーズンバター ¥831

 

どれもお酒に合いそうですよね♡

 

バー バローロ/ 口コミ評判
ここで実際の「バー バローロ」の評判を見ていきましょう♪

 

  • バーの雰囲気が良い
  • 食前でも食後でも楽しめる!

 

「バーの雰囲気が良い!」「時間問わず楽しめる!」と絶賛する声が多かったです♪

お酒だけでなく環境づくりにもこだわっている証ですね♡

 

そんな「バー バローロ」の、リアルな口コミ評判を5個ご紹介します!

★★★★★

いろんなお風呂楽しめて、夜も入れる。食事美味しいけど量が多くて残してしまった。何よりBARが素敵

—— GoogleMapの口コミ

★★★★★

台風で帰れずに急遽連泊になったので二種類の部屋に泊まれましたが、どちらのお部屋も二人で泊まるには贅沢な作りで、お風呂も色々あって堪能できました。
お料理もとても素晴らしく、男性の私でもお腹一杯になりました。
隣接してりるバーもとても雰囲気が良く、食前でも食後でも楽しめる空間です。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

ちょっと以前とは違うけど、
バーは最高‼️

—— GoogleMapの口コミ

★☆☆☆☆

最悪な記憶しかない。
6年前に行ったが、スタッフの自己満しかない宿だった。
バーだけは良かった。もったいない。

—— GoogleMapの口コミ

★★★★☆

(Google による翻訳)スープハウスはたくさんあり、一人でも利用できます部屋は一日中趣味がよく、夕食のデザートはサツマイモがいっぱいで、食べるのはよくありません。私はまだ来ても構わないと思っています、なぜなら他の局面は非常に良いのですがプライムで使われるかもしれません、そしてバーテンダーは非常に適所にあります。

—— GoogleMapの口コミ

 

バーの雰囲気を絶賛している方が多数いらっしゃいました♪

少し小腹が空いたときや、贅沢気分を味わいたいときに是非行ってみてください♡

 

実際に泊まった方の口コミ評判レビューと宿泊記・旅行記ブログまとめ

おやど二本の葦束の散歩道

画像出典:おやど二本の葦束

実際に泊まった方の口コミ評判レビュー

  • おもてなしが素晴らしい!
  • 温泉卵が無料で食べられる
  • 湯布院の温泉でまったりできた
  • 食事の量が多い

 

このように、実際に いにしえの宿 伊久 に泊まったことのある人の口コミには、「おもてなしが最高!」「温泉卵のサービスが嬉しい!」「温泉でまったりできた」といった良い評判がたくさんありますね☆

ただ、「食事の量が多い」との口コミもあったので、これは個人差ではあると思いますが、女性の方で多いと感じる方もいらっしゃるようです。

 

このあとに、当サイト「旅ソム」が独自に集めた、実際の口コミ評判レビューを4つ掲載しています。

 

おやど二本の葦束のリアルな口コミ評判を見て、宿泊予約の参考にしてみてくださいね♪

評価:★★★★★
星5つの顔

知り合いからの勧めでお正月にこちらに宿泊しましたが、おもてなしが素晴らしい旅館でした。貸切風呂もいくつもあるので、たくさん楽しめました。冬の寒い時で、雪を見ながらの温泉は別格でした。朝から晩まで温泉三昧でした。夜のお食事も、しっかり量があり大満足でした。私が行ったときは、茹で卵や飲み物も無料サービスで、敷地内に常備してくださっていたので、好きな時に楽しむことができました。お部屋も清潔感のある風情のある部屋で離れになっているので、家族水入らずで満喫することができました。欠点はひとつもありませんが、敢えて言うならお値段がまぁまぁするので、気軽に行けないところが残念ですが、たまに奮発して行けるのも楽しみの一つかもしれません。

[2010年10月]
評価:★★★★☆
星4つの顔

母と二人旅でした。大好きな由布院で貸切風呂を楽しもうと、寒すぎず暑すぎずの時期を選んで宿泊。
複数の貸切風呂が敷地内にあり、何度も入ることができました。でも人気のお風呂はタイミングが合えばという感じでした。適度に散策もできて、良かったです。
二人なのにとても広い古民家を案内されて、二人でなんか居場所が落ち着かないねと話して増した。もちろんとてもしつらえはいいのですが、広すぎて、持て余してしまいました。
お部屋が少し暗くて、二人とも寝る前には読書がしたかったのですが、読書はできませんでした。
お部屋係さんが来ることもなく、のんびりできましたが、御食事どころでの食事で、旅館の方との触れ合いがあまりなく、正直印象が薄いです。

[2017年10月]

評価:★★★★☆
星4つの顔

母と妹の3人で行きました。貸切で入れるお風呂がよかったです。全くタイプの異なる離れ形式のお部屋が素晴らしくて、違う部屋で連泊しました。館内全体が村の雰囲気があり、道端に冷たいドリンクやゆで卵があって、無料でいつでも口にできたのはすごいサービスだと感じました。ダメなところは、、、料理の量が多すぎて、正直、そのことを考えて由布院のランチをあまり楽しむことができませんでした。あと、お部屋に案内してくれた旅館の人が話し好きで(苦笑)、夕食前にお風呂に入ろうとしていたのですが、ゆっくり入る時間がなくなりかけたのはちょっと残念でした。やはり、料理の量を適性にしていただければ、由布院をもっと満喫できたのにと思います。お風呂が貸切なので、入れるかどうか、お風呂場に行かないとわからなかったのは改善できるのではないかと思います。

[2004年10月]

評価:★★★★★
星5つの顔

両親と3人で宿泊。湯布院は、実家から近く車で気軽に行けるし、とても好きな温泉なのでよく行っていた。二本の葦束は、初めての宿泊。こじんまりしたお宿でお部屋もヴィラのように一室一室離れているのでプライベート感も保たれて過ごしやすかった。小さなお宿だとスタッフの方が良かれと思って色々サービスをしてくるが、程よい距離で放っておいてくれたのも良かった。温泉も風情たっぷりで秋の景色が堪能しながらゆっくり入ることができた。お庭も自然な木々を大切にしている感じで、造りこみすぎていないところがとてもリラックスできた。お料理は、料は程よく女性が好みそうなちょっこっとずつが沢山並ぶ形で食べやすく、見た目も楽しめた。秋を感じさせる旬のお野菜が色々でてきて味も濃すぎずおいしかった。お部屋は、大正デモクラシー的な雰囲気。こちらも女性が気に入りそう。残念だったのが、お布団が少し湿気を感じた。温泉地にはよくありがちな残念なのだが、こちらのお宿も湿気があった。他はとても素晴らしかっただけに残念でした。布団乾燥機などを使ってくれると嬉しい。

[2016年11月]

※一部、口コミを集めた年月になります。
※当サイトが独自に集めた口コミです。
コピーする際は、引用リンクをお願いします。

 

「周りを散策できるのも楽しい」「温泉が気持ちいい」「四季が感じられる」

など評判の良い泊まりたくなるような口コミばかりですね♡

とにかく広々としたお部屋の中で、癒しの空間に皆さん大満足されていることが分かりますね。

 

宿泊記・旅行記ブログまとめ

おやど二本の葦束に泊まるにあたって

「宿泊記ブログを見ておきたい!」

「旅行記になにかお得な情報はないかな」

と評判を確認したいと思っている方必見!

今回は皆さんの旅行に役立ちそうな宿泊記ブログ・旅行記を4つまとめてきました!

 

『湯布院おこもり旅行』湯布院・由布院温泉(大分県)の旅行記・ブログ by 五郎さん【フォートラベル】 (4travel.jp)

 

この方はコロナになってから宿泊された方で、お部屋の内部から周辺情報まで丁寧にまとめられている旅行記です。

お料理の画像もあって分かりやすいですよね!

また、この方ならではの過ごし方も記載してくれているので、イメージも湧きやすいです♪

夕食の料理の様子も載っているので参考になりますよね!

 

由布院温泉【おやど二本の葦束「我不歳月」】ブログ宿泊記!露天風呂付離れのお部屋は最高|マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー (mile-de-kazokuryokou.com)

 

この方の宿泊記ブログは、おやど二本の葦束の中でも最も広い「我不歳月」に泊まった時の様子を細かく紹介しています。

本当に大きい別荘の様ですよね♪

また、名物の「温泉卵」のある場所や食べ方まで画像付きでとても分かりやすい旅行記ブログです。

 

加えて、最後にお得に宿泊する方法まで載っています!

ただの宿泊記で終わらないのが書いている方のお人柄が伺えますね。

なんだかんだ現地に行ってみないとわからないことが多いですが、この方のブログを見てから行けば予習はばっちりだと思います!

 

万全の態勢で温泉へ!おやど 二本の葦束@春隣庵 2020-08 – 機上の空論 (nein.in)

こちらの宿泊記ブログは、春隣庵に泊まった時のことを詳しく紹介してくれています。

動画付きでお部屋までの順路を解説しています!

動画だと臨場感あってより行きたい欲が掻き立てられますよね♡

 

『湯布院へ1泊2日の家族旅行 一日目』湯布院・由布院温泉(大分県)の旅行記・ブログ by totomomo.さん【フォートラベル】 (4travel.jp)

こちらの宿泊記ブログは、記念日に由布院に泊まりに行ったときのことを記しています。

なんと!おやど二本の葦束では、記念日の際、無料でケーキをサービスしてくれるそうです!

記念日で利用したい方にとってはとても嬉しいサービスですよね!

 

このようにおやど二本の葦束の旅行記の特徴として、一部屋一部屋ごとに詳しく紹介してくれているものが多いことが分かります。

本当にお部屋によって雰囲気が変わる珍しいお宿なので旅行記をよく見て、泊まるお部屋を吟味することをおすすめします(^^

 

以上、実際に泊まった方々の宿泊記・ブログ・旅行記をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか♪

 

そんな中でも旅行記を書いている皆さんおすすめしているのが

とにかくお部屋が広くて開放感がある

湯布院の温泉がとても気持ち良い

料理が美味しい

ということでした♪

 

宿泊記ブログや旅行記を読むと更におやど二本の葦束に泊まりたくなりますよね♡

是非事前に調べて、120%満喫しちゃいましょう♪

 

おやど二本の葦束の予約を一休・じゃらん・楽天で比較!ツアーで格安料金で宿泊ができるのはじゃらん!

おやど二本の葦束の居間

画像出典:おやど二本の葦束

 

ここから1番きになるところ

「ツアー予約サイトの料金比較が見たい!」

「安く泊まりたい!」

「一休・じゃらん・楽天どれがいいんだろう」

 

というお悩みに徹底的に答えていきますね♪

 

まず初めにそれぞれの公式HPを置いておきます。

お宿は設定しているので好きな日にちを選択してみてみてくださいね♪

 

ここから、公式、じゃらん、楽天、一休のツアー予約サイトの順で料金を比較していきます。

 

10月土日・大人3人・1泊2日2食の料理付き・心斎坐忘

公式 料金 大人1名 ¥67,300
じゃらん 料金 大人1人 ¥60,650
楽天 料金 大人1人 ¥63,290
一休.com 料金 大人1人 ¥66,810
※食事付き・大人3人で泊まった場合の1人当たりの料金です。

 

ここまでツアー予約サイトごとに料金比較をしてきました!!
結果発表です!

 

今回はじゃらんのツアー予約サイトが1番安い結果となりました!

 

ツアー予約サイトを利用する際は、じゃらんを利用することをおすすめします☆
また、じゃらんでは予約するプランにもよりますが、ポイントもかなりついてお得だと言えます!
じゃらんは、今の時点でかなり予約が埋まっていたのでもともと枠が少ないのかもしれません。

 

それ以外では、楽天のツアー予約サイトで、「9/4 20:00〜9/15 23:59」までの期間、「楽天スーパーセール」が行われています。
この機会に楽天で予約すると10%オフになります。
今回はじゃらんに負けてしまいましたが、楽天もお得です!
「楽天スーパーセール」絶対見逃せませんね☆

 

一休のツアー予約サイトは、料金の面ではあまりお得ではないです。
ですが、一休は直前まで空室がありました。
突然予定が空いて週末どこかに出かけたいな~という時でもすぐに予約しやすいと思います!
忙しい社会人には嬉しいですし、一休をおすすめします!
また、一休では、タイムセールも行っているのでそこを狙うのもおすすめです♪

 

以上ツアー予約サイトの料金比較でした。
是非、食事付きのものを選んで季節を感じてきてください♡

 

おやど二本の葦束の駐車場・アクセス・住所・送迎情報|チェックインは15時からで、チェックアウトは11時までOK!

 

おやど二本の葦束に行くと決まったらホテルまでのアクセス・住所・チェックイン・チェックアウト時間も気になりますよね!

 

ここでは、アクセス情報、住所から駐車場、チェックイン・チェックアウト時間をまとめて紹介しちゃいます♪

これを見れば、きっとスムーズに宿にアクセスすることができるはずです!

 

おやど二本の葦束の住所・電話番号

まず、おやど二本の葦束の、住所と電話番号はこちらです!

車で行かれる方は、ナビにこちらの住所を入れてください☆

 

住所:〒879-5114

大分県由布市湯布院町川北918−18

電話番号:0977-84-2664

 

Google Mapで住所、周辺状況もご確認ください!

 

おやど二本の葦束のアクセス
おやど二本の葦束へのアクセス方法は、電車・車・フェリー・飛行機が挙げられます。
由布院の観光地から少し離れたところに位置しています。

電車からのアクセス

最寄り駅は「由布院駅」です。

 

いずれにせよ「JR特急由布院の森号」に乗って

大分駅→由布院駅→車で7分

博多駅→由布院駅→車で7分

です♪

 

飛行機からのアクセス
大分空港→高速バスで(55分)で由布院駅→車で7分

 

車からのアクセス
由布院ICから2分
由布院駅から7分
大宰府ICから1時間半
福岡空港から1時間半

 

フェリーからのアクセス
別府観光港→バス(50分)→由布院駅→車で7分

 

こちらから詳しいアクセスを見ることが出来ます。
送迎などはないようです。
交通の便から、車で来館されることをおすすめします!
参考にしてみてくださいね!!

 

おやど二本の葦束の駐車場

おやど二本の葦束には駐車場があります!

 

台数 15台(乗用車)
料金 1泊無料
駐車制限
1泊あたり利用可能時間 チェックインからチェックアウトまで

 

駅からのアクセスが少し悪いので、車で来館される方も多いと思うので嬉しいですよね♡

お子さん連れの家族で宿泊を考えている場合も車を使う方が多いと思います。

 

 

おやど二本の葦束のチェックイン・チェックアウト時間

 

宿泊するにあたって、チェックイン・チェックアウトの時間が気になりますよね!

 

おやど二本の葦束のチェックイン時間とチェックアウト時間がこちらです。

  • チェックイン 15:00 (最終チェックイン:18:00)
  • チェックアウト 11:00 

 

チェックインは一般的な時間だとは思いますが、特にチェックアウトがゆっくりなのが嬉しいですよね。

ですが、最終チェックインの時間が18時と決まっているところが要注意です!

チェックアウトまでかなり時間があるので落ち着いて帰る準備をしましょう♪

 

以上がおやど二本の葦束までのアクセス、住所、チェックイン、チェックアウト情報でした♪

 

おやど二本の葦束周辺のカフェや観光スポットをご紹介!

 

湯布院に旅行に行くからには観光スポットやカフェをめぐって満喫したいですよね♡

「湯布院が有名なのは知っているけど、それ以外の観光スポットが知りたい!」

「おすすめの観光スポットを一覧で見たい!」

「周辺のカフェを探しているんだけどおすすめのカフェはないかな?」

 

今回は、おやど二本の葦束や湯布院の周辺観光情報やカフェ情報をお伝えします!

 

観光スポット

大分県には湯布院以外にも実はたくさんの観光スポットがあります!

観光スポットもしっかり予習していきましょう★

 

  • 由布院駅 (宿から1790m) 

由布院駅構内には足湯があります。夜はライトアップされてとてもきれいです♪

 

  • 由布院 ときの色 (宿から1970m) 

抹茶ジェラートが有名なお店♡

せっかく古き良き地に訪れたからには思いっきり「和」を体感するのはいかがでしょうか♪

お茶には八女のお茶が使われています。

 

  • 由布岳 (宿から1950m)

1583mの雄大な岳です。

お宿の温泉からも見えることから大きな岳だということが分かりますね♪

ハイキングコースなどもそろっているので、ハイキングするのもいいですよね♡

 

カフェ

ここからは、湯布院周辺のおしゃれで美味しい料理がいただけるインスタ映えのカフェ3選を紹介します。

  • 茶房 天井桟敷

こちらは、高級感漂う店内でお食事ができるカフェです。

ここでは、天井桟敷というトーストとサラダの朝食セットや、プリンなどのお料理が有名です♪

 

  • CAFE LA RUCHE

ここは、テラス席もあるようなカジュアルなカフェです♪

名物は、クロワッサンやデニッシュ、コーヒーなども有名なんだそうです!

料理もとてもおしゃれで、インスタ映えなどもばっちりです♡

 

  • ゆふいん 菓子工房 五右衛門

ここでは、由布院散策途中にふらっと寄れる人気のカフェです♡

焼きたてチーズケーキや、チーズ饅頭などタイミングがあえばアツアツなものをいただけちゃいます。

ここで一服して、また由布院散策への体力をつけましょう♪

 

湯布院の観光スポットとカフェは要チェックです♪

 

おやど二本の葦束のマッサージやエステでリラックス!

 

フロントにてマッサージやエステの予約をすることができます!

お部屋でリラックスしながら受けられるのが嬉しいですよね!

 

おやど二本の葦束のお土産やグッズについて

おやど二本の葦束のお土産

画像出典:おやど二本の葦束

 

「自然の営みや心地よい暮らしのあり方」をコンセプトに地元「湯布院」に根強いお土産が並んでいます♪

上で紹介したアメニティの部屋着もこちらで購入することができますよ(^^)/

お食事の際に使われた食材なども売っているかもしれませんね♪

評価
0 コメント
インラインフィードバック
レビューをすべて表示
0
レビューする!x
()
x